住宅瑕疵担保保険とは

和歌山県田辺市を中心に『木の家』の注文住宅の新築、リフォーム、リノベーションを行ってます、谷中幹工務店の谷中伸哉です。さて先日、住宅瑕疵担保保険の躯体検査がありました。鉄筋屋さんがきれいに仕事してくれ、指摘もなく無事に合格。これで次の工程にすすめます。今回のテーマはそんな住宅瑕疵担保保険。

住宅瑕疵担保保険とは

住宅瑕疵担保保険についてです。これには『品確法』という法律が関係しています。この中で 10年間の瑕疵保証 が定められましたこれは、新築住宅には構造や雨水の侵入する部分10年保証が義務付けるというものでした。

住宅瑕疵担保保険の成立のいきさつ

しかし、この法律では、業者が倒産したり、あるいは業者が瑕疵と認めなかった場合には、泣き寝入りをするか、裁判をせざるを得ませんでした。つまり、10年保証とはいうものの、その実効性に疑問があったのです。その中で、あの姉歯元建築士の強度偽装事件が起こり、たくさんの方が実際に泣き寝入りを余儀なくされてしまいました。

住宅瑕疵担保保険の内容

それを受けて出来たのが、「特定住宅瑕疵担保責任の履行の確保等に関する法律(住宅瑕疵担保履行法)」という法律です。これによって新築住宅を建てる場合、保険の加入が義務付けられて,上記の様な、業者が倒産や瑕疵(雨漏りなどです)を認めなかった場合でも、実際に瑕疵がある場合は、保険から補修金が支払われる様になりました。

又、瑕疵かどうかで争ったときも、無料相談を受けられたり、安い費用で弁護士会が設けているこの制度のための斡旋や調停を受けられるとなりました。10年間の瑕疵保証が確立されたと言えますね。

住宅瑕疵担保保険の検査

しかし、この保険に加入する為には事前の書類検査と、工事中2回(保険会社によって異なる様です。)を受けないといけなくなりました。それが基礎の配筋検査と躯体検査(筋違など)になります。

基礎の配筋検査は、コンクリートを打設する前に行われます。基礎の形状によってベースの鉄筋の太さやピッチが決められてまして、キチンとその通りされているかや、基礎を貫通する排水管などの周りに、補強用の鉄筋が入っているかなどが、検査員の方によってあらかじめ提出した図面を基に検査されます。

これは建築基準法では、ここまで求められてないので、より厳格化されたと言っていいと思います。

また、躯体については、筋違などの耐力壁の量、種類や位置、柱に取り付ける柱頭柱脚金物の種類、火打梁の取付個所などが同じくあらかじめ提出した図面を基に検査されます。建物が建築基準法を満たしているかどうか審査する建築確認申請では、火打ちなどの水平構面の確認までは今のところ行われていないので、こちらもより厳しいといえますね。ちなみに、建築基準法はあくまでも最低限の基準を示す法律だと僕は思ってますし、そう思っている方が私の周りでも多いと思います。

住宅瑕疵担保保険の良いところ

さて、この保険が出来て良かったと思っているのは、建物が一番持っていないといけない耐震の性能が、全ての建物が保険に加入する事である程度均一化された事です。(ある程度と思っているのは、建築基準法の定める筋違の量では、不十分と僕は考えているからです。)

以前なら、例えば確認申請の不要な地域では極端な話、建築基準法並みの耐震性も持っていない建物が建ってしまう恐れがあったのです。僕たちの地方は大地震のリスクが高い地域です。ここ数年で木造住宅の構造に対しての考え方も変わってきてます。

暮らしやすさや、デザインも大切ですが、それも、建物の耐震性がありき だと考えてます。僕たち工務店や設計者は情報を集め、切磋琢磨して、お施主さんにお家で安心して生活して頂ける様にしないといけないのです!

最後まで読んで頂いてありがとうございます。

なぜ耐震等級3が必要なのか?耐震性の確かめ方

和歌山県田辺市を中心に『木の家』の注文住宅の新築、リフォーム、リノベーションを行ってます、谷中幹工務店の谷中伸哉です。今回のテーマは耐震性です。

地震に強い家とは

地震に強い家 〇〇工法だから強いや△△を使っているから強い。柱が桧の4寸だから強いというのは、残念ながら少しずれてます。これらは地震に強い家をつくる方法としてはメリットがあるかとは思いますが、大切なのはきちんとした耐震設計を行っているかどうかです。その耐震設計のうえで、上記のような方法をとるのは、有効だと考えますが、計算をしていないのなら、やはり、ずれてるとしかいえないでしょう。今は工法ではなく耐震設計のうえに出される耐震等級により、耐震性を比較できるようになっていまので、耐震等級を耐震性を測るものさしとすればよいでしょう。しかし、その耐震設計にも実はいくつか方法があります。

耐震等級とは

建物の地震に対する強さ、耐震性を表す基準として耐震等級。等級は1~3まであります。おおまかにいいますと、

1が建築基準法なみの建物

2がその1,25倍(長期優良住宅で求められるレベルです)

3がその1.5倍の構造の建物となります。

これからが少しややこしいですが、耐震等級2、3については住宅性能表示制度によるものと、許容応力度計算に(いわゆる構造計算)よるものの2種類があります。

建築基準法と住宅性能表示制度の違い

まずは耐震等級1と2以上の違い。よく耐震等級1と2以上では全くの別次元といわれますが、それはどういったことからでしょうか?

もちろん耐震等級1と2以上では必要な耐力壁(地震など力に対抗する筋交などがはいった壁)の量が変わりますが、それだけではありません。一番大きく異なるのは床倍率(水平構面)のチェック項目が増える事です。住宅の地震に対する強さは壁だけでは決まりません。壁が十分に強さを発揮するためには、2階の壁から1階の壁に地震などの力を伝えられるようにまた、先に床が壊れたりしないように、床や屋根が壁に見合う強さがないといけないのです。その強さをチェックするのが床倍率です。

住宅性能表示制度の耐震等級の考え方

『性能表示制度での耐震等級2以上では、建築基準法をベースにして、建物がより高い安全性を確保する事を目標としており、この性能表示によるチェックをすると、軸組構法による木造戸建住宅が構造計算(許容応力度計算)を行ったのと同様の精度で、構造の安全性をもつ事を確認したことになるとなっております。』(木造住宅のための構造の安定に関する基準解説書より抜粋)

つまり、構造計算のように細かな計算や検討を行わなくても、性能表示制度のチェック項目にそって耐震設計を行えば、構造計算したものと同等の耐震設計が行えるというものです。

住宅性能表示制度の耐震等級の計算は仕様規定に近い考えて行っていきます。仕様規定というのは建築独自の考えかもしれませんが下記のような考え方です。

・この屋根材や外壁材を使った建物にはこれぐらいの耐力壁(筋かいなど)が必要。

・この材料(構造用合板)をこのように使ったら(釘の種類と止める間隔)このぐらい地震に対して耐えれる。

必要な耐力壁の量や耐力壁の強さなどを個別に計算しなくても仕様規定というルールのもとに設定できるのです。

構造計算(許容応力度計算)の場合は、屋根材の重さ、壁の重さ、天井下地、仕上げの重さ、壁下地、壁仕上げ、床下地、床仕上げなど細かく設定しなくてはいけませんが、そういったことをしなくても良いのです。

それだったら、費用も掛かるし、面倒な構造計算(許容応力度計算)をしなくてもよいのでは!?となりますが、そこは待った!なのです。

許容応力度計算と住宅性能表示制度の違い

断熱性能にも詳細計算と仕様規定があります。実は断熱性能の場合では仕様規定の方が性能が高くでます。ある意味どんぶり勘定な仕様規定。安全をみて、そうなるのは当然ともいえます。

しかし、耐震設計の場合ではより詳細な検討を行う構造計算(許容応力度計算)の方がよりたくさんの耐力壁が必要となります。

同じ耐震等級3でも構造計算(許容応力度計算)を行ったものの方が住宅性能表示制度で行ったものより強いのです。費用も掛かり、面倒でも構造計算(許容応力度計算)を行う必要があるのはこういった理由からです。

耐震等級3がなぜ必要? 熊本地震の場合

なぜ、耐震等級3が必要なのか?これは熊本地震から得られたものです。熊本地震は直下型の地震でした。直下型の地震は揺れる周期の関係から木造住宅にダメージを与えやすいとされています。ですが、震度7を観測した地点に建っていた耐震等級3の家は倒壊もせず、そのまま住み続ける事もできたのです。

大きな地震がどこで起こるかわからない日本。これから家を建てるのであれば構造計算(許容応力度計算)を行った耐震等級3の建物は必須といえるでしょう。

まとめ 構造計算(許容応力度計算)耐震等級の確かめ方

耐震等級3かどうかを確かめるのはある意味簡単です。建てて頂く住宅会社や工務店に構造計算書をされてますか?構造計算書をみせて下さい。と聞けば分かります。家族の生活の基盤である家は安心、安全でなくてはなりません。工法などに惑わされる事なく、その一点をご確認下さい。

補足 震度・加速度・周期・共振について

東日本大震災の震度も7でした。(計測点における地震の揺れを測定器を使ってあらわしたものです。)測定器による震度は1996年4月以降から採用されているもので、それまでは、被害状況や体感で震度は決められてました。つまり、阪神・淡路大震災の時はまだ計測震度は使われてなかったという事になります。それから震度のほかに、地震の強さをあわらす表現に、加速度があります。gal(ガル)という単位が使われています。阪神・淡路大震災の時に計測された最大値は817galでした。すこし、乱暴な例えになってしまいますが、重力の加速度が980galなので、建物の重さと同じぐらい力で建物が横から押されたという事になります。そして東日本大震災で計測された最大値はなんと 2933gal、桁が全然違います。建物の重さの約3倍の力が加わったというわけです。しかし、地震による倒壊は比較的少ないという事でした。地震のエネルギーが大きいのにどういう事でしょうか?地震の建物に及ぼす影響には、加速度のほかに周期と言うモノがあります。例えば、背中とポンポンと叩くとします。そのポンとポンの間隔が周期になります。それから、同じように建物にも固定周期というモノがあります。建物の固有周期と揺れの周期が合ってしますとさらに強い力が、建物に加わってしまいます。これを、共振といいます。昔 一休さんで指一本で鐘を動かせるというのありましたが、あれも鐘が揺れるタイミング(鐘の固有周期)に合わせてポン、ポン(周期)と力を与え続けると、小さい力でもより強い力が発揮されるという共振の一つの例えです。この共振がおこる加速度の周期が0.65~1秒とされてまして、阪神・淡路大震災や熊本地震では、その揺れが起こってしまったのです。そして東日本大震災では地震波は非常に大きかったのですが、周期が短かったり、長かったためにあまり共振が起きず結果、倒壊が比較的少なかったとの事でした。

杉床板 浮造(うずくり)仕上げ

和歌山県田辺市を中心に『木の家』の注文住宅の新築、リフォーム、リノベーションを行ってます、谷中幹工務店の谷中伸哉です。

床板が何が良いかは、みなさん、悩まれることが多い事です。かくいう私も自宅を建てる際には御多分に漏れず色々と悩みました。その中で選んだのが『杉板 浮造り(うづくり)仕上げ』です。今回は 浮造り(うづくり)の床板がテーマです。

杉厚床板 浮造の画像
杉板に浮造り加工を施したもの。よく見ると凹凸があるのが分かります。

浮造り(うづくり)とは

浮造(うずくり)仕上げとは木目の柔らかい部分(春目)を磨いてへこませる事により、堅い部分(秋目)の木目を浮き立つようにした仕上げ方法です!木の表面を強くして傷が付きにくくする効果もあるとの事ですが、その際立った木目の美しさや、えも言えぬデコボコとした足触りが魅力です!

造り方

床板を磨くと表現しましたが、それを行うのが上の機械。こちらは三重県にあります『野地木材工業』さんでの一コマです。野地木材さんで加工された床板や化粧板は当工務店では定番となってます。この機械で杉床板にワイヤーブラシをかけて、秋目をだしていきます。磨くというより、削るでしたね。機会と職人さんが一体となり、いい頃合いになるように、丁寧に確認しながらの作業です。

そして体験

私も自宅という事で、この工程を体験させて頂きました。子供たちもさせて頂き、楽しいひと時。この体験を通じて、家づくりを感じてもらえたようです。記念に名前も、といっても隠れてしまいますがw

私の目が真剣過ぎますw

杉床板浮造り(うづくり)メリット、デメリット

メリットは何といっても足ざわりです。私ははだしで過ごすことが多いのですが、ほんと心地よいです。杉床板というのもありますが、さらりとした質感で、はだしで歩くのがより好きになります。そして、自宅では床下エアコンといって床板がほんのり暖かくなる暖房方法を採用しているのですが、それとの相性も抜群。季節をとわず心地よい床板です。私のような裸足フリークにはもってこいの床板です。

デメリットは一等材(節のある床板)にはワイヤーブラシを掛けられないので、どうしても無地・上小材(節がなかったり、あっても小さいもの)となり、さらに浮造り加工も入るのでお高くなる事。

関連記事
木の床 無垢フローリング 杉の選び方 一等材と上小材

お気に入りの逸品を

床板はお家の中でも一番触れる機会の多いものです。その良さや悪さなども合わせて気にいるモノを使って頂きたいです!

また、床板をあとから張り替えるのは大変(お金もかかる)ので内装の素材では一番、予算を掛けてもよいと感が手ます。

あんまり難しい事を考えないで、手にとってビビっと来たものってのが一番いいかもしれませんけどね(笑)

サンプル取り寄せて、触れてみて、お気に入りの床材を見つけ出して下さい。

杉床板 浮造り仕上げを使った施工例はこちら↓

玄関からリビング。杉なぐり床から杉浮造りフローリングへと足の感触が心地よい。
緑をめでる家 施工事例

最後まで読んで頂いてありがとうございます!