木は濡れても大丈夫!?乾燥材と新築工事と雨養生

和歌山県田辺市を中心に『木の家』の注文住宅の新築、リフォーム、リノベーションを行ってます、谷中幹工務店の谷中伸哉です。先日棟上げしたお家の屋根の下地工事が完了しました。雨対策で外周もぐるりとブルーシートで囲う事が出来て、ここまで来ると一安心です!今回は久しぶりの日本瓦葺き、そのため屋根の下地工事に手間がかかりますので、いつもより増して天気予報と睨めっこでした(笑)このように新築工事は屋外でするため天気の影響をもろに受けます。今日はその辺りをテーマにしたいと思います。

木は濡れても大丈夫!?

新築工事中でまだ外壁や屋根が出来ていない状態では、雨で木材が濡れる恐れがあります。では、木は濡れてしまっても大丈夫でしょうか?

木材に含まれる水分

最近は木材に乾燥材が使われる事がほとんどです。木材に含まれる水分には『自由水』と『結合水』があります。その違いは木材の細胞の中にある水分かどうかです。『自由水』は細胞の外、『結合水』は細胞の内にある水分となります。

結合水まで蒸発した乾燥材の特質

木材を乾燥させるとまず『自由水』から蒸発してなくなっていき、『自由水』が無くなった木材の含水率(木材の含む水分量を、木材そのものの重さをもとにした比を百分率で表した数値)は30%程となります。

その後さらに乾燥が進むと『結合水』が蒸発していきますが、結合の名の通りしっかりと木材と結合された水分なので、きちんと蒸発させるのには骨が折れます。しかし、その分、細胞内の『結合水』が蒸発すると再び水分が細胞の中に入るのは、煮沸などをしない限り困難となります。『結合水』まで抜けた時の含水率は15~20%となります。

木は“少々”濡れても大丈夫

『結合水』まで蒸発した木材の特質(細胞内の『結合水』が蒸発すると再び水分が細胞の中に入るのは、煮沸などをしない限り困難)から少々の雨でただちに悪影響が出る事はないです。表面が濡れてしまっても木材の内部まで入り込む恐れがないからです。そういった意味からもきちんとした乾燥材を使う必要があります。しかし、長雨にさらされるとカビなどが生えてしまう事も考えられるので楽観は出来ません。

しっかりと雨養生

新築工事などの現場は私たちにとっては我が子の様なもの。これに共感してくれるつくり手は多いと思います。少々の雨は大丈夫とは知識としては持っていても少しでも濡らしたくないと思うのが心情。いつも天気予報とにらめっこしながら、いかに濡らさないと苦心しているのです。この仕事をしていると天気予報と雨雲レーダーのヘビーユ―ダーとなります(笑)

しっかりと雨養生が行えた現場
しっかりと雨養生が行えた現場

最後まで読んで頂いてありがとうございます。

番付けと木くばり 杉・桧化粧材を使う

和歌山県田辺市を中心に『木の家』の注文住宅の新築、リフォーム、リノベーションを行ってます、谷中幹工務店の谷中伸哉です。先日、山長商店さんに行って来ました。山長商店さんは私たちの地元田辺市にある江戸時代から林業を営んでいるまさしく老舗です。老舗でありながら、最新の木材の乾燥技術を取り入れたりそれと一貫されたプレカットをされてまして、僕たち作り手である工務店には心強い存在です。

訪問目的は化粧材の番付です。建物の骨組みである柱や梁でそのまま内部の仕上げとして見えてくる部分を化粧材と呼び、番付けとは、それら見える柱(化粧材)にどの木を使うかをまた、どの面を見せるかを選ぶ作業になります。平面図でどの面が見えるかを確認して完成も想像し、実際に木肌の様子を見ながら一本一本選んでいきます。この作業はいつも親方と二人で行ってますが、今回は実弟大工を交えて3人で行いました。完成を想像しながら、ケンケンガクガク意見を交してやってます。

MOKスクールを主宰されていたMs建築設計事務所の故三澤康彦先生がその講義のなかで、番付けの事を気配りとかけて木配りておっしゃってましたが、この作業の僕たちつくり手の気持ちの本質を語っているようで本当にいいお言葉です。

今度のお家は久しぶりの真壁といって柱が見える造りになります。そして、その柱も桧。真壁の桧普請となります。

大黒柱も今回は登場します。後ろには山積みの木材が
大黒柱も今回は登場します。後ろには山積みの木材が

もちろん良い木を出して頂いていたのですが、そんな時は僕も欲が出てしまいまして、もっとイイ木がないかなぁと、うんうん唸っていると担当の方が、再度他の木を出してくれるとの事。その心遣い、同じモノを作る者として嬉しい限りです。そして今回伺って決めて来ました木は、そんな欲張りな僕も満足の一品でした。棟上げの時にその梁や柱が組まれる姿を想像するとニヤついてしまいます(笑)

番付の終わった桧化粧柱。見える面や柱の位置をしめす番付が木に書き入れられます。
番付の終わった桧化粧柱。見える面や柱の位置をしめす番付が木に書き入れられます。

こちらは以前のお家で番付した化粧梁。杉材になります。こちらも良材でした。

 選ばれた杉化粧梁はこのあとプレカットへと向かいました。
選ばれた杉化粧梁はこのあとプレカットへと向かいました。

で、実際にお家の一部となった杉化粧梁さん。惚れ惚れです!白い内装と杉。ベストマッチのひとつだと思っとります。こういうのを想像しながら、番付をおこなっております。

勾配天井。化粧梁と厳密には化粧母屋(笑)
勾配天井。化粧梁と厳密には化粧母屋(笑)

改めて良い木が多くてきちんとした製材所がある和歌山、紀伊半島って有難いです!

最後まで読んで頂いてありがとうございます。

吹抜けと障子 革の取っ手 Tongue 小泉誠さん

和歌山県田辺市を中心に『木の家』の注文住宅の新築、リフォーム、リノベーションを行ってます、谷中幹工務店の谷中伸哉です

2階の吹抜けに面したところに障子を取り付ける事があります。2階と1階が柔らかくつながる感じが気に入ってます。

田辺市吹抜けのある家
田辺市吹抜けのある家

田辺市吹抜けのある家 完成画像はこちら

障子は桟が吹抜け側から見えるようになっています。実はそこで問題が発生します。2階側からは桟の上に紙をはっているので、手が掛かるところがない。つまり、あけずらい問題。下の画像がそう、紙を破いてしまう恐れが大です。

そこで登場するのが 革の取っ手『Tongue』小泉誠さんのデザインです。これをとってに使うことで問題が解決します。上の画像もよく見ると黒いものが見えますが、それが『Tongue』です。機能を果たしながら、さりげないので気に入ってます。

革の取っ手 Tongue 小泉誠さん
革の取っ手 Tongue 小泉誠さん

こちらもむかって左側にちらっとみえてます。

デザイナーの小泉誠さん

2013年、かれこれもう6年前に講義をきく機会がありまして、そのデザインはもちろん、考え方にも触れることが出来てすっかり感銘を受けました。その時のレポートが下記の文章です。よかったら、読んでみて下さい。

『先日14日はMOKスクール大阪最終日、早いもので僕にとって4回目の最終日です
MOKスクールの講義に来て頂いている講師陣の方々は本当に多種多様、それゆえに講義ごとに改めて木造建築の奥深さを痛感しきりです。今回は木造建築の防火のエキスパート安井昇氏とデザイナー小泉誠氏が講義して下さいました。その中でも小泉誠氏の講義を取り上げさせて頂きたいと思います!

言わずと知れた日本を代表されるデザイナー。田舎モンの僕なんかはそう聞くとついつい都会で机の上でデザインさているのかな、なんてうがった思いをしてしまいますが、その考えは気持ちの良いぐらい裏切られます(笑)

氏は様々な地方都市でモノづくりを実践されてます。有名な地方都市もありますし、それこそ初めてその名を知るような所もあります。そしてそれらの地に足を運び、それぞれの地域ならではの素材、技術、想いを込めてモノづくりをしている様子をお話し頂けました。
その物語を伺っているとモノづくりやその地域に、真摯に誠実に向かい合われている様が目に浮かぶようでした。その地域の為にどのようなデザインを形づくるか?そのデザインを通じて地域の産業は元気になるか?出来上がる形としてのデザインだけではなく、そのモノづくりの過程をも覚悟を持ってデザインされ取り組んでおられる様子が伺い知れました。
形だけなら真似する事は出来るかもしれませんが、その思いは決して真似る事の出来ない、総じて小泉氏のデザインは誰にも真似する事は出来ないモノなのでしょう!

講義をお聞きして、それらのデザインに込められた様々な物語りが一層そのモノとしての魅力を増していき、そのモノを使ってみたい、そのモノを手に取ることでその物語りの一員になりたい、という新たな思いが自分の中でフツフツと湧いている事に気付きました。
そんな思いを込めて、そしてその思いをみなさんに気付いてもらえる。僕たち建築に携わる者にとっても根っこともいえる大切な事を改めて教えて頂いた様な気がします。

来年の目標はこいずみ道具店に伺う事、そう決めたMOKスクール最終日でした。』

最後まで読んで頂いてありがとうございます!