長男 一樹 誕生日 僕にとって特別な日

和歌山県田辺市を中心に『木の家』の注文住宅の新築、リフォーム、リノベーションを行ってます、谷中幹工務店の谷中伸哉です。

最近のブログはタイムラグがありまして(汗)先日、6月27日に第3子、長男の一樹が無事に1才となりました~

産まれてくる時こそハプニングがありましたが、生まれてこのかた大きな病気もなくスクスクと育ってくれてます。
次女もえちゃんに無茶なカラミをしてみたりと最近は男の子らしく、ちょいとやんちゃになってきてます(笑)

ハプニング。
1人目2人目は比較的スムーズに産まれてくれたのですが、一樹の時は急遽の帝王切開。手術の同意書にサインをしたのですが、その手術理由に胎児仮死と書いてあったのを見た時の衝撃。今、思いだしただけでもゾッとします。
無事に産まれてきてくれる事の有難さを3人目にして強烈に教えて貰いました。産まれたばかりの一樹の抱いた時の温かさや重み、普段の生活で無意識になりがちな命の大切さを噛みしめた瞬間でした。

今、当の本人は一歳を迎えそんなこと露しらずといった感じで自由を謳歌してます(笑)
一年前の一樹と奥さんの頑張りは僕の胸に刻まれ、彼の誕生日がくる度に如実に思い返されるようです。
そんなこんなで、一樹の誕生日は僕にとって特別な日なのです。

PS 最近の僕は次女もえちゃんのムチムチ感のとりこです(笑)