緑をめでる家 q1.0住宅

家族構成 ご夫婦、子供3人                地域   田辺市
構造規模 木造在来軸組2階建て
敷地面積 200.00㎡(60.60坪)
延床面積 128.14㎡(38.83坪)デッキ等除く

和歌山県田辺市、市街地から農村部に向かうと一気に緑豊かな景色に。そんな敷地のたつお家。しかし、南側にそびえる小さな山のお陰で!?冬には敷地にほとんど陽が入らない、日射条件の厳しい敷地でした。暮らしの中心であるリビングに吹き抜けとハイサイドライトをつくり、太陽光を取り入れました。ワンルームのようなプランに様々な居場所を設けて、今、その居場所で私の家族が各々過ごしてます。

暖房用のエアコン、冷房用のエアコン。2台のエアコンで全館空調を行ってます。今まで勉強してきた高断熱高気密住宅を実践したお家です。冬暖かく夏涼しい。温熱的な快適があって初めて居場所の心地よさが得られます。

<主な仕上げ>
構造材   紀州材
造作材   紀州材
床材    杉材上小材浮造り仕上げ15mm        屋根    ガルバニューム鋼板
外壁    そとん壁かき落としの上櫛引き仕上げ
内壁・天井 ビアロ(塗装仕上げ)

Photo by 古瀬 桂(Replan関西vol.2)

玄関側 杉型枠コンクール打ち放し塀 少しセットバックして植栽を
デッキとグランドレベルの段差を小さくするための築山。外と繋げる一工夫。
吹抜けのリビング。冬は日が入り難い敷地。吹抜けを設けて光を落とす。
リビングから小上がり和室、庭。造り付けソファから庭をのぞむ。
デッキには網付きガラリ戸。キッチンからはリビング、ダイニング、小上がり、デッキと全て見渡せる。
屋根のかかったデッキとたためるハンモック。
内と外と半屋外。
網付きガラリ戸(伊礼格子)をあけ放つと半屋外を通じて内と外がつながる。
2階ホール。第2のリビング。床にはウールカーペット。
玄関からリビング。杉なぐり床から杉浮造りフローリングへと足の感触が心地よい。
キッチン。窓には永田格子。格子から漏れる光が美しい。
夜景。居場所を所々に配置して、家族が好きな所で過ごす。

2019年 お盆休みのお知らせ

和歌山県田辺市を中心に『木の家』の注文住宅の新築、リフォーム、リノベーションを行ってます、谷中幹工務店の谷中伸哉です。早いものでまもなくお盆、時間が経つのが早くてドキドキします。コピーロボットが欲しいです(笑)

当工務店の今年のお盆休みは8月11日~8月18日 とさせて頂きます。山の日と暦の関係で大型連休となりましたが。暑い中頑張ってくれてます大工さんにもゆっくりしてもらって、英気を養って頂きましょう!

私の方はドキドキの原因の仕事がイマイチはかどってないので、ガッツリ休めなさそうですが、休めそうならガッツリいきたいもんですww

それでは、暑い日が続きます。くれぐれも体調管理に気をつけてよいお盆をお過ごしください!

画像は先日お引渡ししたお家。エアコンもしっかり効いているみたいで、性能を発揮してくれてます