外部木部塗装工事とメンテナンス 浸透系塗料ノンロット使ってます!

和歌山県田辺市を中心に『木の家』の注文住宅の新築、リフォーム、リノベーションを行ってます、谷中幹工務店の谷中伸哉です。早いもので7月も終盤、そりゃぁ暑いはずです。(笑)

お家づくりは外部の塗装工事が始まってます。小庇や庇が出来てきて随分と雰囲気が出てきてます。使用した塗料はノンロット!この塗料は、肌触りがあっさりしててベトつかないですし、仕上りも、木目を活かしながらきれいに着色出来ます。そして何より僕の一番のお勧め点は塗膜をつくらないので、水をはじいても空気や湿気は自由に通して、木の呼吸機能を妨げないという特徴をもっているところです。せっかく木を使うんですから、塗膜をつくる塗料(ペンキなどです)を使って木目という風合や調湿性とという特徴を消してしまってはもったいないですよね!

塗装の完了した破風板

今回使用した塗料は以外にもキシラデコールという、浸透タイプの塗料の草分け的な存在のものや、ステンプルーフなどを普段よく使ってます。こちらの画像は2回目を行っている所。一回目が塗り終わったあと、乾きをまってこのように2回目が塗られます。複数回塗るのがミソです。

鼻隠しへの塗装

外部の木部を塗装する場合はメンテナンスとして塗替えしなければなりません。逆にきちんとメンテナンスをすれば寺社仏閣のように長い年月、木を交換する事なく住まい続けられます。きちんとした素材を使ってきちんとメンテナンスをおこない長く使う、これが大切です。メンテナンスの方法がキチンと確立された素材を採用すべきです。決してメンテナンスフリーなどという耳触りのよい言葉に惑わされてはならないと私は考えてます(笑)その点でも浸透系の塗料は、塗膜がないので塗替えの時に塗膜をとる手間が要りませんので経済的です。浸透系の塗料は塗り重ねる事でさらに、もちが良くなりますので、新築後は早めのメンテナンスをお勧めしてます。早めに行う事で汚れを落とすなどの工程もなくすことが出来て結果としてコストダウンとなります。

新築時には得られない木の風合いを時間とメンテナンスをへる事によって楽しめる。この辺りも私が木が好きな理由です!

最後まで読んで頂いてありがとうございます。

庇って必要だろうか? 庇と日射遮蔽

和歌山県田辺市を中心に『木の家』の注文住宅の新築、リフォーム、リノベーションを行ってます、谷中幹工務店の谷中伸哉です夏至も過ぎて太陽高度が少しづつ下がって言ってますが、気温の上昇はこれからが本番です。さて、先日昨年お引き渡ししたお家に伺ってきました。時間はお昼前、手前のアオダモに目を奪われてしまいますが(笑)その奥で庇が日射を遮っているのが分かります。庇が効いている なんて表現もありますが、まさしくそれです!

庇とアオダモ

庇は先人の知恵とも言える昔からあるもので、雨から外壁を保護したりこのように日射を遮るのに有効です。特に最近の住宅は高気密高断熱化が進んでますので庇による日射遮蔽はより必要となってきます。

窓は暖房器具なんて言葉を聞いた事がありますか?冬場の日射は住宅を暖めるくれるのに一役買ってくれます。特に高気密高断熱の住宅は外気温の影響を少なく出来るのでより有効です。太陽光を上手に取り込む事で暖房器具の活躍する期間を短くする事ができ、光熱費の削減に一役買ってくれます。ダイレクトゲインっていわれるものですね!

しかし、同じ様に夏場も日射を取り込んでしますと逆に暑くなりすぎてしまいます(涙)高気密高断熱の住宅はオーバーヒートする!?なんて言われるのはこう言った理由からです。そこで冬場は日射を取り入れて、夏場は日射を遮るものがあれば・・・そこで登場するのが庇、冬場と夏場の太陽高度の違いを利用してそれを可能にしてくれるのです。

夏至 冬至など季節ごとの太陽高度の推移

新住協関西支部H・Pより

庇や軒の出のない建物が見かけたりしますが、これから住宅を建てられる方は夏場の日射遮蔽などの対策をきちと検討したうえで、そういったデザインを採用される事をお勧めします!

最後まで読んで頂いてありがとうございます。

外部大工工事も大詰め そとん壁下地木工事絶賛工事中

和歌山県田辺市を中心に『木の家』の注文住宅の新築、リフォーム、リノベーションを行ってます、谷中幹工務店の谷中伸哉です。梅雨明け発表と同時にセミの声がやけに耳につきますね~早いもので我が子たちは夏休みに突入したようです。奥さんにとっては長い夏の到来です(笑)

現場でも外部大工工事が大詰めを迎えてます。庇を取り付けたり軒天を張ったりと、この1週間で様変わりしてきました。玄関ポーチの部分に大きめの庇といいますか屋根があるのですが、これがグッと建物の重心を下げてくれまして、なんだかよい佇まいが出てきてくれてます!この屋根部分には一工夫してまして、それはこれから工事が進んでからのお楽しみに!

壁体内通気の為のたて胴縁も取付が終わり、そとん壁の木下地をせっせと取り付けてます。外壁で横に伸びている木材がそれです。

そとん壁 木下地

透湿防水シートだけだと味気ない感じだったのが、木下地を打つだけで雰囲気も変わってきます。といってもこれはそとん壁の下地ですので、隠れてしまいますが隠すのが惜しくなってきます(笑)そとん壁とは左官仕上げの外壁材です。当工務店で家を建てて頂いてる住まい手はよく採用して頂いてます。手仕事のあとが残る左官仕上げは私の好きなもののひとつです。

そとん壁についてはこちら

暑い中の作業は堪えますが、大工さん達は頑張って手を奮ってくれてます。夏到来です。

最後まで読んで頂いてありがとうございます。

田辺祭りと闘鶏神社

和歌山県田辺市を中心に『木の家』の注文住宅の新築、リフォーム、リノベーションを行ってます、谷中幹工務店の谷中伸哉です。間もなく田辺市の夏の風物詩『田辺祭り』の季節となってきました。梅雨が明けるとこのお祭りで暑さも最高潮ってのが小さいころからの僕の季節感です(笑)このお祭りは450年余の歴史を持つ由緒正しいお祭りです。最近はお祭りの担い手の方にも、同世代の方々が増えてきてまして、 みんな、歴史を繋いでいるなぁ と感心しきりです。お世話になっている方も氏子として祭りを支えてらして、先日お祭りに使うお笠を組立中、部品が壊れてしまったと事で部品の製作をさせて頂きました。しかし、この部分はどう使うのでしょう?また一度拝見しないと!左が壊れたもの、右が新しく製作したものです。

田辺祭りは闘鶏神社の夏祭りです。闘鶏神社は創建が419年とされ、言い伝えによると世界遺産の『熊野本宮大社』を勧請されたこれまた由緒正しい御宮です!そのため諸事情により熊野三山まで詣でることが出来ない方々が熊野三山の代わりに参ったともされています。それを受けて2016年10月23日に世界遺産『紀伊山地の霊場と参詣道』に追加登録もされました。こちらがお祭りの画像、お笠が美しいです。

田辺市H・Pより

勧請
分霊を他の神社に移すことを勧請(かんじょう)という。神道では、神霊は無限に分けることができ、分霊しても元の神霊に影響はなく、分霊も本社の神霊と同じ働きをするとされる。他の神社より祭神を勧請した神社を分祠(ぶんし)、分社(ぶんしゃ)、今宮(いまみや)などという。  by Wiki

また闘鶏神社のその名前の由来は源平合戦の折り、熊野水軍が源氏、平家のどちたにつくかを闘鶏によって決めたとされる故事かたきています。この結果、白の鶏が勝ち壇の浦へ出陣してたとされます。
このことから『闘鶏権現』と呼ばれるようになりますが明治時代の神仏分離で闘鶏神社となったそうです!

権現
権現(ごんげん)は、日本の神の神号の一つ。日本神々仏教が仮の姿で現れたものとする本地垂迹思想による神号である。という文字は「権大納言」などと同じく「臨時の」「仮の」という意味で、仏が「仮に」神の形を取って「れた」ことを示す。むっむずい。  by Wiki

母方の祖父母が生前、闘鶏神社の近くに住んでまして、おじいちゃん、おばあちゃんはよく権現さんって呼んでました。僕が子供の頃は田辺祭りの日ぐらいが終業式で、夏休みが始まるって浮かれポンチな気持ちでお小遣いを握りしめ、祖父母の家から権現さんに向かったもんです。なんだかもう遠い夏です。
あの頃は夜店ばっかり見てましたが、大人になった今夜はその辺りをふまえてお祭りを感じてこようと思っとります。
まもなく田辺に夏がやって来ます!

最後まで読んで頂きましてありがとうございます!

外部木工事も着々と 樹脂サッシにコストを掛けるべきか?

和歌山県田辺市を中心に『木の家』の注文住宅の新築、リフォーム、リノベーションを行ってます、谷中幹工務店の谷中伸哉です。役所や瑕疵保険の中間検査(耐力壁や金物の検査です)も無事に合格し、外部工事も着々と進んでます。樹脂サッシ(APW330 Ykkap)の取付も終わり、随分とお家らしくなってきています。サッシが付くとお家の顔が出来てきた感じがして好きです。これから外壁工事などがされていくと、この顔がより良くなってくれる事でしょう(笑)

昔、サッシのガラスが一枚だったのが今や二枚のペアガラスが当たり前になってきてます。それと同じようにこれからは樹脂サッシが主流になっていくと考えてます。いつも家を考え造る時は『自分の住まいだったらどうだろう?』それは使い勝手や耐震性ももちろんですが、コストや温熱環境についてもそう考えてます。確かにアルミサッシに比べて樹脂サッシの方がコストが掛ります。掛りますが、それは住まい続ける事によってペイできるコストアップだからです。

建物は大きく分けて二つのコストがあります。建てる時のイニシャルコストと住まい続ける事で掛るランニングコストです。この二つは別のものではなく一緒に考えるべきだと考えてます。例えば、樹脂サッシにする事によって20万円コストアップしたとします。確かに20万円は大きな金額です。しかし、樹脂サッシにする事によって年間冷暖房費は抑える事が出来ます。メーカーの資料によるとこのように↓

大阪

アルミ  ペアガラス         71,716円

APW330 樹脂スペーサー ガス入り    57,268円

YKKAPカタログより

その差額、年間14,448円 約14年ほどでペイできて、15年以降は逆に黒字となっていきます。普段は温熱環境ソフトを使って住まい手ごとにこの様な試算を行ったりしますが、だいたい似たような金額となってます。

耐震性はお金に変えられないので、この様な考え方は出来ませんが、温熱性はお金と絡めての検討する事が出来ます。サッシの交換は外部と内部に絡んでくるため簡単ではないですし、樹脂サッシにする事によって温熱環境も良くなって住まいも快適になるわけですから、これは最初に掛けるべきコストであり私なら掛けたいです。

家づくりは日々進化してます。10年前のお家と今のお家、見た目は似ていてもキチンと進化に対応しているお家は別物です。少しでも住まい手の暮らしが快適になるよう、心地よくなるよう、普段から学んでいる事を一つでも多く実践して行きたいです。そんな私の憧れはよりコストの掛る木製サッシだったりもしますが(笑)

相続税と贈与税とアパート建設

和歌山県田辺市を中心に『木の家』の注文住宅の新築、リフォーム、リノベーションを行ってます、谷中幹工務店の谷中伸哉です。さて、全国的にも話題になってますが、アパート建設を当地方でもよく見かけます。色々な理由があるかと思いますが、相続税の改正が大きなもののひとつと言ってよいでしょう。相続税とは誰かが亡くなった時におこる相続に対してかかる税金です。社会保障と税の一体改革案のなかで相続税の改正が行われまして、平成27年1月1日以後の相続から適用になった基礎控除の改正がそれまで一部のお金持ちにしか掛らないと考えられていた相続税のイメージを変えてしまったと言っても過言ではありません。国税庁の資料によると、改正前に相続税の課税対象になったのは全体の4.2%、100人に4人程度だったのですが、改正後は倍増の8%にまでなったのですが、それには基礎控除が大きく関係しています。では基礎控除とはどういったものなのでしょう?

例えば8,000万円の資産を残して亡くなったAさんがいて、その方には奥さんと子供2人がいたとします。相続税を計算する場合、相続財産から基礎控除などを引いて残った分に対して相続税がかかります。その算出の仕方を改正前、改正後で比較していきましょう。

改正前の基礎控除の算出式

『5,000万円(これはどなたでも同じ金額です)×1,000万円×法定相続人数』 つまりAさんの場合法定相続人は奥さんと子供2人の計3人ですので、 

『5,000万円+1,000万円×3人』=8,000万円 

となりAさんは8,000万円もの資産を残して亡くなりましたが、基礎控除のお陰で相続税はかからなかったのです。これが

改正後の基礎控除の算出式

『3,000万円+600万円×法定相続人数』となり、計算してみますと

『3,000万円+600万円×3人』=4,800万円

となり8,000万円から4,800万円を差し引いて残った3,200万円が相続税の対象となってしまったのです。

実際には相続税には『配偶者の税額の軽減』というものがありますので、これを利用するとAさんが亡くなった時には奥さんには相続税が掛らない様にする事が出来きます。旦那さんが亡くなって住んでいる家を売らないと相続税が払えないなんて恐ろしい事は避けられます。気になる方はきちんと税理士さんにご相談する事をお勧めします。

では、相続税の対象になりそうな方が相続税を掛らない様にするためにどうすればと考えると、その相続財産を減らそうとなります。そこで更地にアパートを建てる事により現金資産を減らし、更地に建物を建てる事で土地の評価を下げたりします。1億円使ってアパートを建てた場合、相続財産としては建設費の1億円ではなく固定資産評価額となります。固定資産の評価額は一般的には建設費の50~60%と言われてます。アパートの場合は更に借家権割合(全国一律30%)が割り引かれるので50%~60%×70%=35%~42%とり相続財産としては3,500万円~4,200万円の評価となるのです。ちなみに更地の場合を100とするとアパートを建てると80にまで土地の評価を下げる事が出来るのでアパート経営は相続税対策になると考えられてます。さらにローンを組んでいる場合は負債となるのでさらに相続財産が目減りする仕組みです。一見いい事ずくめのようにみえますが、ここでネックとなっているのがこの仕組みを支える家賃収入が計画通りに進むかってところ。これがリスクとなり少しづつ問題となって来てますが、一気に顕在化する恐れのある事だと危惧してます。

『住宅取得等資金の贈与税の非課税』

これとは別にリスクなく相続財産を相続人に移すのが『住宅取得等資金の贈与税の非課税』これは平成27年1月1日から平成33年12月31日までの間に直系尊属(自分のお父さん、お母さん、おじいちゃん、おばあちゃんなど)から受ける贈与で家を建てる資金(金銭)にあてる場合は一定の金額が非課税になると言うものです。これによって税金がかからず、相続財産を減らす(相続人に移行)することが出来るのです。非課税の金額は下記の通りです。日時は契約の締結日になります。

平成27年12月31日まで

                省エネ等住宅1,500万円 それ以外 1,000万円

平成28年1月1日~平成32年3月31日まで 

                省エネ等住宅1,200万円 それ以外700万円

平成32年4月1日~平成33年3月31日まで

                省エネ等住宅1,000万円 それ以外500万円

平成33年4月1日~平成33年12月31日まで

                省エネ等住宅800万円 それ以外300万円

さらに消費税が10%になった場合では(なんだか嫌らしく感じてしまいますが・・・)

平成31年4月1日~平成32年3月31日まで

省エネ等住宅3,000万円 それ以外2,500万円

平成32年4月1日~平成33年3月31日まで

省エネ等住宅1,500万円 それ以外1,000万円

平成33年4月1日~平成33年12月31日まで

省エネ等住宅1,200万円 それ以外700万円

この適用を受ける為の要件としましては色々ありますが代表的なものとしては以下のものがあります。

①受ける側の年齢が贈与と受けた年の1月1日において20歳以上

②所得が2,000万円以下

③贈与を受けた翌年の3月15日までに居住、または遅滞なく居住することが確実であること

それから期限内の申告も必要になります。この期限とは贈与を受けた翌年の2月1日~3月15日です。くれぐれも忘れませんように。申告をしないと適用をうけれませんので!

詳しくは国税局のH.Pにも詳しくのってますのでご参照ください。

長文、最後まで読んで頂いてありがとうございます。