屋根断熱 通気層と気密層 段取りと手順

今日は久々の雨です、やはり太陽が当たらないと寒さが増しますね(涙)本格的な寒さを前に只今断熱工事の真っ最中。これが完了すると大工さんの職場環境も随分と改善される予定です!

今回は屋根断熱を行ってます。屋根断熱とは文字通り、天井(小屋裏空間)に断熱材を敷き詰めるのでなく、屋根に断熱材を入れる工法です。今回の建物は一部勾配天井になる為に小屋裏のない空間となりますので、2×10といわれる巾38㎜×高さ235㎜の高さのあるタルキ(屋根を支える部材)の間に高性能グラスウール100㎜を2枚充填してます。ポイントは『通気層』をきちんと取る事と『防湿気密シート』の施工手順です。

o0400029213820326065

グラスウールメーカー マグ・イゾベール㈱さまH・Pより

『通気層』についてはこの画像に出てます、通気くんで確保してます。建築系はこんな直球のネーミングが多いですww施工も簡単に行えてタルキの間に押し込んでいくような形です。空気が入ってきて、出ていくその流れをイメージしながら工事を進めていきます。下から見上げるとこの様な形。おかめさんとの対比がアンニュイです(笑)

o2160384013820329439

 

もう一つのポイント 『防湿気密シート』 これがきちんと施工されていないと断熱材が性能通りの断熱性を発揮しないばかりが、建物の壁の中に湿気が入り込み耐久性を損なう恐れがあります。そんな大切な防湿気密シートがきちんと連続するようにタルキを留めつける時に先張りで防湿気密シートを施工します。これを忘れると施工精度が落ちるうえに大変な手間が待ち受けているとの事。段取りと手順が大切なのです。

o3840216013820331308 ブログ

タルキの下からだらりと垂れてますのが、先張りの防湿気密シート!断熱材を入れた後に張る防湿気密シートと重ねてテープ処理する事で、なんと言う事でしょう『防湿気密シート』が連続しているではありませんか!と相なります(笑)

o3840216013820328999 ブログ

 

こちらが断熱材を2重に入れている所。なかなか圧巻です。和歌山県は夏が暑くて日射も多い為、冬だけてなく夏にも効き目があるのです!これも断熱材を押しつぶさない様に、端までキチンと充填するようにと丁寧な仕事が求められます。

o3840216013820484260 ブログ
前述のごとく、先張り部分のシートと断熱材を入れた後に張る『防湿気密シート』を十分な重ね代をとって張り付けたところ。上棟時からの準備により『防湿気密シート』が連続と相なりました!ほんとに家づくりには様々な場面で事前の検討が大切になってきます。段取り8分とは良くいったものです。断熱工事もほぼ完了、これで大工さんの職場環境も改善されるでしょう!

最後まで読んで頂いてありがとうございます。

谷中幹工務店 谷中 伸哉

耐力面材 モイス施工中 ええ奴やけど重いヤツ(笑)

昨日は次女もえの生活発表会でした!ニコニコと笑顔まんてんに歌やダンス、楽器なんかを操ってくれてまして、何だか元気をたくさんもらいました!というもの、モイスの施工のお手伝いをして少々疲れ気味だったんですね、建材としては素晴らしいヤツなのですが、何せ重い、ほぼ30キロ、最近重くなってきたもえちゃんを超える重量です(笑)

モイスとは小石灰・珪砂・パーミキュライトなどの天然素材が主成分の構造用面材です。製造過程でも接着剤などの有機材料は使用せず、有害物質も含んでいません。そしてその最大と僕の考える特徴は壁体内部の環境を整える透湿性です。

壁体内部とはその字のごとく壁の中の事です。ここで結露が常時出来る様な事が起きますとその水分により柱が痛むばかりではなく断熱材にもダメージを与えてしまいます。健康な方は内臓が丈夫なんていいますが、お家の場合は壁体内が健康な家は丈夫なのです。つまり見えない部分をキチンと考えつくる事で建物全体の耐久性を高める事が出来る訳なんですねぇ~
その点、モイスは壁体内が結露が発生するような高湿度領域になるとその透湿性により自らの透湿抵抗を下げて屋外へ湿度を吐きだす事が出来るのです!

dsc_1698

モイスを張るとグッと建物らしくなってきまいした。今週中には樹脂サッシもやってきますので、これで断熱材が入ると中で作業する大工さんも真冬に向け過ごしやすい職場環境!?になってくれるでしょう!

最後まで読んで頂いてありがとうございます。

親方手作りの陶器でつくる洗面台

早いものでもう12月。今年もアッと言う間に終わってしまいそうです。本格的な冬を前に長女と一緒にインフルエンザの予防接種もしてきました。親子で並んで注射を打つってなんだか微笑ましかったです。もちろん、2人とも泣かなかったですよ(笑)

さて、そんな中、先日からお世話になってましたリフォーム工事もどうにか完了です。と言うのも私の父、親方が焼く陶器の仕上がり待ちだったのです(汗)

親方の趣味は陶芸です。良い趣味をお持ちだと子供ながらに思ってます(笑)それを活かして今までも住まい手にトイレの手洗いや洗面台にとプレゼントしてきました。実は排水の金具のサイズに合わせたりするのや、洗面台のように大きなものを造るのは大変なのです。最初の段階から1割は縮むのでそれを見越して大きく造らないといけなかったりするからです。形やサイズが上手くいっても表面に割れが入ってしまったり良い色が出なかったりもします。焼き物は火と土が醸し出すある意味偶然の産物でもあるのです。前置きが長くなりましたがこちらがその画像↓

dsc_1683

 

今回の土は常滑の白土。釉薬をいわれるうわぐすりを使わず土だけの色です。綺麗な白で窯から出てきた時は思わずウットリしました。色が変わっている所は『ひだすき』といい、焼き上げる時に藁をいれ、その炎により出てくるものです。ちなみに藁はもち米のものが良いとの事。奥が深いです。杉赤の建具、緑青のモザイクタイル、塗り壁、レトロな水栓といくつかの要素も上手く馴染んでくれました。住まい手にも喜んで頂けたのが何よりでした!

最後まで読んで頂いてありがとうございます。