杉赤身でつくる建具 銀杏面

和歌山県田辺市で木の家の新築、リフォーム、リノベーションをしてます谷中幹工務店の谷中伸哉です。朝夕すっかり冷え込みが厳しくなってきました。気が付けば10月も終盤、また冬がやってくるのですね~戦々恐々ですww

さて先日、リフォームさせて頂いているお家に杉赤身材の建具が入りました!ここのお家は北側にある石垣が見事でいつ行っても気持ちを落ち着かせてくれます。

dsc_1432

今回入れさせて頂いた建具がこちらです。形はいたってシンプルな框組の建具ですが建具に施す面取りに一工夫。気付く方が気付いてくれれば的な粋を演出です。ブログでこう言ってしまっては逆効果ですが(笑)

dsc_1423

施した一工夫はお家の雰囲気にあうようにと、建具の面取りに銀杏面(ぎんなんめん)。右下の仕事がそれです。銀杏の様な断面となってます。切面が一般的な面取り、几帳面もこの面取りの仕事からきているとの事。

w305-photo1

普段から建具は製作してますが、この様な凝った造りは久しぶり。建具屋さんの見事な手仕事にうっとりです。どんな職人さんにも言えることですが、日本建築が培ってきたこの様な技術は継承して行きたいものです!銀杏面同時がとりつく、留めの仕事、素敵です。杉赤身の柾目がさらに映えます。良い材と良い仕事の化学反応は心地良いもの!

dsc_1426

住まい手も材の美しさや手仕事を気にいってくれてまして、建具屋さんも腕を奮ってくれた甲斐があるというものです!こう言った事を評価して頂ける住まい手に恵まれてモノづくりをしているものとして幸せです。

最後まで読んで頂いてありがとうございます。

庭と住まい 花に紅葉に

和歌山県田辺市で木の家の新築、リフォーム、リノベーションをしてます谷中幹工務店の谷中伸哉です。今日はOBの住まい手のお家にお邪魔してきました。伺うにあたっての楽しみの一つが庭の木々です。すっかり秋めいてきた近頃、それに合わせて木々達も色んな表情を見せてくれます。

最初に伺ったお家では花が咲き、次に伺ったお家では紅葉が始まろうとしていました。何だか不思議でしょう(笑)最近、急に暑くなったりして調子が狂ってしまったわけではなく、10月に咲く十月桜。きちんと季節を木々は感じてます。そんな木々の変化をみて私たちは四季を感じます。いってしまえば、木々に移り変わりを伝えてもらっているわけです。それらを眺めながら、四季を木々で感じるのは心地良いなとしみじみ、暮らしを豊かにしてくれる大切な要因の一つだと再確認しました。少しでも多くの方に生活に寄り添う木々の心地よさを体感してもらいたいって言うのが今の僕の切な願いです!

家づくりをしているのに庭!?って思われるかもしれませんが、僕たちは家づくりを通じて住まい手の豊かな日々の暮らしを実現するお手伝いを出来ればと思ってます。家づくりはその為の方法の一つ、庭もその為の方法の一つ と言うわけなんです。さらに言うなれば庭にはその家をさらに高めてくれる不思議な魅力があるのです。

これからまた季節が変わりまた違う眺めを僕に見せてくれるのを楽しみにしながら住まい手のお家をあとにしました。

dsc_1402

可愛い花の十月桜。赤松の緑も見事です。

dsc_1407-2

少しづつ紅く染まってゆく葉。コケに落ちる葉も風靡で僕好みです(笑)

最後まで読んで頂いてありがとうございます。

 

地鎮祭と雨ふり

和歌山県田辺市で木の家の新築、リフォーム、リノベーションをしてます谷中幹工務店の谷中伸哉です。昨日地鎮祭を行ってきました!

地鎮祭とは、『とこしずめのまつり』とも言いまして、その土地に神様を鎮め、その土地を利用させて頂く為の儀式です。そう言ったことから、工事の安全を祈願する神事という意味合いが強いです。一般的には神式で神主さんが来られて、執り行われますが、仏式もあるそうです。

その日は10時からの予定だったのですが、朝起きるとすごい雨!天気予報や雨雲レーダーによるとしばらくすると晴れるとの事でしたが、さすがに半信半疑です(笑)

この日の予報は見事に的中してくれて9時ぐらいから暑いぐらいの快晴となってくれました。聞くところによりますと、縁起としましては雨が降った方が『雨降って地固まる』って言葉もあるようにかえっていいといわれる事もあります。でも、晴れたら晴れたで何よりっていいますので、と言う事はつまり地鎮祭でのお天気で縁起が良い悪いはないという事になりますね~何だか結婚式のスピーチみたいです(笑)

ともあれ、あまりの大雨は祭事の進行自体を妨げかねませんし、それに何よりお施主様や神主さん、そしておまけに僕も濡れちゃいますし、晴れてくれてホッとした地鎮祭でした。いよいよ始まる新しいお家づくりにワクワクしてます!

う~ん、見事な秋晴れ!最後まで読んで頂いてありがとうございます。

rimg4419

地盤調査 スウェーデン式サウンディング調査と雨天

和歌山県田辺市で木の家の新築、リフォーム、リノベーションをしてます谷中幹工務店の谷中伸哉です。一気に朝夕が涼しくなってきて秋の装いです。シャツ一枚で過ごせるこの季節は好きなんですが、ほんの束の間のような気もします。

今ではすっかり定着してきました、『地盤調査』 この仕事を始めさせて頂いた頃は家を建てるのにそこまで必要なのなんて聞かれる事も、間々ありましたが、それも懐かしくすら感じます。

さて、先日、その地盤調査をしてきました。調査方法はスウェーデン式サウンディング試験と言われる住宅の地盤調査ではよく用いられるモノです。名前の由来は最初にこの方法を考案したのが、スウェーデン国有鉄道だからだそうです。結構ストレートな命名です(笑)この調査から得られるデータをもとに、基礎工事を行っていいか、はたまた、地盤改良工事が必要なのかが判断されます。建て替えで、今まで家が建っていた敷地でも、地盤改良工事が必要な事もありますので、こればっかりは、正直やってみないと分かりません。

今回は雨天での調査となりましたが、この調査は敷地の地盤の支持力(建物を支える事が出来る地層)がどのぐらいの深さにあるのかや、粘性土や砂質土の深さなどを調べて長期不動沈下を起こす恐れがあるかなどを調査するものですので、天候は心配無用です。そもそも、雨天で影響のある調査で判定となると建物はもちろん雨風をしのぐものでもあるので、調査をしても困ったものになってしまいます。

dsc_1249

今日は、先日いたいました調査の報告書が上がってきました。今回のお家は、そのまま基礎工事を行って大丈夫との事です。しっかりした構造のお家は、まず敷地からです!

最後まで読んで頂いてありがとうございます。

本立て造るの巻 家族とお家の成長

和歌山県田辺市で木の家の新築、リフォーム、リノベーションをしてます谷中幹工務店の谷中伸哉です。台風がやって来てるみたいで戦々恐々です。今日はウソみたいに晴れますが、これから下り坂に入っていくのでしょうね(涙)

さて、先日OBの住まい手に伺った時に受けたご相談。新築時に造った造り付けの勉強机にあう本立てがないので困っているとの事。お話しをしていくうちにそれでは造ってみましょうかとなりました。造り付けの机はJパネルといって杉の3層パネルで造ったのでそれに合わせて本立てもJパネルで作る事に、厚みはよくある規格の36㎜だと仰々しいので30㎜のモノを使う事にしました。真ん中の本立ては動く方がよいと言う事で棚板に溝をついて、建具の要領で動かせるように一工夫。その板も机と同じく斜めにテーパーをとってやってやりました!壁と壁の間に出来るだけ隙間なく造ろうとした為、調整に戸惑ったのは御愛嬌ww

ばっちり納まった本立てがこちら↓

img_6132

ちょっと分かり難いのでアップがこちら↓Jパネルの小口みせが潔いです(笑)

img_6134

気になるお子さんの反応は上々のようで、取り付けた日は眺めてくれてたみたいです。住まい手のお礼のお言葉と共に届いた画像が僕達作り手の心をグッと掴みます!

20161004135906

打合せの時は小さかったあの子がもうすぐ小学生とは気持ちはもう親戚のおっちゃんのアレです(笑)お家がご家族と共に時間を過ごしているのをそして大切にしてくれているのを垣間見れてホクホクです。これからも自然素材に包まれた住まいですくすくを大きくなって頂きたいものです!

 

最後まで読んで頂いてありがとうございます。