カテゴリー別アーカイブ: そとん壁

そとん壁 W‐129色とW-121色

和歌山県田辺市を中心に『木の家』の注文住宅の新築、リフォーム、リノベーションを行ってます、谷中幹工務店の谷中伸哉です。なにやら台風が大きく進路を変えて和歌山県に向かっているようです。8月の台風といい困ったもんですww先週からそとん壁の上塗り工程が始まってますが、台風の影響で残りの工程は連休明けとなりそうです。完成を楽しみにしているのでお預けをくらった気分ですww

そとん壁について詳しく書いた記事はこちら↓

そとん壁 風合と質感のある手作りの素材を職人の手仕事で仕上げる

そとん壁の色は上塗りによるもので、上塗りは天然の岩を砕いたものを顔料として色を出しています。退色が起こり難いのが特徴ですが、天然の岩を用いるので濃い色やビビットな色はラインナップにありません。しかし、その落ち着いた色合いはスタンダードで飽きがこないものだと感じてます。ちなみに現在、色は9色あります。当工務店では一番白く感じるW-121色とそとん壁の開発に携わった建築家『伊礼智』さんがよく用いられることから別名伊礼色とも呼ばれるW-129をよく使っています。

W-121色とW-129色。どちらが良いかは実はこれまた好みで、木部の木の色をどうするか?など、全体的な雰囲気から住まい手と相談しながら決めています。その時に過去の施工例やパースなどもご覧になって頂いてイメージの共有を心掛けています。

そとん壁W-129色の画像
施工中のそとん壁w-129色

こちらはそとん壁W‐129色の上塗りを施工中の画像です。まだまだ乾いてないので濃い色となっています。乾くにしたがって色は下の画像の様に落ち着いてきます。

そとん壁w-129色の完成画像の画像
そとん壁w-129色の完成画像

w-121色だとこの様な感じに。今回の画像はすべて仕上げ方はかき落とし仕上げですが、スチロゴテ仕上げもよく採用されてます。

そとん壁W-121色の画像
そとん壁W-121色の完成画像

外観の印象を決定づける要素の一つである外壁の色。つくり手と住まい手のコミュニケーションを密にして楽しい家づくりをして頂きたいです。それからつくり手は自分の良いと思うものを勇気を持って住まい手にご提案する事も大切です。そこから話は深まり、良いものへとなっていくのでしょうから!

最後まで読んで頂いてありがとうございます。

そとん壁 下塗りほぼ完了!

和歌山県田辺市を中心に『木の家』の注文住宅の新築、リフォーム、リノベーションを行ってます、谷中幹工務店の谷中伸哉です。8月も間もなく終わりとなりますが、まだまだ暑い日は続いてます。そんな中、外壁材『そとん壁』の下塗りがほぼ完了しました!暑い中作業して頂いた左官屋さん ありがとうございました。

そとん壁下塗りの画像
そとん壁下塗り完了時

そとん壁は当工務店で定番的に採用頂いている外壁材で火山灰を利用してます。火山灰といっても火山の噴火時のそれではなく、火山活動によって流れ出た火砕流が堆積したもので、マグマと考えて頂いた方がよいかもしれません。それらを粒子の細かいものと荒いものに分けて、細かいものを下塗りに荒いモノを上塗りにと2工程で仕上げていきます。

比較的クラック(ひび割れ)には強い性質ですが、クラックノンネットと言われるひび割れを予防するネットも下塗りに食い込ませていきます。なるべく、表面に近い所に練り込ませるのがコツです。 こちらは以前に施工したお家での風景です。うっすらとネットが見えています。

そとん壁については過去にまとめた記事があるので、ご覧ください。そとん壁を知ったお陰で当工務店での、お家づくりのハードとしての方向性が一つ定まりました。またソフトの面ではそとん壁を通じて建築家 伊礼智さんを知り、その後のプランやプロポーションづくりに大いに影響を受ける事となりました。思い入れのある素材です。

そとん壁 風合と質感のある手作りの素材を職人の手仕事で仕上げる

最後まで読んで頂いてありがとうございます。

そとん壁下塗り搬入

予定通りそとん壁の下塗りが搬入されました↓

この商品の面白いなと僕が思う点に、

 

ばっちり名前が出ているので、あえて画像は

 

差し控えさせて頂きますが

 

袋の上の方に、農産物の直売所の様に

 

わたしがつくりました、と個人名のハンコが

 

押されている点です。

 

それもそのはず、宮崎県の農家の方々が

 

つくっているからなのです。

 

メーカーさん曰く、新・二毛作。

 

原料を工場で受け取り、自宅の納屋などで

 

加工して、また工場に納めているとの事です。

 

工場はISO9001認証工場との事ですが

 

あくまでも、ローテク、省エネにこだわる姿勢ですねビックリマーク

 

手造りの素材を、また左官職人さんが手造りする

 

家は買うものではなく、造るものという考えを

 

体現しているモノの一つですグッド!

最後まで読んで頂いてありがとうございます。

そとん壁 透湿防水シート施工完了

今日は日差しがキツイですガーン蝉の鳴き声もよく聞こえるようになってきていよいよ夏がやって来そうですね。

さて、ご紹介が遅くなってましたが、先日というか結構前に、外壁工事の防水透湿シート張りが完了しました。

外壁の仕上げはこのブログでも、度々登場してます。そとん壁ですビックリマーク

 外壁仕上げの中でも、湿式工法と言われる左官仕上げの場合は、黒いアスファルトフェルトという防水シートを使用しないといけないんですが、これは透湿性がない為、そとん壁の特徴の一つである透湿性(建物の壁の中の湿気を外部に逃がす)を妨げてしまいます。

 そこで登場するのが、このモルタルラミテクトです。このシートは、アスファルトフェルト並みの防水性を持ちながら、湿度を透すという優れモノなのですビックリマーク

 下の画像がそのモルタルラミテクトなんですが、ばっちり、商品名が張ってますねニコニコ

最後まで読んで頂いてありがごとうございます。