勾配天井のある家 和室天井大工造作完了

和歌山県田辺市を中心に『木の家』の注文住宅の新築、リフォーム、リノベーションを行ってます、谷中幹工務店の谷中伸哉です。今日は暖かいですね。この調子だったら、遅れている桜も

いよいよ花を咲かせてくれそうですね。

さて、現場の方は着々と進行してまして、和室の大工さんの造作もほぼ完了しました。

勾配天井の感じが綺麗だったので、床の間の上の壁を造らず、その流れが見通せる様に変更しました!木材の高さなんかも、現場で実際にあてがって決めた苦心の空間です。

作業用の蛍光灯が不格好ですが、それ以外はイイ感じです。勾配天井以外の平天井の材料が最後まで色々悩んだんですが、勾配天井を際立てせるのに重きをおして、底目天井の柾目と言われるあっさりしたモノに決めました。これで、壁が左官屋さんによって仕上げられるとグッとと雰囲気が出てくるので、楽しみです。