杉材・Jパネルでつくる階段

和歌山県田辺市を中心に『木の家』の注文住宅の新築、リフォーム、リノベーションを行ってます、谷中幹工務店の谷中伸哉です。先日から秘かに?進めてました工事が完了しました!それは階段工事になります。仕上げは杉材とJパネルです。下の画像は階段の登り切った所から下をのぞんだアングルになります。踊り場で左に折れ曲がるL型の階段です。折れ曲がりが直角ではないので、大工さんと知恵を集めた部分です。

今度は踊り場から見上げた画像です。階段の踏み板などは杉材を使ってます。今は杉の源平(赤い部分と白い部分)の色目の差が大きいですが、時が経つにつれていい具合に馴染んでくれる事でしょう~ちなみに蜜蝋ワックスで仕上げてます。

こちらは踊り場の画像です。踊り場のサイズが大きくなったのでこの部分はJパネルを使いました。Jパネルは杉材を3層構造にしたパネル材です。断面を見ると3層になっているのが分かると思います。その感じが綺麗なのでそのまま断面を見せています。

図面作成から現場での打ち合わせと何かと頭を悩ませた現場でしたが、最後にお客さんにねぎらいのお言葉を頂きまして、そんな事も吹っ飛びました。この仕事をさせて頂いて感じる事の出来る醍醐味の一つです!

最後まで読んで頂いてありがとうございます。