ひいじいちゃんから大工の家系

ここのところ大量に撮りためた画像を整理しています。なかなか骨が折れ、そして誘惑の多い作業でもあります(笑)
そんな中、一枚の画像が、早いもので10年前の住宅のリノベーション工事の解体中に撮ったものです。
左には新築時のお施主様のお名前、分かり難いですが右手には
大工 谷中 力蔵。大工の力蔵からダイリキと呼ばれた私の曽祖父の名前がしるされてました!

大力2

こちらのお家はひいじちゃんとおじいちゃんが新築し、住まい手の代が変わられて父がリフォームし、そしてまた代が変わられて私がリノベーションするという具合に、住まい手が受け継がれるたびにお声掛けいただいているという有難いお家です。

工事に入る前からそのコトを聞いてましたが、実際にこういったものをみるとグッと来るものがありました。お互い会った事も話した事もないのにひとつの家を通じて繋がりを感じられる。あいにく私は大工ではなく、今は弟が大工となりましたが(笑)

誠実。 父がたびたび口にする言葉の重みを知った出来事です。

花咲く春

庭、植栽。

和歌山県田辺市で木の家の新築、リフォーム、リノベーションをしてます谷中幹工務店の谷中です。

2年ほど前に建築家伊礼さん設計の建物に造園家荻野さんの庭、植栽を施されたお家を拝見してから『庭』に対する思いが大きく変わりました。変わるといいますか気付かされました。建物と庭(緑、植栽)は切っても切れぬ仲、いや切ってはいけない仲なのだと。

建物に緑(植栽)が入る事の豊かさ、それはまず住まい手が内から眺める事で得られます。『豊かなものはすべて外からやってくる』太陽の光や暖かさ、心地よい風と同じように緑もその暮らしに豊かさを与えてくれます。
また外から、外観の雰囲気も緑があるかないかでは大きく変わります。いくら綺麗な建物でも緑がないとなんだか味気ない。敷地に建っているいうわけではなくなんだか置いてあるような印象すら感じてしまいます。
そしてその外観は住まい手のだけものではなく町の佇まいともなります。以前植栽工事をさせて頂いた周辺の方々が口々に『木が入ると全然変わりますね』と声を掛けてくれました。緑が与えてくる豊かさを実感した出来事でした。

↓床柱にも使った赤松を庭にも。そういうのも好きです(笑)

o0800060013624025249

プランをご提案する時から平面図などに植栽を書きこむようにしています。あとから余ったスペースに木を植えようではなく、内からも外からもふさわしい場所に木がある事が大切だからです。たとえ畳一枚のスペースでも最初からきちんと建物と植栽が計画されたお家を住まい手と共につくっていきたいです。

そんな思いに共感して頂けて昨年お引き渡ししたお家では庭をつくらせていただけました。お家の計画当初はそれほどご興味があるわけではなかったのですが(笑)
そんな庭たちが今、春を迎え花を咲かせています。緑に花に。四季を感じさせてくれる庭はやはりよいものだ。

↓光の射し方も好きな庭、半帖ほどの大きさで作れます。

o0800106713624025261

↓アオダモは紅葉に枝ぶりに花に緑と盛りだくさんな木です。
春になりかわいい花が咲いてくれました。

o0800060013624025279

↓ 以前の紅葉はこちら 綺麗な赤でした。

o0800045013486188307

最後まで読んで頂いてありがとうございます。

谷中幹工務店 谷中 伸哉

行動をおこす

九州ではまだまだ余震が続き、不安な気持ちで生活をされている事だと思います。地震により被災された方々にはお心よりお見舞い申し上げます。また亡くなられた方やその周りの方々にはお悔やみを申し上げます。私も阪神・淡路大震災の時に神戸で学生をしておりまして、あの時の様子が蘇ってしまいました。

本当に日本はどこで地震が起こっても不思議ではないと改めて痛感いたしました。特に今回、地震が襲った地域は比較的起こる可能性の低いとされていた地域でした。可能性が高いと言われる当地方、建物に携わるプロとして、地元の消防団員として、そしてなりより家族の長として気を引き締めなければなりません。

自分に出来る事、祈るだけではなく行動を起こし少しでも被災地の為になればと思います。実際に現地にいけなくても、募金などでも貢献出来るはずです。

被災地の方々に早くかつての日常が取り戻されますように。

アドベンチャーワールドに行ってきました!

和歌山県田辺市で木の家の新築、リフォーム、リノベーションをしてます谷中幹工務店の谷中です。

最近すっかり仕事から離れた話ばかりになってしまってますが、春休みをインフルエンザに捧げた我が家、それを取り戻すかごとく南紀白浜『アドベンチャーワールド』地元民の通称、『アドベン』に行ってきました!
ここでの一番の有名人は!?この方々、四川省からおこしのパンダさん。繁殖に成功されており、今でも7頭もパンダがいらっしゃいますが、里帰り(四川省に)もいれますと16頭ものパンダがいてたという事 恐るべしです
この子、あかちゃんの頃は可愛らしかったのに、すっかりふてぶてしくなってました。まぁ、このふてぶてしさが可愛かったりもするのですが(笑)o0800064013618449859

実は我が家の最大の目的はこのパンダさんではなく、象さんへの餌やり!奥さんが普段見せない情熱を発揮するところでもあります。サファリパーク内を歩いて廻れるウォーキングサファリで決められた時間帯となりますが体験できるイベントです。
象の鼻がビロ~ンと伸びてきます。長女みおをびびりながらも任務完遂です(笑)

o0800060013618449499

個人的にはアルパカが良かった。ずんぐりむっくりの体型がいとおしかったです。まぁほとんど毛なんですけども(笑)

o0800060013618450533

最後にこのアイスを奪いあいながら、アドベンで過ごす一日は終わっていきました。ピンク軍団仲良くね~
RIMG2440 ブログ
最後まで読んで頂いてありがとうございます。
谷中幹工務店 谷中 伸哉

春が来た!

和歌山県田辺市で木の家の新築、リフォーム、リノベーションをしてます谷中幹工務店の谷中です。

インフルエンザで寝込んでいる間に春がやって来たようです。
すこしタイミングが遅かったみたいで桜も葉が少し出てきてました。今のシャツ一枚で過ごせる季節が好きです。

RIMG2321 ブログ

当地方のお雛祭りは変わっていて4月3日でした。我が家を襲ったインフルエンザの乱でろくにお祝いが出来なかったのですが、お雛さんは早くしまわないと・・・・みたいなお話があるので早々と片付けさせて頂きました。ごめんね、お雛さん(涙)
その勢いのまま、少し早いかもしれませんが五月人形を飾る事に!
うちの五月人形は子供大将というもの。雰囲気がかわいらしく、仕事も細やかな工芸品でお気に入りの一品です。
五月人形ブログ

約2週間にわたるインフルエンザとの戦いを終え我が家にやっと平穏な毎日がやって来てくれました。

インフルエンザの猛威

和歌山県田辺市で木の家の新築、リフォーム、リノベーションをしてます谷中幹工務店の谷中です。

唐突ですが、我が家は5人家族、夫婦と子供3人っていう構成です。そこに招かざる客がやってきました。まず奥さんが餌食にそして長女、長男と続きとうとう僕まで毒牙にかかってしまいました。4/5、恐るべしインフルエンザA型、逆に次女もえちゃんの生き物としての強さに感服です。
早めの薬のお陰で熱は下がってますが、解熱後2日間、発熱後5日間は保菌者という事で外出は控えてます。
最近はDropboxなんかのクラウドストレージのお陰でデータの共有がしやすく自宅のノートPCで仕事が出来そうですが、現場にいけないのはつらいところです。
もうインフルエンザも落ち着いてくると思いますが、皆さん健康に気をつけて下さいませ!

最後まで読んで頂いてありがとうございます。