きみの友だち 本棚と小説と子供の成長

和歌山県田辺市を中心に『木の家』の注文住宅の新築、リフォーム、リノベーションを行ってます、谷中幹工務店の谷中伸哉です。今回はひさびさに読書がテーマ。

普段は仕事がら建築系の本を読む事が多いです。事務所の本棚も以前はカタログの比率が高かったのですが、今ではその勢力は陰をひそめ、様々な建築系の書籍がならんでます。仲良くさせて頂いてる工務店さんや建築士さんの事務所にお邪魔する機会があるとついついその本棚に目がいってしまいます。結構同じ本を持っていたりしてほくそ笑んだり(笑)はたまた知らない本などがあったら触発されて買ったりしてます。

わたしの本棚の一部
わたしの本棚の一部

小説もムラがありますが読んでます。学生時代は歴史小説、それも司馬遼太郎さんの著作が好きで色々と読み漁ったものです。小説も気に入ったものは手もとに置いておいて読み返したりもします。読むときの年齢や気持ちで感じ方が違うのが小説の面白いところだと考えているからです。重松清さんの『きみの友だち』もまさにそのような作品。

司馬遼太郎 国盗り物語 好きな作品の一つです。_
司馬遼太郎 国盗り物語 好きな作品の一つです。

初めて読んだのはもう随分と前で10年程前になりますが、印象に残っている本の一つです。主人公たちを中心に様々な視点や時間軸で、それまた様々な友だち、友情について書かれてまして、きれいだけではなく、少し生々しいお話も盛り込まれてますが読後感は爽快でした。

友だちはたくさんいた方がいいんだろうか?

親友と呼べる友だちが一人いればいいんだろうか?

それもと、友だちなんかいらないって突っぱねる方がいいんだろうか?

女の子同士のやり取りが中心なので、男子の僕には良く分かってない所もあるんでしょうが、友だちっていう存在に対して色々な想いを教えてくれました。

学生時代を終えて、気が付けば社会人となり20年が経とうとしてますが、改めて、いい友だちと巡り合えたなと気付かせてくれた作品でした。

その『きみの友だち』を先日、久々に読み返してみました。10年前と違うのは2人の女の子と1人の男の子の父親となったこと。前は自分に置き換えて読んでいたのが、今度は自分の子供に置き換えて読んでしまいます。自分と同じようにいい友だちとの巡り合わせが、これからあれば良いのにな。友だちっていう存在を自分の中できちんと考えて大事に出来る人になって欲しいなと感慨深くなってしまいました。

そんな事を考えていると小学4年の長女が『ちょっと読んでみた』 と話しかけてきてハッとしました。大きくなってきたなぁとは感じていましたが、その成長を違う一面で垣間見た気分です。読み終えたあと彼女はどう感じるのかな?小説の新たな楽しみを感じます。

良いなと思った小説はこれからも置いておいいきます。それは今までは自分のためだったのが、自分の子供のためにもなるのだと気付いたからです。

皆さんも良かったら手にとってみて下さい。

重松清 きみの友だち
重松清 きみの友だち

最後まで読んで頂いてありがとうございます。

建設業の許可の更新 はやいもんで5年が経ちました

和歌山県田辺市を中心に『木の家』の注文住宅の新築、リフォーム、リノベーションを行ってます、谷中幹工務店の谷中伸哉です。だんだんと気温も高くなって来てます。気付けばもうすぐ6月、工務店泣かせの梅雨がやってきそうで、戦々恐々としていますww

さて、先日県事務所に行って来ました。目的は新しくおりた建設業の許可の更新通知を受け取る為です。新規の申請ほどではないですが、少々ややこしい書類作成でしたのでホッとしております(笑)早いモノで工務店の代表を代替わりしてから丸5年、1度目の更新の手続きでした。

実は建設業、軽微な工事はそのような許可がなくても工事が出来てしまいます。軽微な工事とは下記の通り!

1.新築の場合1500万に満たない工事 又は延べ面積が150㎡に満たない木造住宅工事

2.新築以外(リフォームなど)の建設工事にあたっては500万未満

ですので許可をとらなくても一般的な感覚では軽微とは思えない工事でも出来てしまうモノがはたくさんあるという事になります(汗)

許可をとるとこれ以上の規模や金額の工事も請負する事が出来ます。(ゼネコンさんなどもお持ちの特定建設業などもありますが、住宅でしたら一般建設業で十分だと考えてます。)しかし、許可をとる為には『経営経験』や『実務経験』、『有資格者』、『資本金』、『事務所がある』などの要件を満たさないといけませんので、誰もがとれると言う訳ではありません(エッヘン)また、更新する場合も年に一度決算後の変更届けと言う、財務諸表等をしめした書類を提出しないと更新を受ける事は出来ません。

逆を言えば建設業の許可をとっている場合はこれを満たした工務店等といえるので、ひとつの目安になるのではと考えてます。

一つの区切りを迎えまた新しいスタートを切った気分です。心機一転頑張らないと!

最後まで読んで頂いてありがとうございます。

 

高性能住宅とQ1住宅(きゅーわんじゅうたく) その違いは?

和歌山県田辺市を中心に『木の家』の注文住宅の新築、リフォーム、リノベーションを行ってます、谷中幹工務店の谷中伸哉です。新住協関西支部の仲間でつくったポータルサイト『注文住宅なら体と財布にやさしいこれからの家 新住協のQ1住宅』のコラムの当番が回ってきました。今回は『高断熱住宅とQ1住宅の関係は?』をテーマに銘打って書かせて頂きました。

高断熱住宅を検討する場合、その住宅の燃費計算が大切です。Q1住宅(きゅーわんじゅうたく)はかつ、その燃費性能まで踏むこんだ住宅をさしています。ではどのようなものでしょう?良かったらご覧になって下さい。

『高断熱住宅とQ1住宅の関係とは?』

山から木はやってくる きちんと育ててきちんと評価できる地元材 製材編

和歌山県田辺市を中心に『木の家』の注文住宅の新築、リフォーム、リノベーションを行ってます、谷中幹工務店の谷中伸哉です。今日はGWの中日、通常運転しております。(笑)

さて、続きモノにするつもりはなかったんですが、ノープランで書き進めるウチにそんな流れになってしまいましたので突き進みます(笑)前回の山長商店さんに伺った続きです。

前回の記事 山から木はやってくる きちんと育ててきちんと評価できる地元材 山編 架線集材みてきました

まず玉切された木は土場と呼ばれる所に集められて大まかにサイズにより仕分けられます。今回はこの土場でお昼を頂いたのですが、天候も良く心地よかったです。やはり外飯は良いですね~

土場 山で伐採された丸太は一旦ここに集められます。
土場 山で伐採された丸太は一旦ここに集められます。

その次は製材所へと運ばれると、まず皮が剥かれます。鉛筆削りのでっかいのを想像して下さい。グリグリ削られていきます!画像左に見えるのが皮をむかれた木材、そして右手に見えるのがむかれた皮です。この皮は大量に出るそうで乾燥機の燃料に使われうとの事。

皮をむかれる丸太
皮をむかれる丸太

その次に職人さんの目利きにより様々な用途のサイズに製材されていきます。それと同時にコンピューターによる自動選別も行っておられてレトロな工場に最新鋭機器ってアンバランスな感じがそそります

その後、乾燥機にかけられるのですがコイツが優れものなんです!その名も減圧型の乾燥機!! って言われてもピンときませんね。そこで簡単にご説明させて頂きますと高い山でインスタントラーメンを食べたらぬるいラーメンで美味しくないというお話を聞いた事がないでしょうか!?これは気圧が低い為、水の沸点が低くなり低い温度で水が沸騰してしまうからなのです。これと同じように乾燥機の中を減圧してから温度を上げる事により、より低い温度で木材が乾燥するという仕掛けなのです。どんなメリットがあるかといいますと、まず、木にかけるストレスが減らす事が出来るので木の色艶が保たれたまま乾燥する事が出来ます。また人工乾燥材で問題になる内部割れも緩和できるとの事。当工務店に山長商店さんから納材される木材もネットに見かけるような焦げた感じの木材や内部割れが入った木材にお会いした事がないのは、この減圧型の乾燥機のお陰なのですね!

減圧式乾燥機
減圧式乾燥機

このような工程で出来上がった木材は一本一本強さの基準であるヤング係数や含水率が測られて刻印されていきます。当工務店が山長商店さんの木材にお世話になっている理由のひとつが、この一本一本の木の性能をキチンと表示している所です。この木材を使う事によって、木造住宅でもよりキチンとした構造計算を行う事が出来るのです。

含水率とヤング係数を計測する機器
含水率とヤング係数を計測する機器

計測された数値はディスプレイに表示されます。少々見難いですが、上にE110 下にSD20 と読みとれます。計測した木はヤング係数が110以上 木材の乾燥具合を示す含水率が20%以下である事をしめしています。

含水率とヤング係数の計測結果
含水率とヤング係数の計測結果

今回は普段木材でお世話になっている山長商店さんのお話でした。綺麗で、強く、そして地元の木、使わない手はないですね!

最後までありがとうございました。