カテゴリー別アーカイブ: 家づくりの流れ

土地探しで失敗しない秘訣

和歌山県田辺市を中心に『木の家』の注文住宅の新築、リフォーム、リノベーションを行ってます、谷中幹工務店の谷中伸哉です。家を建てるとき まず 必ず 必要なものの一つは 敷地。敷地がないと 家を建てることはできません 。

ご両親が土地を持ってらっしゃったり、建替えの場合は 土地を購入する必要はありませんが、 そうでない場合には土地探しという大きな関門!?が待ち構えてます。それでは失敗しない土地探しとはどういったものでしょう?

順序が大切

土地を探す場合、まず不動産屋さんに行って希望の場所や大きさ、予算をもとに土地を探し、購入するという方が多いのではないでしょうか?

それから実際にお家を一緒に建てる工務店やハウスメーカーを決めるという流れになると思いますが、これは失敗するリスクをかかえた順序です。

土地を探して購入することは 大切ですが、 目的は あくまでも家を建てることです 。土地を買うことが目的ではありません 。土地を買ってそこに家を建てて 豊かな暮らしをすることが目的なのです。 その目的を果たすためには知って おくべき順序というものがあります。

予算を知る 資金計画を立てよう

土地をお持ちの方もそうですが、まずしっかりとした資金計画を立てましょう。家作りの総予算は考え方は 自己資金と 住宅ローンの 合計です 。それにご両親の 贈与があり プラスアルファされることもありますが、 基本的は 自己資金と 借りる住宅ローンの合計です 。

この決められた予算の中で 土地の購入資金が 多すぎると 、思うようなお家が建てられなかったり、 お願いしたかった建築会社にお願いできなくなったりする恐れがあります 。土地と建物 とそれから必要になるであろう諸々の諸費用 。そういったものを合わせた 家づくり計画全体の資金計画を把握しておくことが大切なのです。そこをきちんとしておけば 安心して 建築の計画を進めることができます 。

最近はアプリなどでも借り入れのシュミレーションが出来たりしますが、お目当ての工務店さんがおありなら、相談される事をオススメします。家の費用はハウスメーカーや工務店さん、住宅会社によって様々だからです。

土地を購入する前に下見してもらいましょう。

次に きちんとした資金計画が立てられて 予算内に と家に巡り会えても まだ購入してはいけません。土地探しや、土地を購入する前に検討している工務店さんなどに一度下見してもらいましょう。

後からお金のかかる土地がある 高低差に注意

すでに土地に建物があって取り壊さないといけない場合は撤去費用がかかります。これも重機がはいらないところでは、手作業が多くなり高額になるなど、条件によって費用は変わってきます。

また土地によっては 敷地の中で高低差があり、多額の擁壁費用がかかるような場合もあります。高低差のある敷地は要注意です。

それから水道の引き込みができていないような土地では引き込み工事が必要であったりと、建物を建てて暮らしを始めるのに、このような思わぬ 追加費用が発生しないためにも、実際に土地に建物を建てる住宅会社さんの目で実際にかかりそうな費用をアドバイスしてもらうことが大切です 。

プランニングしてもらおう

自分たちが思い描く暮らしを送れるプランが成り立つかどうか 検討しておくことも大切です。 土地は買ったけども自分たちの思うような暮らしができないとなると、 土地を買った以上 もう後戻りができなくなっているので、大変な ストレスが取り掛かります。

家を建てる時には建築基準法が関わります

土地に建物を建てる場合、建築基準法上といわれる法律が関わってきます。建ぺい率や容積率 などお聞きになられたことがあるかもしれません。また曲者は北側斜線と呼ばれる建物の高さを制限する法律です。和歌山県田辺市では多くありませんが、注意すべき法律の一つです。

変形土地も購入候補に

誰もがいいなと思う土地は やはり高かったりします。 ちょっと癖があるなという土地は そのぶん 安かったりします 。しかし 土地の上に建物が立って初めての住まいです 。その癖のある土地に 思い描くような 暮らしのできる 建物ができた場合は なんだかワクワクしませんか ? そういった癖のある土地は相場より費用が抑えられるので、お家をよりよくする事が可能です。

まとめ

建ててもらうハウスメーカーさん、工務店さんや住宅会社さんを絞ってから土地をさがしましょう。

土地を買う前に 住宅会社に相談するなんて 順序が逆のような 気がされる方もいらっしゃるかもしれませんが、 それが 失敗のない 土地探しの 秘訣です。

大切な資金計画も工務店さんや住宅会社さんによって建物の予算はかわってきます。どんな家を建てたいか?を決めた上でないと、進んだ思っても 後戻りする恐れがあります。それではきちんとした資金計画とはいえなくなってしまいます。予算の配分をきちんとご家族で整理しないといけません。

逆にある程度絞りこんでいると、全体の予算のなかから土地と建物の予算の配分が根拠のある明確なものとなります。

住宅会社さんに 土地を探してもらうお手伝いをしてもらうことも可能ですし 、ご自分でいいなと思われる時は見つけられた場合も 下見をしていただくようにお願いすることを お勧めします。

土地から探す場合は ついつい 土地のことばかり考えてしまいますが 一つ一歩引いて 全体の計画を見渡して 進めることが大切です!