カテゴリー別アーカイブ: しっかりとした温熱環境

和歌山県田辺市にあった高断熱高気密注文住宅とは

木製ドア 外からも中からも

和歌山県田辺市を中心に『木の家』の注文住宅の新築、リフォーム、リノベーションを行ってます、谷中幹工務店の谷中伸哉です。今週末に見学会を予定しているお家の玄関ドアのご紹介です。今回は木製の玄関ドアを採用して頂いてます。外部の木部と同じ色で仕上げる事が出来るため、外観にも統一感がでます。木製ドアを入れるだけでお家の佇まいがグッと上がった気がするのは私だけでしょうか(笑)

木製ドア 外観の画像
木製ドア 外観

サッシもそうですが、玄関ドアは外からも見えますし中からも見えます。それだけ知らず知らずのうちに影響力を与えている要素なのかもしれません。断熱性能もグッと上りますし一石二鳥の品物です!ただコストはアップしてしまったり、キーレスなどの対応が難しかったり、出来なかったりするのがデメリットですが、それでも木製ドアは良いものだ!と実感しました。

木製ドアの内観の画像
木製ドアの内観

中からの画像がこちら。中からもやはり良い感じです(笑)

完成見学会の方は、お陰さまでご予約頂いてます。土曜日の午後は一杯になってしまいましたが、それ以外には空きがある時間帯がありますので、お気軽にご予約下さい!

最後まで読んで頂いてありがとうございます。

ご予約は こちら 
お電話は tel 0739-35-0710

注文住宅 吹き抜けメリットデメリット① ポイントは2つ

和歌山県田辺市を中心に『木の家』の注文住宅の新築、リフォーム、リノベーションを行ってます、谷中幹工務店の谷中伸哉です。只今工事させて頂いてますお家の大工さんによる大工造作も完了し、仕上げ工程に突入です!大工さんの道具も引き払われてスッキリとした現場。これからまた慌ただしくなります(笑)

大工造作の完了した現場の画像
大工造作の完了した現場

こちらのお家では南側からの採光や日当たりが冬の間厳しいのでそれを解消する為に吹き抜けのあるお家となってます。1階部分では日当たりが望めなくても高い位置にある2階部分の窓からは採光や日当たりが得られるため、こんな時に吹き抜けは威力を発揮してくれます。しかし、そんなメリットがある分、デメリットもあります。それではメリットデメリットを上げながら吹き抜けって実際イイの?について考えていきましょう!

吹き抜けのメリット

1.日当たりが良くなる

周りの環境の影響で1階にあるリビングやダイニングなどに採光が採り難かっても高い位置にある窓のお陰で日当たりが良くなります。これ対しては2階リビングなどでそれと同じ効果を得る事も出来ますが、リビングが1階がよいか2階が良いかはまた別のお話ですので悪しからず(笑)

2.1階と2階が繋がる

最近は廊下のないワンルーム的なプランが多くなっています。これによって上手く居場所を散りばめる事で、同じ空間でも家族が気配を感じながら過ごす事が出来ます。吹き抜けに面した2階の部屋に窓など設けるとさらに、1階と2階とも繋がる事が出来ます。これを最大のメリットと考える住まい手や建築家の方もいらっしゃいます。

3.開放感のある空間となる

吹き抜けと設ける事によって1階と2階が立面的にワンルーム化する事によって開放感のある空間となります。あえて、吹き抜け空間までのアプローチの天井高を抑える事によってその対比によって、より開放感を得られたりも出来ます。

吹き抜けのデメリットとその解消方法

1.2階のスペースが吹き抜けにとられてしまう。

吹き抜けを設ける事によって、2階の部屋にする事が出来たスペースがとられてしまいます。これについては1階の日当たりが良くなる恩恵と2階スペースとのどちらを取るか!?的なお話となるのと同時に設計士の腕の見せ所でもあります(笑)

2.掃除や照明器具のランプの取替が大変

照明器具に関してはLED化によってランプ自体の寿命が延びた事が大きいです。あとはブラケット(壁付けの照明器具)を中心とした照明計画もお薦めです。吹き抜け空間とブラケットの相性は良いです。 窓の掃除はやはり、大変です。このデメリットの解決策にキャットウォークを設けるなどがありますが、まだまだ課題が残る所です。

3.耐震性が心配

吹き抜けを設ける事によって構造的には2階の床に大きな穴が出来てしまいます。それによって耐震性が落ちてしまいます。しかし、きちんと構造計画が行われ耐震等級2や3の注文住宅であるなら、その心配がなくなります。

4.光熱費が掛かるのでは!?

吹き抜け空間は大きかったり、2階の部屋と繋がったりしているので並みの(次世代省エネ基準)気密断熱性だと余分に光熱費が掛る事が起こります。しかし、それを上回る気密断熱性を持った注文住宅ではその大きさや繋がりがメリットとして働いてくれます。

まとめ

ずばり吹き抜けが実際にイイの!?で一番最初に検討しなくてはならないのは耐震性と気密断熱性です。この2つがきちんと備わった注文住宅なら吹き抜けと設ける事のデメリットは窓の掃除ぐらいとなります。日当たりの悪い敷地や吹き抜けを設けたい場合はまず、その2点をきちんと対応してくれる造り手に相談する事をお勧めします。そんな大切な耐震性や気密断熱性については次回詳しく記事にしていきます。 今回のお家は吹き抜け空間がスッキリしてますよね!?この辺りの秘訣をご紹介出来ればと思ってます!

大工造作の終わった吹き抜けリビングの画像
大工造作の終わった吹き抜けリビング

最後まで読んで頂いてありがとうございます。

このお家の完成見学会 事前予約は こちら

Q1コラムのご紹介 高断熱住宅 冬と夏どちらが力を発揮するの?

和歌山県田辺市を中心に『木の家』の注文住宅の新築、リフォーム、リノベーションを行ってます、谷中幹工務店の谷中伸哉です。先日のブログでご紹介しました新住協関西支部の仲間でつくったポータルサイト『注文住宅なら体と財布にやさしいこれからの家 新住協のQ1住宅』を始めまして、仲間で持ち回りでコラムを書いてます!今回の私のテーマは

『高断熱住宅冬と夏どちらが力を発揮するの?』

高断熱住宅は外気温の影響を受けにくくして光熱費を抑える事の出来る住宅です。しかし、窓から入ってくる太陽光をきちんとコントロールしないとかえって光熱費の掛る住宅となってしまします。その点に着目してまとめてみました。良かったらご覧になって下さい!

注文住宅なら体と財布にやさしい『これからの家』新住協のQ1住宅

和歌山県田辺市を中心に『木の家』の注文住宅の新築、リフォーム、リノベーションを行ってます、谷中幹工務店の谷中伸哉です。早いもので8月も下旬、子供達の夏休みもそろそろ終わりを迎えようとしてます(笑)宿題はちゃんとやってるみたいで、僕と違って優秀ですww

住宅の省エネついて悩んでいたころの3年前の8月、ふとしたご縁でお会いした新住協関西支部の支部長ダイシンビルドの清水さんがきっかけで新住協に加入しました。月日が経つのは早いものです。

『新住協』

高断熱高気密を全て必要な住宅の基本性能ととらえて省エネで快適な住まいづくりを目指すものです。温熱計算設計はもちろん燃費計算、そしてそれらを発揮するための確かな施工方法、考え方からつくり方まで先人達が蓄えて頂いた知恵や工夫をあますことなく伝えて頂ける開かれた技術開発集団です。入っているだけではダメですが、本気で学ぼうとする時、得るものは大きいです。モットーは『良質な住宅が誰にでも求められるように、ともに進化する』フランチャイズのクローズな工法でも高価なモノを使うでもなく、一般的に流通しているものを確かな知識と施工を行う事で高断熱高気密な注文住宅を考えつくっています。

加入してから樹脂サッシの普及など時代の後押しもありましたが、当工務店の省エネ住宅は一段も二段も階段を上がりました。住まい手のご感想も良好で、定期訪問で伺うと口々に住み心地の良さをお話して下さいます。それまでの苦労が吹き飛ぶ瞬間です(笑)

そしてこの度、新住協関西支部の仲間でサイトを立ち上げました。それぞれの地域で頑張る地域工務店が集まって、さらにともに進化できればと思ってます。ぜひ一度のぞいてみて下さい。最後まで読んで頂いてありがとうございます。

 

Q1住宅の画像

 

庇って必要だろうか? 庇と日射遮蔽

和歌山県田辺市を中心に『木の家』の注文住宅の新築、リフォーム、リノベーションを行ってます、谷中幹工務店の谷中伸哉です夏至も過ぎて太陽高度が少しづつ下がって言ってますが、気温の上昇はこれからが本番です。さて、先日昨年お引き渡ししたお家に伺ってきました。時間はお昼前、手前のアオダモに目を奪われてしまいますが(笑)その奥で庇が日射を遮っているのが分かります。庇が効いている なんて表現もありますが、まさしくそれです!

庇とアオダモ

庇は先人の知恵とも言える昔からあるもので、雨から外壁を保護したりこのように日射を遮るのに有効です。特に最近の住宅は高気密高断熱化が進んでますので庇による日射遮蔽はより必要となってきます。

窓は暖房器具なんて言葉を聞いた事がありますか?冬場の日射は住宅を暖めるくれるのに一役買ってくれます。特に高気密高断熱の住宅は外気温の影響を少なく出来るのでより有効です。太陽光を上手に取り込む事で暖房器具の活躍する期間を短くする事ができ、光熱費の削減に一役買ってくれます。ダイレクトゲインっていわれるものですね!

しかし、同じ様に夏場も日射を取り込んでしますと逆に暑くなりすぎてしまいます(涙)高気密高断熱の住宅はオーバーヒートする!?なんて言われるのはこう言った理由からです。そこで冬場は日射を取り入れて、夏場は日射を遮るものがあれば・・・そこで登場するのが庇、冬場と夏場の太陽高度の違いを利用してそれを可能にしてくれるのです。

夏至 冬至など季節ごとの太陽高度の推移

新住協関西支部H・Pより

庇や軒の出のない建物が見かけたりしますが、これから住宅を建てられる方は夏場の日射遮蔽などの対策をきちと検討したうえで、そういったデザインを採用される事をお勧めします!

最後まで読んで頂いてありがとうございます。

外部木工事も着々と 樹脂サッシにコストを掛けるべきか?

和歌山県田辺市を中心に『木の家』の注文住宅の新築、リフォーム、リノベーションを行ってます、谷中幹工務店の谷中伸哉です。役所や瑕疵保険の中間検査(耐力壁や金物の検査です)も無事に合格し、外部工事も着々と進んでます。樹脂サッシ(APW330 Ykkap)の取付も終わり、随分とお家らしくなってきています。サッシが付くとお家の顔が出来てきた感じがして好きです。これから外壁工事などがされていくと、この顔がより良くなってくれる事でしょう(笑)

昔、サッシのガラスが一枚だったのが今や二枚のペアガラスが当たり前になってきてます。それと同じようにこれからは樹脂サッシが主流になっていくと考えてます。いつも家を考え造る時は『自分の住まいだったらどうだろう?』それは使い勝手や耐震性ももちろんですが、コストや温熱環境についてもそう考えてます。確かにアルミサッシに比べて樹脂サッシの方がコストが掛ります。掛りますが、それは住まい続ける事によってペイできるコストアップだからです。

建物は大きく分けて二つのコストがあります。建てる時のイニシャルコストと住まい続ける事で掛るランニングコストです。この二つは別のものではなく一緒に考えるべきだと考えてます。例えば、樹脂サッシにする事によって20万円コストアップしたとします。確かに20万円は大きな金額です。しかし、樹脂サッシにする事によって年間冷暖房費は抑える事が出来ます。メーカーの資料によるとこのように↓

大阪

アルミ  ペアガラス         71,716円

APW330 樹脂スペーサー ガス入り    57,268円

YKKAPカタログより

その差額、年間14,448円 約14年ほどでペイできて、15年以降は逆に黒字となっていきます。普段は温熱環境ソフトを使って住まい手ごとにこの様な試算を行ったりしますが、だいたい似たような金額となってます。

耐震性はお金に変えられないので、この様な考え方は出来ませんが、温熱性はお金と絡めての検討する事が出来ます。サッシの交換は外部と内部に絡んでくるため簡単ではないですし、樹脂サッシにする事によって温熱環境も良くなって住まいも快適になるわけですから、これは最初に掛けるべきコストであり私なら掛けたいです。

家づくりは日々進化してます。10年前のお家と今のお家、見た目は似ていてもキチンと進化に対応しているお家は別物です。少しでも住まい手の暮らしが快適になるよう、心地よくなるよう、普段から学んでいる事を一つでも多く実践して行きたいです。そんな私の憧れはよりコストの掛る木製サッシだったりもしますが(笑)

暖かいお家 新住協と高断熱高気密

今日はメンテナンスでOBの住まい手さんのもとへ、浴室乾燥機の不具合だったのですが、メーカーさんがきっちり対応してくれました。一安心です!

お子さんと遊んだり奥さんと雑談したりしてたのですが、お家がほんとに暖かくて有難いとのお言葉。この住まいは新住協に入って初めて本格的に高断熱高気密に取り組んだ建物でした。新住協で学んで考えて質問して、大工さんと一緒になって住まい手に暖かいお家をと言って作ってきた建物でした。あ~僕はこれを聞きたいためにやってきたんだ!と改めて目的を噛みしめる事が出来ました。光熱費も以前の賃貸に比べて抑えらてるようでこちらも目的達成です!

心地よい住まい、そして暮らし。そのためにはしっかりとした温熱環境は必須だと考えてます。特に今の季節、寒い時期は住まい手はそれを実感する事が出来るので、住まわれて1年以上がたちますが、あらためてそれを評価して頂けます。今の僕の住まいは寒々しい賃貸。住まい手がこの季節は特にうらやましくなります(笑)

新住協

開かれた技術開発集団です。入っているだけではダメですが、本気で学ぼうとする時、得るものは大きいです。こちらでは高断熱高気密を全て必要な基本性能ととらえて省エネで快適な住まいづくりを学んできました。温熱計算設計はもちろん燃費計算、そしてそれらを発揮するための確かな施工方法、考え方からつくり方まで先人達が蓄えて頂いた知恵や工夫をあますことなく伝えて頂いてます。(北海道で始まった団体ですので、考え方はもちろん造り方まで様々なノウハウを蓄積してます。)温暖と言われる当地方ならではの、当地方にあった住まいを住まい手に体感して頂けきたいと思い参加してます。さらなる高みQ1.0住宅はこれからのテーマです!

DSC_1993
新住協の目指す家について書かれた本です。代表理事の鎌田先生の監修です。ご希望の方がいらっしゃったらプレゼントします!お問い合わせまでご連絡下さい(田辺市近辺の方で同業者の方は除く(笑))
最後まで読んで頂いてありがとうございます。

屋根断熱 通気層と気密層 段取りと手順

今日は久々の雨です、やはり太陽が当たらないと寒さが増しますね(涙)本格的な寒さを前に只今断熱工事の真っ最中。これが完了すると大工さんの職場環境も随分と改善される予定です!

今回は屋根断熱を行ってます。屋根断熱とは文字通り、天井(小屋裏空間)に断熱材を敷き詰めるのでなく、屋根に断熱材を入れる工法です。今回の建物は一部勾配天井になる為に小屋裏のない空間となりますので、2×10といわれる巾38㎜×高さ235㎜の高さのあるタルキ(屋根を支える部材)の間に高性能グラスウール100㎜を2枚充填してます。ポイントは『通気層』をきちんと取る事と『防湿気密シート』の施工手順です。

o0400029213820326065

グラスウールメーカー マグ・イゾベール㈱さまH・Pより

『通気層』についてはこの画像に出てます、通気くんで確保してます。建築系はこんな直球のネーミングが多いですww施工も簡単に行えてタルキの間に押し込んでいくような形です。空気が入ってきて、出ていくその流れをイメージしながら工事を進めていきます。下から見上げるとこの様な形。おかめさんとの対比がアンニュイです(笑)

o2160384013820329439

 

もう一つのポイント 『防湿気密シート』 これがきちんと施工されていないと断熱材が性能通りの断熱性を発揮しないばかりが、建物の壁の中に湿気が入り込み耐久性を損なう恐れがあります。そんな大切な防湿気密シートがきちんと連続するようにタルキを留めつける時に先張りで防湿気密シートを施工します。これを忘れると施工精度が落ちるうえに大変な手間が待ち受けているとの事。段取りと手順が大切なのです。

o3840216013820331308 ブログ

タルキの下からだらりと垂れてますのが、先張りの防湿気密シート!断熱材を入れた後に張る防湿気密シートと重ねてテープ処理する事で、なんと言う事でしょう『防湿気密シート』が連続しているではありませんか!と相なります(笑)

o3840216013820328999 ブログ

 

こちらが断熱材を2重に入れている所。なかなか圧巻です。和歌山県は夏が暑くて日射も多い為、冬だけてなく夏にも効き目があるのです!これも断熱材を押しつぶさない様に、端までキチンと充填するようにと丁寧な仕事が求められます。

o3840216013820484260 ブログ
前述のごとく、先張り部分のシートと断熱材を入れた後に張る『防湿気密シート』を十分な重ね代をとって張り付けたところ。上棟時からの準備により『防湿気密シート』が連続と相なりました!ほんとに家づくりには様々な場面で事前の検討が大切になってきます。段取り8分とは良くいったものです。断熱工事もほぼ完了、これで大工さんの職場環境も改善されるでしょう!

最後まで読んで頂いてありがとうございます。

谷中幹工務店 谷中 伸哉