建具は引き戸

和歌山県田辺市を中心に『木の家』の注文住宅の新築、リフォーム、リノベーションを行ってます、谷中幹工務店の谷中伸哉です。先日、お問い合わせを頂いた住まい手候補の方をOBの住まい手のお家にご案内させて頂きました。モデルハウスを持たない(持てない!?)当工務店といたしましては、そういったお願いにご協力頂ける住まい手がいらっしゃる事は心強いことです!そのなかで出ましたご質問から、今回のテーマは『建具と引戸』

建具とは

『建具』 建具と住宅は切っても切れない仲。毎日開け閉めしますし普段の生活によくかかわるモノです。また空間のデザインを考えた時も、パッと目に付くのでこれまた重要な役割を担ってくれてます。

建具の選定はプランニングから始まります。

プランニングを見る時はついつい部屋の位置やつながり、動線や収納量などが気になりますが、建具がどんなものかも実は重要です。私はプランニングを行う際には、極力引戸にするようにします。正直、開き戸(ドア)の方がプランを作成するうえでは、楽!?ですが、極力そうしています。プランが出来上がってから、引き戸をドアに変更する事は可能ですが、その逆は難しいからです。

引き戸のプランを考えるのは大変!?

引戸はドアと違って、建具が納まる壁が必要なので図面を書くほうといたしましては苦労する事が多々あります。建具のとなりに建具と同じ巾以上の壁が必要なのです。また、スイッチやコンセントも建具が邪魔で取り付けなかったりするので尚更です。その点、ドアはそのような事を気にせずにドアの事だけを考えてプランニングは行えます。そう考えると引き戸のプランは大変だといえます。

それでも引戸がいい! そのメリット

引戸は大変。でもそれは造り手の事情(笑)住まい手にはたくさんのメリットがあります。その後の生活の快適性を考えたらしなければいけない苦労だと考えてます。ドア(この記事では開き戸の事です)と違って開けたままでも邪魔にならないですし、開け閉めの際も体の動きが少なく安全です。少し開けておくなんて事も可能ですしね。部屋と部屋を繋いだり、閉ざしたりするもの自然に行えます。最近はハンガーレールをつかった上吊戸になっていますので、床もシームレス(敷居がない)に作ることができてスッキリ感も増しています。

最後に

杉赤身材建具 片引戸

こちらの画像は杉赤身材の建具。玄関から入るとまず見えるシーンです。色んな材で建具を製作してますが、杉赤身材の建具は好きなもののひとつです。左手の玄関収納がラワンベニアで製作したので、それに色みを合わせてご提案させて頂いたものです。全体の雰囲気を考えながら素材は吟味していきます。あ~でもないこ~でもないなどと悶々としたりしますが、出来上がった住宅を住まい手と共感出来た時、それなんかは全部吹き飛んでしまいます。私もこんな玄関で迎えられたいものです。アパート住まいなもんなので(笑)

そうそう、建具は建具屋さんに作ってもらいましょう。

最後まで読んで頂いてありがとうございます。

カーポートが台風で壊れた時にする事

和歌山県田辺市を中心に『木の家』の注文住宅の新築、リフォーム、リノベーションを行ってます、谷中幹工務店の谷中伸哉です。台風や地震で被害にあわれた方には心よりお見舞い申し上げます。

当地方でも台風が立て続けにやってきましたが、特に台風21号の被害が多いようです。瓦屋さんや板金屋さん、電気屋さん、サッシ屋さんは多忙をきわめておられるようです。

当工務店にはカーポートが被害にあわれた方の相談が多く寄せられました。こんなに対応した経験がなかったので、今回の台風の風の強さを改めて感じています。

カーポートは壊れる!?

カーポートは強い風があたり吹き上げられると屋根が飛んでしまう事が多いです。屋根が無くなる事によって風がぬけ、カーポートの骨組みまで壊れないようになっているとの事。しかし、壊れてしまった場合はどうしたら良いでしょう?

火災保険の内容を確認する

住宅を新築された場合は火災保険に加入されると思います。その中で風災に加入されているおり、建物付属物も保険の対象とされている場合はカーポートの屋根を直す工事費は保険の対象となります。保険証を今一度確認される事です。その時に免責金額もご確認下さい。

免責とは

保険には免責というものがあります。例えば免責金額が5万円なら5万円以下の工事費なら保険がおりません。免責金額は0円~10万円で設定出来る事ができ、免責金額が多いほど保険料は抑えられます。免責と保険料。これから火災保険に加入される方はこの二つのバランスを考えながら費用を検討して下さい。

また、工事費の100%でるもの、90%でるものと加入されている火災保険によって出る金額も変わってきます。

まとめ

保険証を確認されて、保険がおりるようでしたら、まず保険会社に連絡し、それから建てられた工務店さんなどに連絡して見積りをしてもらいましょう。保険金は住まい手におりますので、工事費は住まい手が工務店さんなどに支払う形となります。

他に被害はないか、台風がたちさって安全が確認できたら、家のまわりをくまなく点検してみて下さい。