木製無垢玄関ドア Nドア 杉なぐり仕様

和歌山県田辺市を中心に『木の家』の注文住宅の新築、リフォーム、リノベーションを行ってます、谷中幹工務店の谷中伸哉です。

先日現場に楽しみにしていたものが取り付けられました。木製無垢玄関ドアです。今回は杉になぐり加工をほどこしたものです。

木製無垢玄関ドア Nドア ナグリ仕様
木製無垢玄関ドア Nドア ナグリ仕様

以前、木製ドアを採用してからその虜になってます(笑)今回はまた違った趣でより手仕事を感じられるシロモノとなってます。

以前書いた 木製ドアの記事は こちら

こちらの木製無垢玄関ドアは㈱アイランドプロファイルの『Nドア』と呼ばれているものです。建築家の故永田昌民氏がよく用いられた事でメーカーさんの社内での通称がそのまま商品名になったとの事。こういった物語りがあるものってグッときますね。その名に恥じないように、きっちり工事を進めて行きます!

最後まで読んで頂いてありがとうございます。

軒天の仕上げ方 木(杉羽目板 本実加工)とケイカル板

和歌山県田辺市を中心に『木の家』の注文住宅の新築、リフォーム、リノベーションを行ってます、谷中幹工務店の谷中伸哉です。ただいま建築中のお家、外部工事も進んで来ておりまして軒天の 『杉 上小材羽目板』も順調に張られていっています。昨日の夕方、西日を受けたのが綺麗で思わずパチリ(笑)

外観の印象を決めるもの 佇まいや外壁材や屋根材と、いくつかありますが軒天も大切な要素のひとつです。今回のテーマは『軒天』です!

杉 上小材羽目板を張った軒天の画像
杉 上小材羽目板を張った軒天

軒天(のきてん)とは

軒裏(のきうら)とも呼ばれます。地上から屋根の裏側を見上げた部分をさします。タルキを見せる仕上げとタルキを隠しす仕上げがあります。今回のお家はタルキを隠した仕上げ、下の画像はタルキを見せる仕上げ方です。与える印象は随分と変わってきます。タルキを見せる仕上げ方の場合は屋根の通気のとり方に工夫が必要となってきます。

化粧タルキを見せた軒天
化粧タルキを見せた軒天

仕上げ材の種類 木とケイカル板

隠す場合も今回のように木を使用する場合と『けいさんカルシウム板』通称ケイカル板を使用する場合とがあります。準防火や防火の指定を受けていると木は使えないですが、そんな時はケイカル板の出番となります。ちなみに田辺市やその近郊市町村の場合は木は使用することができます。

ケイカル板のメリットは防火性が高い事とコストパフォーマンスに優れている所です。しかし、木の美しさも捨てがたい。悩ましいところです。下の画像は白いそとん壁に白く塗装したケイカル板の外観です。すっきりとした好きな組み合わせの一つです。そとん壁についてはリンクをご覧ください。詳しく書いた記事となります。

軒天にケイカル板を張ったお家
軒天にケイカル板を張ったお家

木 羽目板とは

天井(今回の場合は軒天)や壁の板張りに使われる板のことです。板と板の接合方法には、本実(ほんざね)雇い実(やといざね)相しゃくり などがあります。今回は板を留めつける釘が見えない本実(ほんざね)加工を施した板を使ってます。

本実加工 凸凹してます。

本実加工とは下の画像の様に、板をくっつける時に板同士がかみ合う様に、板のそばに凸凹の加工がしてあるものです。床板にも、同じ加工がされているのが一般的です。

本実加工 凸凹をほどこした羽目板
本実加工 凸凹をほどこした羽目板
本実加工 凸凹がくっつくいた状態
本実加工 凸凹がくっつくいた状態

本実加工を行うと凸の部分に釘を留めつけてから、凹の部分を差し込んでいくので、留めつけた釘が見えなくなるのが特徴です。羽目板だけのすっきりとした雰囲気となります。

凸の部分に施工された釘の画像
凸の部分に施工された釘

まとめ

一言に軒天といっても色々な仕上げ方があります。まずは屋根の通気をきちんと確保したうえで、どのような仕上げ方が良いか検討してはいかがでしょう? 軒天は意外と目に入るのでご自身のお好みをきちんと反映させたものをお薦めします。

最後まで読んで頂いてありがとうございます。

ホームページのSSL化 さくらインターネットの場合 ※追記あり

和歌山県田辺市を中心に『木の家』の注文住宅の新築、リフォーム、リノベーションを行ってます、谷中幹工務店の谷中伸哉です。昨日は大阪で『新住協』の勉強会がありました。今回はいつもと趣向が違って『WEBマーケティング実践』の発表がクオホームの本田さんから行われました。

クオホームさんはWEBをキチンと機能させてらっしゃる希有な工務店さんです。きちんと実践されている方のお話はためになりますし、まさに目から鱗の連発でした。方法論も論理的で取り組まれており、やみくもに!?ブログを書いている私としては見直さないといけないと反省ばかりです(涙)

そのなかでホームページをきちんと『SSL化』しないといけない!とのお話も出ました。出来てないHPはこういったものです!!と参考画像も紹介されましたが、ん、何か見た事あるホームページ・・・うっ当工務店ではありませんか~ (あまりのショックに写真を撮り忘れた(ウソ)

実はなってなかった自覚はあったのです(涙)お尻を叩かれた気分です。そして本日重い腰を上げて、SLL化に移行しました。難しいと思って敬遠してましたが、以外とスムーズに行えました(笑)本田さんありがとうございます!

実はホームページは自作しているのですが、自作に限界を感じつつある今日この頃です(笑)

SSLとは

ホームページを閲覧しているユーザーさんとのやり取りを暗号化する仕組みです。悪意のある第3者に中身を盗みみられて悪用するのを防ぐためにはSSL化必要です。

SSLって必要

当工務店の場合ですと、クレジットカードでの決済などをホームページ上で行っていません。同じ様な形態の方だとそこまで必要ないのでは!?と考えるかもしれませんが、グーグルがSSLを推奨しており、検索順位への影響がこれから大きくなると考えられます。つまりSSL化しているページはより上位に、していないページは下位にとなっていってしまいます。WEB上ではグーグルさんは絶対神なのです。

SSLってどうやってするの?まずはSSLサーバー証明書を発行してもらう!

当工務店のホームページは『さくらインターネット』という会社さんからサーバーを借りて、ワードプレスで作成しています。SSL化の手順はサーバー会社によって費用や方法に違いあるようです。『さくらインターネット』の場合は無料でSSLサーバー証明書が発行してもらえました。ただSSLサーバー証明書の発行までの時間は数十分~数時間と巾があるようです。私の場合は15分ほどで手もとに届きました。

『さくらインターネット無料SSLの手順』

ワードプレスでホームページを作っている場合の手順

SSLサーバー証明書が手に入ると、ワードプレスに常時SSL化のプラグインをインストールすると自動的にページはSSL化してくれます。アクシデントあるといけないので、きちんとバックアップを取る事をお勧めします!手続きもWEB上で行え、作業にようした時間はSSLサーバー証明書をいれて小1時間でした。

『ワードプレス常時SSL化プラグインの使い方』

まとめ

いずれ対応にせまられるSSL化。それなら早いうちから対応しておく方が良いかもしれません。SSL化する事によってページの評価が上がって検索にも有利に働く様ですし!(今のところは少~しの様ですが(笑)

今回から記事に目次が付けられるようになりました。これも勉強会で教えて頂いた賜物です!最後まで読んで頂いてありがとうございます。