「桧」カテゴリーアーカイブ

木は濡れても大丈夫!?乾燥材と新築工事と雨養生

和歌山県田辺市を中心に『木の家』の注文住宅の新築、リフォーム、リノベーションを行ってます、谷中幹工務店の谷中伸哉です。先日棟上げしたお家の屋根の下地工事が完了しました。雨対策で外周もぐるりとブルーシートで囲う事が出来て、ここまで来ると一安心です!今回は久しぶりの日本瓦葺き、そのため屋根の下地工事に手間がかかりますので、いつもより増して天気予報と睨めっこでした(笑)このように新築工事は屋外でするため天気の影響をもろに受けます。今日はその辺りをテーマにしたいと思います。

木は濡れても大丈夫!?

新築工事中でまだ外壁や屋根が出来ていない状態では、雨で木材が濡れる恐れがあります。では、木は濡れてしまっても大丈夫でしょうか?

木材に含まれる水分

最近は木材に乾燥材が使われる事がほとんどです。木材に含まれる水分には『自由水』と『結合水』があります。その違いは木材の細胞の中にある水分かどうかです。『自由水』は細胞の外、『結合水』は細胞の内にある水分となります。

結合水まで蒸発した乾燥材の特質

木材を乾燥させるとまず『自由水』から蒸発してなくなっていき、『自由水』が無くなった木材の含水率(木材の含む水分量を、木材そのものの重さをもとにした比を百分率で表した数値)は30%程となります。

その後さらに乾燥が進むと『結合水』が蒸発していきますが、結合の名の通りしっかりと木材と結合された水分なので、きちんと蒸発させるのには骨が折れます。しかし、その分、細胞内の『結合水』が蒸発すると再び水分が細胞の中に入るのは、煮沸などをしない限り困難となります。『結合水』まで抜けた時の含水率は15~20%となります。

木は“少々”濡れても大丈夫

『結合水』まで蒸発した木材の特質(細胞内の『結合水』が蒸発すると再び水分が細胞の中に入るのは、煮沸などをしない限り困難)から少々の雨でただちに悪影響が出る事はないです。表面が濡れてしまっても木材の内部まで入り込む恐れがないからです。そういった意味からもきちんとした乾燥材を使う必要があります。しかし、長雨にさらされるとカビなどが生えてしまう事も考えられるので楽観は出来ません。

しっかりと雨養生

新築工事などの現場は私たちにとっては我が子の様なもの。これに共感してくれるつくり手は多いと思います。少々の雨は大丈夫とは知識としては持っていても少しでも濡らしたくないと思うのが心情。いつも天気予報とにらめっこしながら、いかに濡らさないと苦心しているのです。この仕事をしていると天気予報と雨雲レーダーのヘビーユ―ダーとなります(笑)

しっかりと雨養生が行えた現場
しっかりと雨養生が行えた現場

最後まで読んで頂いてありがとうございます。

番付けと木くばり 杉・桧化粧材を使う

和歌山県田辺市を中心に『木の家』の注文住宅の新築、リフォーム、リノベーションを行ってます、谷中幹工務店の谷中伸哉です。先日、山長商店さんに行って来ました。山長商店さんは私たちの地元田辺市にある江戸時代から林業を営んでいるまさしく老舗です。老舗でありながら、最新の木材の乾燥技術を取り入れたりそれと一貫されたプレカットをされてまして、僕たち作り手である工務店には心強い存在です。

訪問目的は化粧材の番付です。建物の骨組みである柱や梁でそのまま内部の仕上げとして見えてくる部分を化粧材と呼び、番付けとは、それら見える柱(化粧材)にどの木を使うかをまた、どの面を見せるかを選ぶ作業になります。平面図でどの面が見えるかを確認して完成も想像し、実際に木肌の様子を見ながら一本一本選んでいきます。この作業はいつも親方と二人で行ってますが、今回は実弟大工を交えて3人で行いました。完成を想像しながら、ケンケンガクガク意見を交してやってます。

MOKスクールを主宰されていたMs建築設計事務所の故三澤康彦先生がその講義のなかで、番付けの事を気配りとかけて木配りておっしゃってましたが、この作業の僕たちつくり手の気持ちの本質を語っているようで本当にいいお言葉です。

今度のお家は久しぶりの真壁といって柱が見える造りになります。そして、その柱も桧。真壁の桧普請となります。

大黒柱も今回は登場します。後ろには山積みの木材が
大黒柱も今回は登場します。後ろには山積みの木材が

もちろん良い木を出して頂いていたのですが、そんな時は僕も欲が出てしまいまして、もっとイイ木がないかなぁと、うんうん唸っていると担当の方が、再度他の木を出してくれるとの事。その心遣い、同じモノを作る者として嬉しい限りです。そして今回伺って決めて来ました木は、そんな欲張りな僕も満足の一品でした。棟上げの時にその梁や柱が組まれる姿を想像するとニヤついてしまいます(笑)

番付の終わった桧化粧柱。見える面や柱の位置をしめす番付が木に書き入れられます。
番付の終わった桧化粧柱。見える面や柱の位置をしめす番付が木に書き入れられます。

こちらは以前のお家で番付した化粧梁。杉材になります。こちらも良材でした。

 選ばれた杉化粧梁はこのあとプレカットへと向かいました。
選ばれた杉化粧梁はこのあとプレカットへと向かいました。

で、実際にお家の一部となった杉化粧梁さん。惚れ惚れです!白い内装と杉。ベストマッチのひとつだと思っとります。こういうのを想像しながら、番付をおこなっております。

勾配天井。化粧梁と厳密には化粧母屋(笑)
勾配天井。化粧梁と厳密には化粧母屋(笑)

改めて良い木が多くてきちんとした製材所がある和歌山、紀伊半島って有難いです!

最後まで読んで頂いてありがとうございます。

大工さんがつくる階段 鉄 杉 桧 Jパネル なぐり加工

和歌山県田辺市を中心に『木の家』の注文住宅の新築、リフォーム、リノベーションを行ってます、谷中幹工務店の谷中伸哉です。住宅工事のなかで階段の図面作成や現場での製作は難しい部類に入ります。平面と断面の両方で検討しながら、現場でも入念な確認が必要です。階段の踏み面(巾)や蹴上げ(段差の高さ)は安全か?などの専門知識も必要です。

階段の安全性の目安

住宅性能表示の中に『高齢者への配慮』という項目があります。これにつきましては、等級2~5までありまして、数字が大きい程、より配慮された建物となります。ちなみに長期優良住宅の認定を受ける場合は、等級が3以上必要になっていますが、戸建て住宅は対象外となってますので必ずしも満たす必要はないのです。しかし、わたしは階段を設計する上で、一つの指針としていつも満たす様にしています。

ちなみに、等級3の基準の一部は下記の通りになりますが、なかなかマニアックな内容です。

勾配  ・22/21以下

・550mm≦けあげ×2+踏面≦650mm

けあげ ・ ・ ・ 階段1段ごとの高さ

踏面  ・ ・ ・ 1段ごとの階段の踏板の幅

階段 建材メーカーの場合

階段の製作は大きく分けて建材メーカーにプレカット加工をしてもらうものと、現場で一から製作するものの2つに分かれます。素材感や仕上がり、そしてコストなどを照らし合わせて検討される事をお勧めします。建材メーカーのものも、無垢の集成材のものから突き板仕上げ、プリントシート仕上げのものまで様々で、コストも様々です。階段は日常的によく使うところなので、耐久性なども考慮されてはいかがでしょうか?

階段 現場製作の場合

鉄と杉でつくるオープン階段

現場製作の場合は木材を加工して製作していきます。側板といわれる部分を鉄で製作して、踏み板は木でなんてことも可能です。リビング階段などの場合に用いられる手法で、オープン階段と呼ばれています。この場合、階段の造り方はもちろんですが、床材をどうやって張るかがキモになったります。側板を鉄でつくるとサイズを小さくできるのですっきりとした印象を与えてくれます。

鉄と杉で作ったオープン階段の画像
鉄と杉で作ったオープン階段
桧材でつくるオープン階段

側板も木材でつくるとしっかりとした印象の階段となります。この辺りはお家の雰囲気に合わせてどちらが良いか検討を重ねます。こちらのお家は大正ロマンをテーマに考えられたお家で重厚な手仕事が残る階段となってます。踏み板の裏側も見えるので4周ぐるりと節のない材、この時はホントにきれいな桧がやってきてくれてドキドキしたのを覚えてます。

当時の現場リポートの記事はこちら

桧でつくったオープン階段
桧でつくったオープン階段 手仕事を感じられるデザインです
桧でつくったオープン階段 裏面も節がありません
桧でつくったオープン階段 裏面も節がありません
杉材 Jパネルでつくる階段

Jパネルとは杉を3層構造にしたパネル材で直交するように3層が出来上がっているので狂いが少ないとされています。断面が3層になっているのがおもしろくてそのまま見せて階段を製作します。もちろんきちんと乾燥した木材であれば無垢材でも製作は可能です。

以前製作した杉Jパネル階段の記事は こちら

杉材 Jパネル なぐり加工でつくる階段(現在製作中)

今回のお家は踊り場の部分にそのJパネルをなぐり加工したものを使っています。写真では分かり難いですが、光があたる雰囲気や、なぐり加工によって木目の波打つ紋様がきれいです。さらに足の感触もよくてお気に入りです。まだ完成していませんが、フライングでご紹介です(笑)

廻り階段部分 バリアフリー階段の場合は廻りの角度は30°と60°になります。
廻り階段部分 バリアフリー階段の場合は廻りの角度は30°と60°になります。
踊り場 窓の光が落ちて様々な表情をみせてくれます
踊り場 窓の光が落ちて様々な表情をみせてくれます

まとめ

階段の形や素材は様々。たくさんの選択肢があり、色んな事をする事が出来ます。ですが、自由である分いろいろな指針を参考にしてより安全で安心できるものを考え造る事と、暮らし方にあう素材を採用する事をお勧めします。

最後まで読んで頂いてありがとうござます。

桧材でつくるオープン階段

和歌山県田辺市を中心に『木の家』の注文住宅の新築、リフォーム、リノベーションを行ってます、谷中幹工務店の谷中伸哉です。なにやら大きな台風が近づいてきているようで気が気でない日が続きそうです(涙)大した事がなければいいのですが。

さて、お家づくりの方は只今、桧材、オープン階段の施工真っ最中です。昔ながらの大工さんが木を刻んでの階段です。
材は桧、側板、発注は贅沢にも3面無地(節のないもの)1面上小(ごく小さい節のあるもの)ですが、実際に届いたものは4面無地の特上品です。大工さんの手にも緊張が走ります(笑)
↓こちらのその材、木目の素直ないい桧です!

ちなみにこちらは裏側にあたる面、美しいです~
図面は普段、プレゼンテーションは3次元CAD、現場で大工さんが使うものは2次元CADと使い分けてます。2次元CADのいいところはプリントアウトの時に縮尺を選べる所です。ですので1/1にも耐えうるような書き込みを行いますとそのまま原寸図として使えるので、階段の様に平面に高さを加えるような納まり、簡単にいうと斜めに上がっていくようなものでの現場での打ち合わせに効果を発揮してくれます。
ちなみに最初の2段は廻り階段です。こちらは桧材の巾はぎ材、これまた綺麗な材です!

 

こちらのオープン階段、打合せ段階で鉄の側板にするか、木の側板にするか?などなどと検討を重ねてきたところですので、こうやって出来上がってくると感慨深いものがあります!

美しい側板でしたが、踏み板もそれにも勝るとも劣らない美しさ!同じく3面無地1面上小の発注ですが、これまた綺麗な4面無地がやってきてます!桧は桧でその佇まい、凛としていて何だか身が引き締まるものがあっていいもんです!
まずは登る側からのアングル、取付がされた側板に踏み板が施工されてます!

 

 

こちらは反対側、降りる方からのアングル
見た瞬間、ハッとするような綺麗な桧さん達です!

 

この桧さん達は剣術の達人ばりに隙がなく(笑)、裏側から見てもこの通り~さすがの4面無地です!
ちなみに、この部分は建物の真ん中に位置しますので、トップライトで光を取り入れる様にしてます。

 

こんな感じで工事は着々とすすんでおります!

最後まで読んで頂いてありがとうございます。

桧 式台

和歌山県田辺市を中心に『木の家』の注文住宅の新築、リフォーム、リノベーションを行ってます、谷中幹工務店の谷中伸哉です。桜が咲いたというのに、最近寒い日が続きますね~

さて、そんな間も現場の方は着々と進んでます。先日、桧の式台が大工小屋に搬入さてまして、大工さんの手によって、綺麗にカンナがけされています!綺麗な木目ですね

 

桧式台の画像

年輪もすごく細かく入ってます。製材屋さんいわく、樹齢200年を超える木から取れたとの事200年前といえば、今話題の龍馬が生まれるよりもさらに30年程前になります。ロマンを感じますねぇ!