クラシコ ネタばれ有

和歌山県田辺市を中心に『木の家』の注文住宅の新築、リフォーム、リノベーションを行ってます、谷中幹工務店の谷中伸哉です。今日はサッカーネタです。興味のない方はスルーして下さいね(笑)

さて、今朝の冷え込みもなかなかのモノでしたね。そんな中早起きしてバッチリ観戦しましたクラシコ!今年のレアルは強いので戦前はどうなるかドキドキしてたんですが、バルサの強さと美しさを改めて知る事の出来る一戦でした。試合開始からエンジン全開で主導権を握るとそのまま自分たちのスタイルを突き通し見事5-0の勝利を掴みとりました!!

ゴールを決めたシュートまでの展開や相手を鮮やかにかわすドリブルにパス朝からイイものを観せて頂きました。

バルサのポリシー 美しく勝つ

を体現する試合とでした。まだまだシーズンはこれからですけど気を引き締めて頑張ってもらいたいものですね。

最後まで読んで頂いてありがとうございます。

クラシコ

和歌山県田辺市を中心に『木の家』の注文住宅の新築、リフォーム、リノベーションを行ってます、谷中幹工務店の谷中伸哉です。今朝は寒かったですね。布団から出るのを少し躊躇してしまいました。

さて、いよいよ明日の早朝クラシコですね~数ある試合の中でも僕が、一番ドキドキするモノと言っても過言ではありません。クラシコとはスペイン語で「伝統の一戦」という意味で英語でいうところのクラスシックにあたります。スペインのサッカーリーグ、リーガエスパニョーラのFCバルセロナとレアル・マドリーの試合の事をさします。2チームとも世界屈指のチームの上、強烈なライバル意識があるので、スペイン国内のみならず、全世界が注目する試合なんです。

今回のクラシコの舞台はバルセロナのホーム スタジアム ガンプノウ。ここ最近はバルサが4連勝してるので、バルサファンとしては嬉しい限りだったんですが、今年のレアルは現在1位を走る強いチームなので、どうなるんでしょうね。明日の朝も寒いしょうが、頑張って布団から出ます(笑)

最後まで読んで頂いてありがとうございます。

ベースコンクリート打設

和歌山県田辺市を中心に『木の家』の注文住宅の新築、リフォーム、リノベーションを行ってます、谷中幹工務店の谷中伸哉です。今日の朝は冷え込みましたねぇ。ですけど、うって変ってお昼間は小春日和でなによりでした~

さて、そんな中現場では、ベースコンクリートの打設が行われました。コンクリート、正式にはフレッシュコンクートといいまして、よく生コンと言う呼ばれ方がされています。その名の通り生モノですので、コンクリート工場で練り込まれたモノは素早く打設しなければなりません。また、途中で継ぎ目が出来ない様に連続して行わなければならないので、次々とコンクリートが打ち込まれていきます。打設が終わると次は左官屋さんよって平らに均されていきます。足跡が付かない様に板に乗ってコテで丁寧に仕上げられていきます!

最後まで読んで頂いてありがとうとざいます。

ウチの歌姫

和歌山県田辺市を中心に『木の家』の注文住宅の新築、リフォーム、リノベーションを行ってます、谷中幹工務店の谷中伸哉です。

昨日、家に帰ったらお嬢ちゃんがテレビの前でノリノリで歌い踊ってました。歌が好きな子で教育テレビなんかも観ながらよくリサイタルを開いてるんで微笑ましく思ってたんですが、テレビに御出演は氷川きよし氏で曲目は 虹色のバイヨン!

バイヨン バイヨン 言いながら手をきよしに振りまくってました。渋い 渋すぎるよ 澪央ちゃん(笑)

真剣な眼差しで決めポーズを決めるウチのお嬢ちゃん笑笑

最後まで読んで頂いてありがとうございます。

基礎鉄筋工事完了

和歌山県田辺市を中心に『木の家』の注文住宅の新築、リフォーム、リノベーションを行ってます、谷中幹工務店の谷中伸哉です。

基礎の鉄筋工事が完了しました。

鉄筋には色々太さや形がありまして、住宅でよく使われるのは 異形鉄筋の13㎜のモノです。D13とかいう表現をします。異形というのは表面がデコボコしている鉄筋でその分コンクリートの付着が良いのです。鉄筋の種類や、鉄筋と鉄筋の間隔などは住宅ごとに検討して決められます。また筋違があったり、より力がかかる場所には、さらに補強筋といって鉄筋を割り増しします。

これらの図面を保険会社に提出してOKを貰ってから初めて着工が出来ます。本日、実際の工事が図面通りに出来てるかの保険会社の検査がありました。検査の方は無事問題なしという事で、現場は次の工程、コンクリート工事に進んでいきます。


最後まで読んで頂いてありがとうございます。

アドベンチャーワールド

和歌山県田辺市を中心に『木の家』の注文住宅の新築、リフォーム、リノベーションを行ってます、谷中幹工務店の谷中伸哉です。お祭りやなんやでバタバタしてまして、更新が全然出来てませんでした(涙)そのお祭りの宵宮も雨に見舞われてカッパに長靴での獅子舞になりましたが、無事終わりまして、何よりでした。

さて、21日に白浜のアドベンチャーワールド通称 アドベン に行ってきました。前にお嬢ちゃんを連れて行ったのが1年前になりますから、久々でした。パンダの赤ちゃんが生まれて園内は賑わってましたが、観るのに90分待ちと聞いて赤ちゃんとの対面は次回に持ち越す事にしました。

アドベンはテレビのロケなどでも使われて有名ですし、それに見合う見どころも満載のスポットですが、今回皆さんにお薦めするのはサファリパーク内を歩いて回れる ウォーキングサファリです。

ほんとに間近に動物たちを見れて、餌までやれるのです。画像の下の方によそのお子様が人参をもっているのが見えますが、そこまで、ニョーンと鼻が伸びてくるんです!

ウチの奥様はいたく気に入ったらしく喜々として餌をやってました。それはもう少女のように(笑)一方お嬢ちゃんは、犬、猫以外に見る動物がいきなり象という、ドデカイ方だったので、絵に描いたようなビビり様で、僕をギュと抱きしめてました。それでも楽しかったらしくお昼寝もせず、機嫌もいいまま一日遊んでました。また、もうチョイ大きくなったら連れて行ってあげたいです。皆さんも是非行ってきて下さいね~動物達にもタッチも出来ますよ!


最後まで読んで頂いてありがとうございます。 

模倣犯

和歌山県田辺市を中心に『木の家』の注文住宅の新築、リフォーム、リノベーションを行ってます、谷中幹工務店の谷中伸哉です。昨日のブログは初めて携帯からUPしてみたんですが、やり方がまだまだよく分からないので味気ないモノになっちゃいましたね(汗)

さて、足かけ2か月、模倣犯読み終わりました。宮部みゆきさんの代表的な作品なのですが、そのボリュームに二の足を踏んでしまい今頃になってようやく読破です。時間はかかりましたが、面白く読ませて頂きました。個人的には、物語に引き込まれていった最初の導入の部分と、なぜそのタイトルなのかが明らかになる最後のくだりが好きでした。

犯人探し的なお話が好きな方には向いてないかもしれないですが、ひとつの出来事を視点や時間軸を変えながら物語が進められて、そこから徐々に明らかになっていく事実が出てきたりして、また違ったドキドキ感がありました!

さて、次は何を読もうかなぁ~


最後まで読んで頂いてありがとうございます。

杉厚床板

和歌山県田辺市を中心に『木の家』の注文住宅の新築、リフォーム、リノベーションを行ってます、谷中幹工務店の谷中伸哉です。5時を回ると真っ暗ですね。なんだか遅くまで仕事をしている気分になります。そう言えば、昔バックパッカーでヨーロッパを回った時にスペインのマドリッドでは午後9時でも明るくてビックリしたのを思い出しました。そしてその時、スペイン人の夜行性ブリも垣間見まして、私、衝撃を受けました。そりゃぁ、お昼寝も必要になります(笑)

さて、前置きが長くなってしまいましたが、現場では床板が張られました。この工程の飛びよう、いかにご紹介が遅れていたかを物語っています。床板は杉の1等材の厚板です。30ミリあります。さらに、今回は赤身勝ちのモノを指定してお願いしました!ですので、杉の割に色合いが比較的均一になってます。


この後、養生をしたので床は隠れてしまいましたが、その前にすこし歩いてみました。やっぱり、杉の床板は歩行感が心地いいですね~

最後まで読んで頂いてありがとうございます。

地鎮祭

和歌山県田辺市を中心に『木の家』の注文住宅の新築、リフォーム、リノベーションを行ってます、谷中幹工務店の谷中伸哉です。

今日は新たに工事が始まるお家の地鎮祭を行ってきました。晴天に恵まれて幸いです。地鎮祭とは、とこしずめのまつり とも言いまして、その土地に神様を鎮め、その土地を利用させて頂く為の儀式です。そう言ったことから、工事の安全を祈願する神事という意味合いが強いです。一般的には神式で神主さんが来られて、執り行われますが、仏式もあるそうです。(そう言えば、以前お寺の庫裏の工事の時は和尚さんが自らやっておられました。)これから、工事が本格的に始まりますが、改めて工事の安全を願うばかりです!地鎮祭の祭壇です。↓

神主さんが現場で設営されます。周りの竹や縄は工務店の仕事なので、僕たちが設営しました!

最後まで読んで頂いてありがとうございます。

貯木場

和歌山県田辺市を中心に『木の家』の注文住宅の新築、リフォーム、リノベーションを行ってます、谷中幹工務店の谷中伸哉です。今日は随分暖かい日でしたね。でも、水曜日ぐらいから又冷え込んで来るそうなので、要注意です!今回は先日のブログの続きです。

山を降りた後、僕たちは貯木場へと向かいました。貯木場とは、山で伐られた木が最初に集められる所です。画像ではほんの一部ですが、玉切された木材が所狭しと積まれています。(ちなみに丸太を所定の長さに切ることを玉切といいます。)

木の長さの規格は柱なら3メートル、梁なら4メートルがメインになりますが、オーダーすれば長尺と言ってそれらより長い梁なども手配してくれます。以前、お寺の庫裏の工事の時は13メートルの梁を用意してくれました!さすがにその時は随分大変だったようですが、僕たち作り手の想いに答えてくれた心意気には親方ともども感動しました。お家にはこの様にお施主さんが会ったことのない方の想いも往々にして込められています!

さて、貯木場で木の方は仕分けられて、次は製材所に運ばれて行きます。

最後まで読んで頂いてありがとうございます。