化粧丸太梁 番付

和歌山県田辺市を中心に『木の家』の注文住宅の新築、リフォーム、リノベーションを行ってます、谷中幹工務店の谷中伸哉です。ばたばたしてまして、更新がスッカリ出来てませんでした。しかも、今日のお話は先週の出来事ですが、あしからず!

さて、柱の番付に引き続き、今回のお家のポイントでもある化粧の丸太梁の番付をしてきました。

丸太たいこ梁
丸太たいこ梁

杉のタイコ梁が写ってますね。画像の様に丸太の両側を真っ直ぐに切り落としたモノをタイコと呼んでます。断面が太鼓の様なので、そう呼ばれているそうです。この中から、木肌がきれいで、少し曲がったモノを(真っ直ぐのモノより、空間に躍動感を与えてくれるので)2本選んで、柱と同じようにどこに使うか番付してきました。まだ、木の表面に樹皮が付いてますが、これからキレイに加工されます!

最後まで読んで頂いてありがとうございます。

「化粧丸太梁 番付」への1件のフィードバック

  1. ピンバック: 祝・上棟

コメントは停止中です。