カテゴリー別アーカイブ: 基礎工事

天然砕石パイル工法で地盤改良をやってみました! メリットは?

和歌山県田辺市を中心に『木の家』の注文住宅の新築、リフォーム、リノベーションを行ってます、谷中幹工務店の谷中伸哉です。新しく始まってますお家づくりで前から気になっていました天然砕石を使った『天然砕石パイル工法』を採用しました。

地盤改良工事とは

地盤改良とは地盤調査の結果、建物を建てるのに軟弱な地盤を補強する為に行う工事です。私がこの仕事を初めて約20年程となりますが、その昔はそこまでする必要があるの?などのご質問を受けたりしたものですが、今ではすっかりポピュラーとなった工事です。住宅瑕疵保険に加入する場合も地盤調査の結果と共に、軟弱な場合はその措置つまり地盤改良についても記述しないといけませんので、必須となった工事とも言えます。

今までの地盤改良は大きく分けて3つ

地盤調査の結果により工法は選定せれています。大きく分けで3つあります。1つめは主に地盤の表面が軟弱な場合に行う『表層改良工事』こちらは表層の地盤(概ね地盤面より2m)をセメントが固めるものです。2つめは支持地盤が地中の深い所にある場合に行う金属製の鋼管杭を使った『鋼管杭工法』支持地盤が10mを超える様な場合がこちら。そして3つめが『柱状改良工法』こちらは地盤面に孔をほりそこにセメントで建物を支える柱をつくっていくものです。支持地盤が10mまでが守備範囲で住宅の地盤改良工事だと一番出番の多いポピュラーな工法です。この様に敷地の建物を支える事の出来る地中にある支持地盤の深さによって適した工法が変わってきますが、3つとも固い地盤(支持地盤)に建物の重さを到達させる事によって建物を安定させようとするものです。

天然砕石パイル工法とは

『天然砕石パイル工法』を行っている『ハイスピード工法』のサイトにはこのように書かれています。ややこしいですが、『天然砕石パイル工法』は『ハイスピード工法』と名づけられています。

“ハイスピード工法は、天然の砕石を柱状に詰め込むことで、地盤そのものを強くする技術です。砕石はその隙間が水に通りやすいため、地震の揺れにより上昇した水圧(水)は、砕石パイルを通じて外部に排出して、液状化の影響を抑制します。”

『ハイスピード工法』H・P

工事の方はこのように進んでいきます。天然砕石を地盤に直径40センチほどの穴をほり、そこに天然砕石を転圧をかけながら施工していきます。専用のドリルには計測器が設置されており、そこデータをもとに工事は行われていきます。

天然砕石パイル工法の施工イメージ

工事完了後には目標の数値が出ているか地盤調査を再度行いますので、改良工事の結果が目視出来る点はつくり手の工務店として安心です。その時に目標の数値が出ていないと再施工となるとの事ですが、計測器を使っての工事ですので再施工は当工務店の施工会社さんではご経験がないようです。

車両の重みを利用して『平板載荷試験』で確認します
車両の重みを利用して『平板載荷試験』で確認します

支持地盤の深さが概ね6mぐらいが守備範囲との事ですので、『表層改良工法』や『柱状改良工法』と比較検討する工法となります。もちろん住宅瑕疵保険会社の認定工法でもあります。

メリット

H・Pにも書かれているように液状化に効果があるのも良いです。それから将来的に建物を解体しないといけない時が来た場合セメントを使った『柱状改良工法』ではそのセメント杭も撤去しないといけないですが、この方法だと天然砕石なのでその必要がありません。また同じく天然砕石なので自然にもやさしいのも魅力です。工程や建物の品質を預かる工務店としてはセメントの様に固まる期間を置かなくてよく、結果がしっかりと前述のごとく試験により目視出来るのがいいですね!

費用

費用としては柱状改良工法と同じぐらいという印象です。もう少し費用が抑えられたらと個人的には感じましたが、絶妙な金額設定なんでしょうね。

まとめ

施工工事店の方も丁寧な方でしたし、デメリットらしいデメリットもないので、これからは『天然砕石パイル工法』をファーストチョイスで検討していきます。

最後まで読んで頂いてありがとうございます。

基礎工事完了

和歌山県田辺市を中心に『木の家』の注文住宅の新築、リフォーム、リノベーションを行ってます、谷中幹工務店の谷中伸哉です早いものでもう6月、我が町田辺では梅取りも始まって農家さんたちもバタバタしてらっしゃいます。梅雨入りもしたようですし、僕たち造り手としては嫌な!?季節となっていました(汗)

そんななか、今月上棟予定のお家の基礎工事もほぼほぼ完了です。養生期間を終え型枠もおおかたバラされました。基礎の立上がりが出来て、少々立体的になってきたお家づくり、敷地だけで見るより大きく感じる事が出来ます。実はこれはお家づくりあるあるで、敷地だけの時が一番小さく感じて、立体になるにつれて大きく感じます。ちなみに一番大きく感じるのは上棟時、これは外壁などが出来てない為に視線が抜ける為そう感じるとの事。

今回は深基礎だった為、完成の具合はナカナカの圧巻です!岩盤の敷地と格闘してくれたブレーカ(真ん中の機材)さんも誇らしげです(笑)

さぁ、上棟に向けて用意は着々と進んでます!あとはお天気と相談になりそうです。今の所天気予報は雨マークはないですが、この時期は油断禁物です!

最後まで読んで頂いてありがとうございます。

鉄筋工事 瑕疵担保保険配筋検査と構造計算

和歌山県田辺市を中心に『木の家』の注文住宅の新築、リフォーム、リノベーションを行ってます、谷中幹工務店の谷中伸哉です。

今日の日差しは夏の様相です。帽子がないとキツイぐらい、そんななか鉄筋工事の完了に伴う『瑕疵担保保険』の鉄筋の配筋検査が行われました。それに先だって自主検査も行ってますのでドンと来いの心境ですが、それでも検査モノは緊張が付き物です(笑)さてさて気になる検査の方は指摘もなく無事に合格、これで次のベースコンクリート打設工事に進めます。

検査を終えた鉄筋さん達、綺麗な配筋が施されています。この辺りは事前の打ち合わせときちんと伝わる図面が大切だと考えております。あっそれと今までの一緒にお家つくりをしてきた蓄積も重要です!

今回は以前にも書きましたように敷地に高低差があります。擁壁を行う事も検討しましたが、コストや配置計画などで今回のお家は深基礎といわれる形状の基礎となりました。その為、深基礎部分の鉄筋の配筋などの検討が必要となり色々と悩みましたが初めて構造計算を取り入れました。きちんと計算した根拠のあるものがあると設計士としても安心ですし、それを基に施工図も書けるので巾が広がった気分です。ひとつひとつの事を丁寧に読み解き考え、丁寧につくっていきたいなと改めて思った次第です。この辺りにつきましてはまた別の機会に書きたいと思います!

最後まで読んで頂いてありがとうございます。

掘り方

和歌山県田辺市を中心に『木の家』の注文住宅の新築、リフォーム、リノベーションを行ってます、谷中幹工務店の谷中伸哉です

さて、現場では掘り方、砕石地業が完了して、防湿シートが敷き込まれ捨てコンの打設されました!今回の敷地は山に出来た古くからの造成地でして岩盤つまり岩が出てくる事が予想されてました。しかも敷地が道路から75㎝ほどあがっており、掘り方の量も多いため序盤のキモとなる工程でした!

まず、掘り方とは読んで字のごとく基礎を造る為に敷地を掘る作業です。また、地盤面の状況を知ることが出来る重要な工程でもあります。掘り進めて行くと事前の地盤調査を通り支持地盤が出てきました。それはつまり予想通りバリバリの岩盤、つまり岩です!山肌が出てきたって感じですww建物としてはしっかりとした地盤の上に建てれるのでよいですが、工事の方は骨が折れますww

遣り方を基準に所定の深さまで掘り進めると次に砕石地業が行われます。丁寧に転圧をかけながらこれまた遣り方を基準に高さと水平をとっていきます。

遣り方については こちら 

そしてさらにその上に防湿シートを敷き詰めていきます。
防湿シートは地盤面の水蒸気を侵入を防ぐのに一役買ってくれます。一般に地盤から発生する水蒸気の量は1㎡あたりコップ一杯分らしいですので100㎡ですとビールの大瓶で換算しますと約32本、中々の量です。ちなみに大瓶は633mlです。なぜ急に大瓶ですかって、ちょっと使ってみたかったんですこの表現。(体言止め)

さぁ(汗)綺麗にシートが敷かれました。捨てコンでしっかりと押さえます。シートとシートの重ね継ぎ手の長さも大切なチェック項目の一つです。ここまで来たら次は鉄筋の配筋作業に進んでいきます。今回は深基礎の為、鉄筋工事もダイナミックになる事でしょう~楽しみです!

岩盤なので高低差があってもしっかりしてくれてるのは、助かります。絵面は地味ですが(笑)

今回大活躍してくれたユンボ。その注意書きがかわいいイラストでなかなか脅迫してくれます(笑)

最後まで読んで頂いてありがとうございます。

遣り方 新築工事の最初の仕事

和歌山県田辺市を中心に『木の家』の新築、リフォーム、リノベーションを行ってます、谷中幹工務店の谷中伸哉です。

さてさて現場では着工して一番最初にする工程、遣り方が行われています。実は遣り方ってこの仕事を始めた時(かれこれ20年前になります、時の経つスピード恐るべしデス)はいまいちピンとこなかったんですが、基礎工事をする際に、目印となる建物の位置や高さの基準となる大切なモノです。木の柵みたいに見えるのがソレです。

どうやって目印を確認するかといいますと、前述の木の柵みたいなモノに、建物の位置の場合は墨でしるしをしておきます。高さの場合は木の柵は水平になる様に設置されてますので、それからどれくらい下がった所が基礎の高さかを明記しておきます。建物を建てる前の敷地は、当たり前ですが基本的には何も目印になるものがないので、こうやって仮設の目印を作って工事は進められていきます。ここで、位置や高さを誤ってしますと取り返しのつかない事になるので、何度も確認をしながら慎重に作業は進められます。

最後まで読んで頂いてありがとうございます。

ベースコンクリート打ち

和歌山県田辺市を中心に『木の家』の注文住宅の新築、リフォーム、リノベーションを行ってます、谷中幹工務店の谷中伸哉です。

こちらの現場は大きな庇のある家です。今朝から先日、配筋工事が完了した現場のベースコンクリート打ちが行われました。

写っているのは左官屋さんで、打ち終わったコンクリートを金コテでならしているところです。ちょっと写ってませんが、足跡が残らない様に、板の様なモノに乗りながら、仕上げていきます!

配筋検査完了

和歌山県田辺市を中心に『木の家』の注文住宅の新築、リフォーム、リノベーションを行ってます、谷中幹工務店の谷中伸哉です。

さて、御紹介が遅れてましたが、先日から新たなお家が着工してまして、その基礎の配筋検査がありました。御存じの方も多いとおもいますが、去年の10月から全ての新築住宅に瑕疵保険の加入が義務付けられてます。その制度の中で、現場での検査があるんですが、配筋検査もその一つになります。

鉄筋屋さんから、配筋の完了の報告を受けてまず、僕が検査をします。現場に付いてみると鉄筋が綺麗に組み上がってます。きちんとした仕事は、見た瞬間に分かります。一つ一つ部位を検査してみると案の定、図面通りしっかりやって頂いてました。

その後、保険会社からの検査員の方の検査を受けるのですが、そちからの方も無事合格を頂き晴れて、配筋工事は完了となりました!