カテゴリー別アーカイブ: 勉強会

温暖地での高気密高断熱住宅 新住協の総会に参加してきました!

和歌山県田辺市を中心に『木の家』の注文住宅の新築、リフォーム、リノベーションを行ってます、谷中幹工務店の谷中伸哉です。レポートが遅くなってしまいましたが、先日『新住協』の総会に参加してきました。『新住協』とは北海道発信の高気密高断熱の技術者集団です。その総会は年に一度行われ毎年300名ほどのプロが集まり2日間かけそれまで実施してきた事の検証や今年度のテーマなどが議論されます。今回の総会で理事になられた『ダイシンビルド』の清水社長に一度はあの空気感を味わないと勧められて参加でしたが、予想以上の熱気に圧倒されました。そこで交わされた議論が。

省令準耐火仕様を盛り込んだ工法の合理化

新住協では断熱材はグラスウールが定番です。グラスウールはきちんと施工しないと壁体内結露などの問題があり、その辺りをネガティブにうたう記事などもありますが、きちんとした知識できちんと施工するとコストパフォーマンスの高い断熱材です。この辺りのノウハウは新住協には豊富で私も大変助かってます!そこでグラスウールを使っているのだから、その不燃性を活かして『省令準耐火仕様となる工法を確立して行こうというものでした。正しく一石二鳥です。

2×10材と使ったタルキの水平耐力認定

屋根断熱を行う場合、2×10材(38㎜×235㎜)をタルキとして使い、その235㎜の高さを活かしてグラスウールを210㎜充填するのも新住協の定番的な工法です。しかし、同じ様に2×10材を使う2×4工法では火打ち梁を設けなくて良いなど、その屋根剛性(地震や台風に対して対抗する力)をきちんと評価しているのに、軸組み工法ではそれを十分に認められてない事から、全国的に活動されている構造家で会員のM′s構造設計佐藤さんを中心に認めてもらうようにしていくとの事。これは心強い。

Qpexのバージョンアップ

私たちが住宅の燃費計算に使う熱損失解析ソフトQpexもバージョンアップにより住まい手に高気密高断熱と暮らしや光熱費がリンクした分かりやすいものなっていきそうです。私たちも使って楽しそう(笑)

建築家と高気密高断熱住宅の融合

事例報告ではダイシンビルドの清水社長が建築家堀部安嗣さんとがとりくまれた住宅、里山博ヴァンガードハウスが発表され、性能一辺倒ではなく、建物の美しい佇まいや生活に寄り添った使い勝手と、高気密高断熱住宅の融合の可能性がしめされました。実際に建物を拝見しましたが、写真ではなくその場に身を置かないとあの佇まいは分からないです(笑)

1日目のまとめ

とまぁ、住まい手にとっては非常にマニアックな話ばかりです(笑)しかし大切なのは専門家が集まって知恵をしぼってより住まい手が夏も冬も過ごしやすい家に住まいできるようにと議論している事です。きちんと吸収して私たちの住宅にも活かしていかないと!

温暖地横浜での高気密高断熱住宅

2日目はいくつかコースがある中、横浜の温暖地に立てれた住まいを拝見する事に。鈴木アトリエさんあすなろ建築工房さんの建物です。

鈴木アトリエさん
片づけの解剖図鑑

鈴木アトリエの鈴木さんは著書『片づけの解剖図鑑』が8万部を超えるベストセラー。かく言う私も著書を何度も読み直しプランニングの収納計画の参考にさせて頂いてだけにその住宅を拝見出来るとはラッキーです!建物がぎゅうぎゅうの都会での住宅ですが、気持ちの良い場所を随所に設えたり、太陽を上手くとりこんだりする事で、住まい手が豊かな暮らしをしているのがよく伝わりました。後は忘れてはならないのが、細やかに考えられた収納計画がそれに一役買っている事。モノがあふれない、住まい手の生活に寄り添って初めて出来る事なんでしょうね。

見学させて頂いたお家 横浜下町の家 戸部S邸

あすなろ建築工房さん
六ツ川の家

あすなろ建築工房さんは設計事務所顔負けの設計をされる工務店さん。その代表者でもある関尾さんの自邸六ツ川の家を見学です。建築知識ビルダーズなどでもすで取り上げられており、私の頭のなかには平面図が入っている状態での見学(笑)2階の断面構成が気になっていたのですが、上手く高さを変えながら繋がり会うワンルームの空間が心地よかったです。高すぎず低すぎずの設計の妙を拝見出来ました。こちらの建物は昼の情報番組ヒルナンデスでも取り上げられてます。うちの奥さんは建築に関しては専門家ではないのですが、自宅に帰ってくるなりヒルナンデスのお家はどうだった?って聞いてきました(笑)それが物語る様に楽しい暮らしが出来るような仕掛けが随所にあり、専門家である私も仕事を忘れて!?ワクワクしながらの見学出来ました。関尾さんありがとうございました!

六ツ川の家

総会の感想

今回総会に参加してみて、もちろん高断熱高気密の建物には必要な要素ですがそれで充分ではなく、それを下地にさらに楽しい暮らしが出来るお家への進化が大切だと言う事が再確認出来ました。住宅は暮らしを受け取る器、暮らしが、楽しい暮らしが出来て初めて住宅なのです。新住協の総会はもっとゴリゴリの技術的なものばかりかと勝手に思っていたのですが、そうではなく構造家の方がいらっしゃったり、意匠系の設計事務所さんや高い設計力を持った工務店さんがいたりと、その会員の層の厚みを知る事が出来ました。年の近い方もたくさんいて色々と相談出来そうです!会員の一員として恥ずかしくない建物を、住まい手が楽しく快適に暮らせる器を。まだまだ学ぶ事はたくさんあります。そういう私にとって道しるべとなる会と縁が持てて幸運だなぁと噛みしめながらなたら帰路につきました。

最後まで読んで頂いてありがとうございます。

 

いざ東京へ 田中工務店さんに!

和歌山県田辺市を中心に『木の家』の注文住宅の新築、リフォーム、リノベーションを行ってます、谷中幹工務店の谷中伸哉です!高断熱高気密の技術者集団である『新住協』の総会に参加する為、先週はるばる横浜へ行ってきました。総会については後日のブログでご報告するといたしまして、その前日、東京の『田中工務店』さんにお邪魔してきました!

田中工務店さんは東京の江戸川区にある工務店さんで創業は昭和12年。代表の田中健司さんはプロが読む建築誌『建築知識』や『建築知識ビルダーズ』で執筆されたり、『木造住宅の実用納まり図鑑』を著書を出されたりされている方です。お仕事はもちろん人間性も誠実な方で、僕たちのお手本になって頂いている方です!

田中さんを初めて知ったのは実は今をさかのぼる事9年前の2008年。当時の僕の仕事の情報源は先ほどの『建築知識』でした。木造住宅を取り上げた号は自分達の建物がよりよくなるようにと何度も読み返したものです。その中での田中さんの執筆は迷える子羊を導く光の様でした。ご苦労して考え抜かれて造ってこられたディーテ―ルやアイディアを媒体と通して共有して頂けるお気持ちが有難かったです。

その中でムカデ収納と言われる小上りのタタミコーナーの段差を活かした収納があります。『建築知識』を片手に図面を起こし住まい手にご提案して採用して頂いたのですが、竣工後の住まい手に大変喜んで頂いてこれも田中さんのお陰です。

小上りタタミコーナーの画像
リビングから一段上がったタタミコーナー
小上りタタミコーナー収納の画像
タタミコーナーの高さを活かしたムカデ収納

その当時のブログが こちら

この記事では関東の工務店さんと書かして頂いてますが、当時の僕にとって(今でもですが)雲の上の存在である田中工務店さんの名を上げさせて頂くのも、はばかられたものでした。そして今回お邪魔させて頂く事になって当時の僕が知ったらさぞかし驚く事でしょう(笑)

住まい手がお住まいのお家や建築中の木造3階建ての現場などを拝見し、事務所に戻ってからはパワーポイントをつかったセミナーと至せり尽くせりでした。丁寧な仕事内容やそのバックグランドにある確かな知識をお聞き出来たり、住まい手との良好な関係性を垣間見たりと工務店としての地力の強さを感じました。少しでも今回の訪問で得たものを自分にフィードバックしていかなければ!田中さんありがとうございました!!

最後まで読んで頂いてありがとうございます。

栃木県への勉強会③ 金谷侍屋敷~日光東照宮~大谷石採掘場

和歌山県田辺市を中心に『木の家』の新築、リフォーム、リノベーションを行ってます、谷中幹工務店の谷中伸哉です。思いがけず連載ものになってしまった工務店同士が切磋琢磨する会『KKB』(工務店による工務店のための勉強会)による栃木県での勉強会!今回のテーマはその第3弾、栃木県の名建築を巡った2日目続編です。

第1弾 COMODO建築工房さんの建物を巡る

第2弾 アントニン・レーモンド イタリア大使館別邸

『金谷侍屋敷』 こちらは日本最古の西洋式リゾートホテル「金谷ホテル」発祥の地で、江戸時代の武家屋敷の建築様式をそのまま残す貴重な建築遺産との事。刀を振り回し難くさせる為に天井が低かったり、攻め込まれた時のために隠し階段やお城でいう所の狭間(はざま 防御用の穴や窓)のような窓があったりと、迷路みたいで見学していて楽しい。廻れる動線の極みですね、ある意味(笑)そして、なんといっても高さをグッと抑えたその佇まいが美しい、思わず見とれてしまします。もともと前述の如く天井高が低いのと1階部分が土間だった名残もあり、土台から桁までの高さは3500㎜!ナカナカない高さがそう感じさせてくれるのでしょう。

『日光東照宮』 徳川家康を祀る神社で創建は1617年。超有名建築物です。特に国宝「陽明門」は一日じゅう見ていても飽きないことから「日暮門」(ひぐらしのもん)などと呼ばれてます。陽明門は最近大きな40年ぶりの修復が終わったところで、鮮やかな色彩が復活。その独特な造形の威力が更に増してます。普段してます建築とはあまりにかけ離れてますが、アートと言うかエンターテーメント。構造的に必要な部材に装飾をして一体感をだしている所なんかは目を見張りました!

『大谷石採掘場』 KKBの発起人でもある『扇建築工房』の鈴木さんのご紹介で、観光用ではなく実際に採掘している採掘場を見学させて頂きました。あくまでも自己責任と言う事で誓約書にサインをしての入場ですww※普段は見学は行っていないとの事です。 大谷石とは栃木県宇都宮市大谷町一帯で採れる石材。車窓からも大谷石造りの蔵などがたくさん見る事ができます、さすが、メッカです。フランクロイドライトもその魅力に魅了され旧帝国ホテルなどで使用されてる事も有名です。採掘場の深さは約30mとの事。よくもまぁこんなに掘ったもんです。たくさんの石を切り出してきた場に身を置きますと、その素材感に圧倒されます。木もそうですが、そのもののルーツを知る事によりその魅力が染みてくるようです。使った事がないけど、一回使ってみたいもんです!

画像左手の階段をえっちらおっちら ひたすら下へと降りて来ました。

たどり着いた先は独特の大空間。切りだされた大谷石が地上に上がるのを待ってます。

色んな空間を体感し、全国から来れた工務店の方々の生の声を拝聴し、近年まれにみる濃い2日間でした。企画、運営をしてくれましたCOMODO建築工房の飯田さん、スタッフの中山さん、そしてKKBの皆さん、ありがとうございました!

最後まで読んで頂いてありがとうございます。

谷中幹工務店 谷中 伸哉

人生2度目の栃木県 勉強会① CoMoDo建築工房さんの建物を巡る

和歌山県田辺市を中心に『木の家』の新築、リフォーム、リノベーションを行ってます、谷中幹工務店の谷中 伸哉です。先日、工務店同士が切磋琢磨する会『KKB』(工務店による工務店のための勉強会)に参加する為、栃木県に行ってきました!今回のメインデッシュはCoMoDo建築工房の建築巡りです。CoMoDo建築工房の代表を務められている飯田さんとは以前からお付き合いして頂いてまして、一度その建築に触れてみたいと思ってましたので、和歌山から栃木はなかなかの遠方ですが、思い切っての参加です!

その出来上がった建築の美しさはもちろん、住まい手の丁寧な暮らしぶりに目を見張りました。それには、造り手と住まい手の暮らしについての価値感の共有がその奥にはあり、それが芯の強さとなり表面的な美しさだけではなく、内側からにじみ出るような建物と暮らし方の美しさを体感しました。建物と暮らしの美しさ、それらが合わさる事により暮らしの器としての家の美しさが完成するのだと痛感です。

これらはどこから生まれるのか?それは飯田さんの建築に対する愛もさることながら、住まい手に対する愛もあってからこそ。それらがかけ合わせれる事による効果と、それを住まい手が感じ、共有する事によりうまれるCoMoDo建築工房の世界観がなせる業なのです。これはWEBなどだけでは残念ながら全てと感じる事が出来ず、その空間に身をおき、そして住まい手の方とお話しすることによって氷解します。

丁寧なおもてなしをうけ、刺激を頂き、やはり思い切って参加して良かったとしみじみ、飯田さん、スタッフの皆さん、お母さん、そして、住まい手の皆さんありがとうございました!

第2弾 栃木県への勉強会② 『イタリア大使館別邸』はこちら

住宅デザイン学校最終回 優秀賞頂きました!

和歌山県田辺市を中心に『木の家』の注文住宅の新築、リフォーム、リノベーションを行ってます、谷中幹工務店の谷中伸哉です。さて先日7月24日住宅デザイン学校、伊礼智設計教室2014基本編の最終回が行われました。3月から始まり計5回の教室が終わったわけですが、ほんとアッという間でした! 入校の様子は こちら

『目を養い、手を練る』 講義を聞かせて頂くような場は色々とありますが、この学校の最大の特徴は、実際にプランを作成し、プレゼンを行い講評して頂き、全5回のカリキュラムを通じて完成させていく点です。自分の考えたプランをそうして頂ける場は少なく、しかも僕の憧れの建築家、伊礼智さんから直接頂けるとあってその瞬間瞬間、貴重な体験をさせて頂きました。
伊礼さんの他にも、ゲスト講師に建築家の佐藤重徳さん、造園家の荻野寿也さんを迎え、様々の視点からの講義、講評を頂きました。みなさんが日々何を感じ、考え、それを落とし込んでいっているのか、自分の今後の考えの指標となりうるものを示してもらえた気がします。
また志を同じく全国から集まった同期の方々、その建物に対する姿勢や想い、着眼点など様々な刺激を与えてもらいました。
そらを通じて得たたくさんの気付き、それらを得て満足するのではなくこれからのプランニングに生かしていって、初めて今回の参加への意義が達成できると考えてますので、さらに精進、精進です!

設計教室を通じて今、自分にある考えや出来る表現方法、また自分にないものや、ない表現方法などが少しづつ形をなしてきました。それを見つめ直し、よく考え、決断していきます!それらの連続が住宅に携わるモノとして一番持っておくべきモノだと感じたわけですから!

最後になりましたが、学校長の伊礼智さん、ゲスト講師の荻野寿也さん、佐藤重徳さん、企画運営して頂いたアドブレインの塚本浩史さん、僕達をサポートしてくれた同じくアドブレインの山田麻友美さん、そして一緒に学び苦しんだ!?同期のみなさん、ありがとうございました!またお会いできる日を楽しみにしてます!

毎回頂いた講評で少しづつブラッシュアップを重ね、有難い事に優秀賞を頂けました。これをプレッシャーに自分のお尻を叩いていきたいと思います!

最後まで読んで頂いてありがとうございます。

住宅デザイン学校に入校しました!

和歌山県田辺市を中心に『木の家』の注文住宅の新築、リフォーム、リノベーションを行ってます、谷中幹工務店の谷中伸哉です。

先週の木曜日のお話しで申し訳ないのですが、住宅デザイン学校に入校しました!こちらは地域の家づくりを「設計力」でリードする、建築士、工務店を目指す会で、建築家・伊礼智氏が直々に「いい家」づくりを伝授して下さり、さらに目を養い、手を練る機会を数多く提供して頂けるというもの。 住宅デザイン学校H・Pより抜粋
以前から気になりつつも、なかなか敷居の高い学校だと思ってましたが、昨年同じく住宅デザイン学校さんが主催された九州建築視察ツアーに参加して湧きあがった、より学びたいという気持ちに背中を押されて思い切っての入校です。

講義に先立って受講生ひとりひとりが自分にとっての「とっておきの心地よい空間」を自己紹介もかねて発表していきます。色んな視点からの心地よい空間は自分にあるものはもちろん、ないものもあり新鮮な気持ちで聞く事が出来ました。僕の方は前述の九州建築視察ツアーで拝見した伊礼氏設計の「龍田の家」について発表させて頂きました。たくさんの方の前でお話しさせて頂く事は普段なかなかない経験でそれはもう見事に緊張しました(笑)
それらが終わるといよいよ伊礼氏の講義。旅先などで出会った心地よい空間、氏がどこを心地よいと感じ、それを実際の家づくりにどう取り入れていったかをひも解くように丁寧に解説して頂きました。心地よいと思ったら感覚だけにとどめるのではなく、なぜ心地よいという自分なりの答えを探し、気になる寸法は実際にキチンと測ります。そういった感覚を突き詰めるからこそ、それを自分の家づくりに落とし込む事が出来る。僕もこれから心地よい空間に出会ったら可能な限り採寸、採寸です!

講義の後は懇親会。僕も含めてみなさん緊張されてた様子でお酒が入ったその会はそれまでのカチコチだった空気感は一変、一気に和やかな雰囲気で楽しくも学べる時間を過ごさせて頂きました。伊礼氏はもちろんそんな方々からも刺激を頂けるデザイン学校、7月まで悔いのないようしっかりと学んできます!

最後にはミーハー炸裂、伊礼智設計室の所員さんを交えてのスリーショット!お酒でほぐれたはずの緊張、再びです(笑)

最後まで読んで頂いてありがとうございます。

住宅デザイン学校最終回の記事はこちら↓

住宅デザイン学校最終回 優秀賞頂きました!

安藤忠雄氏 特別講演

日、6月29日に和歌山県新宮市にある

大正3年に建てられたました、

「旧西村家住宅」が国の重要文化財に

指定されました。

これを受けまして本日、建築家の安藤忠雄氏の

特別講演会が新宮市民会館で開かれました。

新宮市は和歌山県でも一番南にある市で、

僕の住んでいる田辺市から新宮市までは車で

約1時間40分ぐらいかかります。

安藤さんの拠点である大阪からだと

電車で4,5時間ぐらいかかると思いますあせる

講演の中でシンガポールより遠いっと冗談交じりで

おっしゃってましたが、あながち冗談でもなかったかも

しれませんね。


内容の方はスライドを使って、独特の歯に衣着せぬ

口調とユーモア溢れるテーマで、会場と僕を沸かせて

くれてましたニコニコ

その中で時折投げかけられる

「日本人も燃えよビックリマーク

「前を見すえて生活しているか?」

などの言葉に、69歳の現在も

建築や地球環境の保全に熱意を

掛け続けておられる信念を

少し垣間見れた様な気がしました。

講演の中から、

人生常に学び続けなければいけないし、

好奇心をもって、知恵を絞って物事に

取り組まないとならない

 

と改めて教えて頂きましたグッド!

追伸 サイン貰っちゃいましたニコニコ

MOKスクール大阪

MOKスクール大阪とは、国産材で建てる“まっとうな木造住宅”の

 

普及啓蒙活動を行っているグループです。

 

 

 

木造住宅を取り巻く環境は、耐震構造に対する考え方、

 

 

 

施工方法や木質材料、はたまた法律まで含めると、

 

 

日々変化を続けています。

 

 

専門家として、これからの木造住宅を考え、造っていくために

 

 

日ごろから、僕なりに情報収集などをして切磋琢磨を

 

 

心がけているんですが、その中で、前述のMOKスクールの

 

 

存在を知ってこの4月から、月一回大阪まで出向いて

 

 

お勉強してます。

 

 

 

 

どんなものかと言うと、MOKスクールというくらいなので、

 

 

 

 

学校みたいなものです。

 

 

生徒さんは、設計者や工務店、職人さんから代理店、

 

 

メーカーまで多種多様のようです。

 

 

 

100分の講義が3コマありまして、なかなかのボリュームです。

 

 

 

 

でも、木構造、木材調達、室内環境、コスト、施工方法など、

 

 

 

木造界の第一線でやっておられる署名な講師の方々の講義は、

 

 

聴きごたえがあり、またその熱意が伝わり、新たな知識、知恵と

 

 

モチベーションを僕にあたえてくれます。

 

 

 

さて、今日は7月の講義日です。

 

 

 

今回もしっかり学んできます。ビックリマーク

最後まで読んで頂いてありがとうございます。