屋根工事も着々と 大切な棟換気

和歌山県田辺市を中心に『木の家』の注文住宅の新築、リフォーム、リノベーションを行ってます、谷中幹工務店の谷中伸哉です。カラ梅雨も終了しすっかり本来の梅雨空です(涙)天気予報を見ながらの工事の段取りはまだまだ続きそうです。ですけどもカラ梅雨の恩恵を大いに受けて屋根工事も大かた完了する事が出来ました。屋根がある安心感はすばらしいです(笑)

家を建てるのは一生に一度の大仕事です。(なかには2回、3回の方もいらっしゃるかもしれませんが(笑))ですので、建てた以上は家には長持ちしてもらいたいと考えるのは常です。これは造り手である僕たちも常々考えている事です。もちろん、住まい方やメンテナンスなので建物の寿命も変わってくるかもしれませんが、より大切なのは建てている時に長持ちする様に考えて造る事だからです。

外壁面に通気層を設けて躯体の乾燥状態を保つ工法もそのひとつ。すっかり市民権をえて一般的な工法といっても良くなりました。これによって万が一外装材から侵入した雨水などは通気層を通じて排出されたり、通気層によりその部分は乾燥状態なので躯体にダメージをあたえるまでの影響を抑制する事ができます。(外装材の1次防水、この部分を2次防水と考えます。)余談ですが、しっかり、軒をだして、庇をつけて雨水が外壁にかかりにくくする様にする事も大切です。これは先人達の知恵です(笑)

旭・デュポンフラッシュスパン プロダクツ株式会社さまH・Pより

また、建物上部の断熱の方法は屋根断熱と言われるものと天井断熱と言われる二つがあります。断熱ラインをどこにとるかによっての差でどちらが優れているかではなく、もとめる住まい方にはどちらが適しているかが大切になってきます。

マグ・イゾベール株式会社さまH・Pより

ですけども、屋根断熱、天井断熱に関係なく大切なのが屋根、野地板の通気です。天井断熱は小屋裏換気があれば躯体の換気を行えると考えますので、野地板の通気は必要ないと考えがちです。しかし、外壁と同じ様に野地板の乾燥を考えると野地板のすぐ下に通気層があることはとても有効です。暖かい空気は上へ上へとのぼっていきます、一番高い棟の部分に換気口を設ける事は自然の摂理にそった方法なのです。また、通気層があると屋根においても万が一、1次防水の屋根材から雨水が侵入しても2次防水ルーフィング、野地板が乾きやすい状態にする事が出来るのでこれが重要になってきます。

マグ・イゾベール株式会社さまH・Pより

以前の記事 屋根断熱 通気層と気密層 段取りと手順

またその棟の換気ですが、屋根一杯に連続して設ける事によってよどみなく通気を出来る様にしておくことも重要。これは野地板の施工中の画像ですが、ちょうど棟の部分に棟換気用のスキマがあいてあるのが分かります。この様に事前に考え準備して、きちんと工事を行う事が長持ちする建物へと続いていきます。実は完成すると隠れてしまう見えない所には色々な知恵や工夫がなされているのです。

ちょうどカラ梅雨の頃、私も現場で作業をしていました。汗をかいても乾燥しているのですぐに乾いて、暑いながらもさわやかな天候でしたが、今は湿度が上り汗がなかなか乾かないので、雨や曇りでも蒸し暑く感じます。野地板には常に乾燥したカラ梅雨を感じて貰いたいものです(笑)

最後まで読んで頂いてありがとうございます。

 

いよいよ梅雨本格入り!? 雨養生

和歌山県田辺市を中心に『木の家』の注文住宅の新築、リフォーム、リノベーションを行ってます、谷中幹工務店の谷中伸哉です。カラ梅雨の恩恵を大いに受けて着々と工事を進めておりましたが、いよいよ天気予報にも雨マークが多くなってきて、本格的な梅雨入りとなりそうです(涙)今までがラッキーだったと思いましょう(笑)

屋根の野地工事は完了しルーフィングも葺けてますので、屋根の方は一安心。念には念を入れて外周部もブルーシートで雨養生です!明日は当地方結構な雨降りのようですが、ドンと来いです!

これからは雨とお付き合いしながらの工事が続きそうです。段取りに頭を悩ませたりもしますが、雨は降る時に降らないといけないものでしょうし、これもまた風物詩です(笑)

最後まで読んで頂いてありがとうございます。

祝・上棟 幣串(へいぐし)はおかめさんと気密先張りシート

和歌山県田辺市を中心に『木の家』の注文住宅の新築、リフォーム、リノベーションを行ってます、谷中幹工務店の谷中伸哉です。梅雨なのに乾燥注意報が出るほど!?お天気にも恵まれて新しいお家の上棟が無事完了しました!
快晴のなか、青い空に吸い込まれるようにレッカーによって上げられていく木を見ていると自然と気分も高揚してきます(笑)
お施主さんのみならず、その親御さんも上棟の様子を見てくれてまして、さらに、皆さんに喜んで頂いて工務店冥利につきる一日でした!

上棟の言われですが、木造住宅の構造材には一つ一つ呼び名がありまして、一番高い所に取付き、かつ一番最後に組まれる部材を棟木といいます。その棟木が上がることから、作業の完了をさして、上棟と呼ばれています!

上棟は何度経験しても感慨深い事です。
今まで図面、2次元で打合せしていたものが一気に形、3次元になって目の前に出来上がってきますからね。お施主さんにも同じ事が言えると思います。より、新しい住まいに対するイメージが深まってきます。これからは図面での打ち合わせはもちろんですが、現場での打ち合わせがこれから多くなってきます。そういった意味では、お施主様との家づくりがまたこれから始まると言う事が言えるかもしれませんね。

画像は上棟式で棟木に飾る幣串(へいぐし)、気密用の先張りシートとのペアショット(笑)今回は幣串の文字は住まい手に書いて頂きました。この後は棟木に取り付けられお家と共にご家族を見守ってくれます。この幣串には地方性があるようで当地方では『おかめさん』がついております。青い空におかめさんが映える気持ちの良い上棟でいした。

気密先張りシートについては こちら

最後まで読んで頂いてありがとうございます。

基礎工事完了

和歌山県田辺市を中心に『木の家』の注文住宅の新築、リフォーム、リノベーションを行ってます、谷中幹工務店の谷中伸哉です早いものでもう6月、我が町田辺では梅取りも始まって農家さんたちもバタバタしてらっしゃいます。梅雨入りもしたようですし、僕たち造り手としては嫌な!?季節となっていました(汗)

そんななか、今月上棟予定のお家の基礎工事もほぼほぼ完了です。養生期間を終え型枠もおおかたバラされました。基礎の立上がりが出来て、少々立体的になってきたお家づくり、敷地だけで見るより大きく感じる事が出来ます。実はこれはお家づくりあるあるで、敷地だけの時が一番小さく感じて、立体になるにつれて大きく感じます。ちなみに一番大きく感じるのは上棟時、これは外壁などが出来てない為に視線が抜ける為そう感じるとの事。

今回は深基礎だった為、完成の具合はナカナカの圧巻です!岩盤の敷地と格闘してくれたブレーカ(真ん中の機材)さんも誇らしげです(笑)

さぁ、上棟に向けて用意は着々と進んでます!あとはお天気と相談になりそうです。今の所天気予報は雨マークはないですが、この時期は油断禁物です!

最後まで読んで頂いてありがとうございます。

ご自由にお持ち帰り下さい市やってみました! OB住まい手との交流

和歌山県田辺市を中心に『木の家』の注文住宅の新築、リフォーム、リノベーションを行ってます、谷中幹工務店の谷中伸哉です。

先日の土曜日、『ご自由にお持ち帰り下さい市』を行いました。急な告知での開催でまたマニアックともとれる企画!?だったので来てくれる人はいてるかなぁなんて、この案の発案者でもある大工さんをしてくれてる実弟と話してましたが、10時半過ぎから途切れる事無くやって来て下さいました。お越し下さった皆さんありがとうございました。

その記事はこちら 木づくり 木を建材にする 『ご自由にお持ち帰り下さい市』行います!

OBの住まい手さん達もたくさん来て下さって、実際に住まわれてるお家の木材達がどのような過程をへて行っているか!なんかを改めて加工に使っている機械なんかをふまえながらご説明出来て、またお家への愛着が深まってくれた事でしょう~多分きっと(笑)

OBの住まい手さん達が喜んで下さっている所を目の当たりにして実弟大工さんも嬉しかったようで、普段私はそういった機会に触れる事はあるのですが、大工さんはお家の完成を前に現場を後にするためそういった機会が意外と少ない分、私も嬉しく思いました。イベントってなかなか敷居が高く感じてあまりと言うかほとんど出来てなかったのですが、OB住まい手との交流の場をこれを機会に増やしていければと思った次第です。いい住まい手にご縁を頂いている事の有難さを改めて噛みしめさせて頂きました!

山積みだった木もほとんど新しい所に嫁いで行きました!みんな大切にしてもらうんだよ!

使用前

使用後(笑)

最後まで読んで頂いてありがとうございます。

木づくり 木を建材にする 『ご自由にお持ち帰り下さい市』行います! 

和歌山県田辺市を中心に『木の家』の注文住宅の新築、リフォーム、リノベーションを行ってます、谷中幹工務店の谷中伸哉です。

僕たち木の家づくりを行っている工務店は構造材と言われる骨組みはもちろん造作材といわれる建具の枠など室内の見える部分にも木を使っていきます。それらの木は製材所さんからやって来るのですが、そのまま建築現場に行く事はなく一旦、大工小屋といわれる所にやってきます。

やってきた木は荒木といわれる状態で、表面は削ってないのでザラザラですし寸法もあらかじめ決められたものだったり、角も直角でなかったりなのでそのままでは建築用材つまり建材として使えないのです。それらを大工小屋で大工さんが木の目や癖をみながら必要な寸法に削り直したり、直角をだしたり、そして大工さんといえばの道具、カンナで削ったりして表面をツルツルにして建材へと生まれ変わらせるのです。それらをへて、建築現場にやってきた木、建材はお家で新しい人生!?を送り始めるというわけです。

構造材と造作材に杉を使用した空間。

その時にどうしても材木屋さんの規格の寸法と現場で必要な寸法の違いから木が残ったりしますが、また使えるようにと大切に保管したりして使っていきます。こんな感じで大まかなサイズで整理してあります。

出番を今か今かと待ってる木さん達(笑)

しかし当工務店の大工小屋は狭くてそろそろ一杯になってきてしまいました。
そこで急ですが、ここからはイベントの告知です(笑)そんな木たちをご自由にお持ち帰りして頂ける場を設けたいと思います。あまり長いものなどはないですが、木工用などにどうぞ、どなた様でもお子様連れでも大丈夫ですので、ご興味あるかたはぜひお越し下さい!
ご希望があれば簡単なカットも行いますよ~

ご興味のある方は こちら にどうぞ!