杉厚床板 浮造の画像

杉厚床板 浮造(うずくり)仕上げ

和歌山県田辺市を中心に『木の家』の注文住宅の新築、リフォーム、リノベーションを行ってます、谷中幹工務店の谷中伸哉です。さて、先日三重県の熊野市から野地木材工業さんがわざわざ来て下さいました。野地木材工業さんには屋根の化粧野地板や先日ご紹介しました階段材などでお世話になってます。
階段材の記事はこちら→綺麗な桧です!

いくつかカットサンプルもお持ち頂いたのですが、そのなかで僕の食指を特に動かしたのがこちら↓うずくり仕上げの杉厚床板です~

杉厚床板 浮造の画像
杉厚床板に浮造り加工を施したもの。

画像ではその良さが十分に伝えきれないのが残念です(涙)

浮造(うずくり)仕上げとは木目の柔らかい部分(春目)を磨いてへこませる事により、堅い部分(秋目)の木目を浮き立つようにした仕上げ方法です!木の表面を強くして傷が付きにくくする効果もあるとの事ですが、その際立った木目の美しさや、えも言えぬデコボコとした肌触りが魅力です!

また厚みは心地よさ抜群の30㎜!当工務店でも杉厚床板はよく張らせて頂いてるんですが、この魅力は画像や言葉では分かりづらいかもしれません。一度その杉厚床板の空間に身を置いて頂くのが一番だと思ってます。それらが持つ、温かさやさらっとした感触を感じて頂けるはずです!
画像では伝えきれないといいながら、以前施工しました完成画像はこちら(笑)

床板はお家の中でも一番触れる機会の多いものです。その良さや悪さなども合わせて気にいるモノを使って頂きたいです!あんまり難しい事を考えないで、手にとってビビっと来たものってのが一番いいかもしれませんけどね(笑)誰か浮造杉厚床板、使ってくれないかな!

最後まで読んで頂いてありがとうございます!