カテゴリー別アーカイブ: 2010 現場

基礎型枠工事完了

本和歌山県田辺市を中心に『木の家』の注文住宅の新築、リフォーム、リノベーションを行ってます、谷中幹工務店の谷中伸哉です。

さて本日、基礎の型枠工事が完了しました。

今回の基礎は立ち上がりが高めなので、またぐのが大変でした。ここまで進むと建物の間取りなんかも基礎の形で実感としてとらえる事が出来ます。そこで、よくお施主さんから頂くご質問があるんですが、それは、『この部屋本当に6帖あるんですか?』とうものです。基礎の状態だと、人は実際より小さく感じる様ですね~

最後まで読んで頂いてありがとうございます。 

基礎アンカーボルト設置

和歌山県田辺市を中心に『木の家』の注文住宅の新築、リフォーム、リノベーションを行ってます、谷中幹工務店の谷中伸哉です。今日はいいお天気でしたが、明日から崩れてしますみたいですね。

さて、現場ではベースコンクリート工事が終り、立ち上がりの基礎の型枠工事がはじまってます。しかし、型枠を組み立てる前に大事な工程があります。アンカーボルトの設置なんです!アンカーボルトは基礎と建物を緊結する大事な部材です。ですので、立ち上がり基礎への埋め込み深さや、設置しなければならない位置などを十分検討して取り付けられます。昔はコンクリートを打設してから田植えの様にアンカーボルトを設置していったんですが、現在ではあらかじめ基礎の配筋に取り付けていきます。


アンカーボルトが設置されると画像の後ろの様にいよいよ型枠が組まれていきます!

最後まで読んで頂いてありがとうございます。

ベースコンクリート打設

和歌山県田辺市を中心に『木の家』の注文住宅の新築、リフォーム、リノベーションを行ってます、谷中幹工務店の谷中伸哉です。今日の朝は冷え込みましたねぇ。ですけど、うって変ってお昼間は小春日和でなによりでした~

さて、そんな中現場では、ベースコンクリートの打設が行われました。コンクリート、正式にはフレッシュコンクートといいまして、よく生コンと言う呼ばれ方がされています。その名の通り生モノですので、コンクリート工場で練り込まれたモノは素早く打設しなければなりません。また、途中で継ぎ目が出来ない様に連続して行わなければならないので、次々とコンクリートが打ち込まれていきます。打設が終わると次は左官屋さんよって平らに均されていきます。足跡が付かない様に板に乗ってコテで丁寧に仕上げられていきます!

最後まで読んで頂いてありがとうとざいます。

基礎鉄筋工事完了

和歌山県田辺市を中心に『木の家』の注文住宅の新築、リフォーム、リノベーションを行ってます、谷中幹工務店の谷中伸哉です。

基礎の鉄筋工事が完了しました。

鉄筋には色々太さや形がありまして、住宅でよく使われるのは 異形鉄筋の13㎜のモノです。D13とかいう表現をします。異形というのは表面がデコボコしている鉄筋でその分コンクリートの付着が良いのです。鉄筋の種類や、鉄筋と鉄筋の間隔などは住宅ごとに検討して決められます。また筋違があったり、より力がかかる場所には、さらに補強筋といって鉄筋を割り増しします。

これらの図面を保険会社に提出してOKを貰ってから初めて着工が出来ます。本日、実際の工事が図面通りに出来てるかの保険会社の検査がありました。検査の方は無事問題なしという事で、現場は次の工程、コンクリート工事に進んでいきます。


最後まで読んで頂いてありがとうございます。

杉厚床板

和歌山県田辺市を中心に『木の家』の注文住宅の新築、リフォーム、リノベーションを行ってます、谷中幹工務店の谷中伸哉です。5時を回ると真っ暗ですね。なんだか遅くまで仕事をしている気分になります。そう言えば、昔バックパッカーでヨーロッパを回った時にスペインのマドリッドでは午後9時でも明るくてビックリしたのを思い出しました。そしてその時、スペイン人の夜行性ブリも垣間見まして、私、衝撃を受けました。そりゃぁ、お昼寝も必要になります(笑)

さて、前置きが長くなってしまいましたが、現場では床板が張られました。この工程の飛びよう、いかにご紹介が遅れていたかを物語っています。床板は杉の1等材の厚板です。30ミリあります。さらに、今回は赤身勝ちのモノを指定してお願いしました!ですので、杉の割に色合いが比較的均一になってます。


この後、養生をしたので床は隠れてしまいましたが、その前にすこし歩いてみました。やっぱり、杉の床板は歩行感が心地いいですね~

最後まで読んで頂いてありがとうございます。

地鎮祭

和歌山県田辺市を中心に『木の家』の注文住宅の新築、リフォーム、リノベーションを行ってます、谷中幹工務店の谷中伸哉です。

今日は新たに工事が始まるお家の地鎮祭を行ってきました。晴天に恵まれて幸いです。地鎮祭とは、とこしずめのまつり とも言いまして、その土地に神様を鎮め、その土地を利用させて頂く為の儀式です。そう言ったことから、工事の安全を祈願する神事という意味合いが強いです。一般的には神式で神主さんが来られて、執り行われますが、仏式もあるそうです。(そう言えば、以前お寺の庫裏の工事の時は和尚さんが自らやっておられました。)これから、工事が本格的に始まりますが、改めて工事の安全を願うばかりです!地鎮祭の祭壇です。↓

神主さんが現場で設営されます。周りの竹や縄は工務店の仕事なので、僕たちが設営しました!

最後まで読んで頂いてありがとうございます。

お引き渡し

和歌山県田辺市を中心に『木の家』の注文住宅の新築、リフォーム、リノベーションを行ってます、谷中幹工務店の谷中伸哉です。今日は夕方からの冷え込みが冬を感じさせましたね。

さて、お家の方は外構を少し残すのみとなりました。先日の土曜日にお施主さんのご家族と記念撮影をして、本日玄関のカギをお渡しました。報われるひと時ですね!手塩にかけて育てて来たお家を、無事にお施主様にお渡し出来るのは、もちろん嬉しい事なんですが、正直、ちょっぴりさみしくもあります。

これから、お施主さんにたっぷり愛着をもって可愛がってもらってその家族の一員となれる様、家守りとして文字通り見守っていきたいです!これからがまた新しいスタートですから。

最後まで読んで頂いてありがとうございます。

玄関収納設置完了

和歌山県田辺市を中心に『木の家』の注文住宅の新築、リフォーム、リノベーションを行ってます、谷中幹工務店の谷中伸哉です。台風の影響はどうも小さいようですね。一安心です!

さて、昨日玄関収納が設置されました。間接照明も取り付けられ、いよいよお家は完成です。照明は天井と玄関収納の下部、2か所に仕込んでみました。

玄関収納も今回も僕が作成した図面をもとに家具屋さんに作製してもらいました。建具の縦のラインがキレイに出てますね~玄関は家の顔なんて昔から言ったりしますので、毎回、少しドラマチックな空間になる様に意識してます。

最後まで読んで頂いてありがとうございます。

ほぼ完成

和歌山県田辺市を中心に『木の家』の注文住宅の新築、リフォーム、リノベーションを行ってます、谷中幹工務店の谷中伸哉です。今日は夕方になると結構冷え込んできましたね。冬を感じさせるお天気でした。寒いのは苦手なので、もう少し過ごしやすい季節が続いて欲しいです。

さて、現場では床の養生が上げられまして一気に雰囲気が変わりました。工事現場からお家に様変わりです。電気の引き込みも完了したので、照明も付けてみました。いつも、ワクワクする瞬間です!

う~ん、イイ感じです。後は美装屋さんと家具屋さんが玄関収納を付けてくれると完成になります!

最後まで読んで頂いてありがとうございます。

ハンドレール取付完了

和歌山県田辺市を中心に『木の家』の注文住宅の新築、リフォーム、リノベーションを行ってます、谷中幹工務店の谷中伸哉です。

今日はバルコニーのハンドレールが取り付けられました。ハンドレールとはバルコニーの手すりの事ですね。

今回はYKKapのシンプルモダンシリーズの床支持タイプです。外観がその名の通りモダンな感じになりました~格子と格子の間にはポリカーボネートが入ってますので、安全上も安心です!

これでお家の外観はほぼ完了になりました!

最後まで読んで頂いてありがとうございます。