基礎鉄筋工事完了

和歌山県田辺市を中心に『木の家』の注文住宅の新築、リフォーム、リノベーションを行ってます、谷中幹工務店の谷中伸哉です。

基礎の鉄筋工事が完了しました。

鉄筋には色々太さや形がありまして、住宅でよく使われるのは 異形鉄筋の13㎜のモノです。D13とかいう表現をします。異形というのは表面がデコボコしている鉄筋でその分コンクリートの付着が良いのです。鉄筋の種類や、鉄筋と鉄筋の間隔などは住宅ごとに検討して決められます。また筋違があったり、より力がかかる場所には、さらに補強筋といって鉄筋を割り増しします。

これらの図面を保険会社に提出してOKを貰ってから初めて着工が出来ます。本日、実際の工事が図面通りに出来てるかの保険会社の検査がありました。検査の方は無事問題なしという事で、現場は次の工程、コンクリート工事に進んでいきます。


最後まで読んで頂いてありがとうございます。