2010年MOKスクール 伊礼智氏講義 居場所

和歌山県田辺市を中心に『木の家』の注文住宅の新築、リフォーム、リノベーションを行ってます、谷中幹工務店の谷中伸哉です。

土曜日にMOKスクールで建築家の伊礼智氏の講義を受けてきました!

人柄、語り口とも温和な方で、ご自身の作品を事例に上げて、住宅のプランづくりについて色々とお話して頂けました。

2時間に渡る講義の中、度々キーワードの様に出てきて、また僕が印象に残った言葉があります。

それは、居場所 という言葉です。

小さな心地の良い居場所をつくり(小さなという所に氏のこだわりをかんじますそれを繋いで、空間をつくっていく。

その居場所つくりと、組立方、それを繋ぐ動線が非常に重要だとおしゃっておられました。

さらには、著書の中ではなぜ心地よい居場所かそれは、寸法がいいからなのか、それとも風合いがいいからなのかそれを自分の言葉で説明できてはじめて、住まいの『居心地の良さ』を設計出来るようになるでしょうと書かれてます。

深い言葉ですね!

これらの言葉を胸に更に精進していきたいと感じた、MOKスクール最終日でした。

P.S 思い切ってご挨拶に伺い名刺頂きました。なかなか僕も相変わらずミーハーです(笑)