大震災 お見舞い申し上げます。

今回の震災で被災された皆様には心からお見舞い申し上げます。

日々、大震災でのニュースが届くたびにいたたまれない気持ちで一杯になります。被災地の周辺は、住宅資材の工場がたくさんあるそうで、住宅設備や合板の生産の目処がたたないようです。

あるメーカーの方から従業員の方々の安否の確認がまだままならず、工場の再開も分からないと聞きました。もちろん会った事も、話した事もない方々ですが、家を建てるという、共同作業に参加して頂いていた大きな輪の一員です。胸が締め付けられる様な気持ちになりました。

今回の大震災での日本、そして、住宅業界に対する影響はまだまだ測り知れません。ですけど、こんな時だからこそ、同じ日本人として、一つになって立ち向かっていきたいです。

ご存知の方もいらっしゃるかもしれませんが、僕が勇気づけられた文です。

松山千春 『知恵がある奴は知恵を出そう、

力がある奴は力を出そう、

金がある奴は金を出そう、

“自分は何も出来ないよ”って奴は元気出せ』

今こそ、一人ひとりが出来る事があるはずです。