桧材でつくるオープン階段

和歌山県田辺市を中心に『木の家』の注文住宅の新築、リフォーム、リノベーションを行ってます、谷中幹工務店の谷中伸哉です。なにやら大きな台風が近づいてきているようで気が気でない日が続きそうです(涙)大した事がなければいいのですが。

さて、お家づくりの方は只今、桧材、オープン階段の施工真っ最中です。昔ながらの大工さんが木を刻んでの階段です。
材は桧、側板、発注は贅沢にも3面無地(節のないもの)1面上小(ごく小さい節のあるもの)ですが、実際に届いたものは4面無地の特上品です。大工さんの手にも緊張が走ります(笑)
↓こちらのその材、木目の素直ないい桧です!

ちなみにこちらは裏側にあたる面、美しいです~
図面は普段、プレゼンテーションは3次元CAD、現場で大工さんが使うものは2次元CADと使い分けてます。2次元CADのいいところはプリントアウトの時に縮尺を選べる所です。ですので1/1にも耐えうるような書き込みを行いますとそのまま原寸図として使えるので、階段の様に平面に高さを加えるような納まり、簡単にいうと斜めに上がっていくようなものでの現場での打ち合わせに効果を発揮してくれます。
ちなみに最初の2段は廻り階段です。こちらは桧材の巾はぎ材、これまた綺麗な材です!

 

こちらのオープン階段、打合せ段階で鉄の側板にするか、木の側板にするか?などなどと検討を重ねてきたところですので、こうやって出来上がってくると感慨深いものがあります!

美しい側板でしたが、踏み板もそれにも勝るとも劣らない美しさ!同じく3面無地1面上小の発注ですが、これまた綺麗な4面無地がやってきてます!桧は桧でその佇まい、凛としていて何だか身が引き締まるものがあっていいもんです!
まずは登る側からのアングル、取付がされた側板に踏み板が施工されてます!

 

 

こちらは反対側、降りる方からのアングル
見た瞬間、ハッとするような綺麗な桧さん達です!

 

この桧さん達は剣術の達人ばりに隙がなく(笑)、裏側から見てもこの通り~さすがの4面無地です!
ちなみに、この部分は建物の真ん中に位置しますので、トップライトで光を取り入れる様にしてます。

 

こんな感じで工事は着々とすすんでおります!

最後まで読んで頂いてありがとうございます。