MOKスクール最終日

今日は月に一回のお勉強の日です。4月から通ったMOKスクール
今回で2010年度は最終日となりました。本日のお目当ては、建築家の伊礼智さんの講義です。

実は開講当初から一番楽しみにしていた講義なんです!当工務店が愛用しているそとん壁をメーカーさんと一緒につくった方で、そのスッキリしながら、ありきたりでない室内空間が僕は好きで、いつも勝手に参考にさせて頂いてるんです!

そんなこんなで、伊礼さんの著書をひろげてワクワクしながら大阪に向かってます。

最後まで読んで頂いてありがとうございます。

基礎型枠工事完了

本和歌山県田辺市を中心に『木の家』の注文住宅の新築、リフォーム、リノベーションを行ってます、谷中幹工務店の谷中伸哉です。

さて本日、基礎の型枠工事が完了しました。

今回の基礎は立ち上がりが高めなので、またぐのが大変でした。ここまで進むと建物の間取りなんかも基礎の形で実感としてとらえる事が出来ます。そこで、よくお施主さんから頂くご質問があるんですが、それは、『この部屋本当に6帖あるんですか?』とうものです。基礎の状態だと、人は実際より小さく感じる様ですね~

最後まで読んで頂いてありがとうございます。 

基礎アンカーボルト設置

和歌山県田辺市を中心に『木の家』の注文住宅の新築、リフォーム、リノベーションを行ってます、谷中幹工務店の谷中伸哉です。今日はいいお天気でしたが、明日から崩れてしますみたいですね。

さて、現場ではベースコンクリート工事が終り、立ち上がりの基礎の型枠工事がはじまってます。しかし、型枠を組み立てる前に大事な工程があります。アンカーボルトの設置なんです!アンカーボルトは基礎と建物を緊結する大事な部材です。ですので、立ち上がり基礎への埋め込み深さや、設置しなければならない位置などを十分検討して取り付けられます。昔はコンクリートを打設してから田植えの様にアンカーボルトを設置していったんですが、現在ではあらかじめ基礎の配筋に取り付けていきます。


アンカーボルトが設置されると画像の後ろの様にいよいよ型枠が組まれていきます!

最後まで読んで頂いてありがとうございます。