いざ東京へ 田中工務店さんに!

和歌山県田辺市を中心に『木の家』の注文住宅の新築、リフォーム、リノベーションを行ってます、谷中幹工務店の谷中伸哉です!高断熱高気密の技術者集団である『新住協』の総会に参加する為、先週はるばる横浜へ行ってきました。総会については後日のブログでご報告するといたしまして、その前日、東京の『田中工務店』さんにお邪魔してきました!

田中工務店さんは東京の江戸川区にある工務店さんで創業は昭和12年。代表の田中健司さんはプロが読む建築誌『建築知識』や『建築知識ビルダーズ』で執筆されたり、『木造住宅の実用納まり図鑑』を著書を出されたりされている方です。お仕事はもちろん人間性も誠実な方で、僕たちのお手本になって頂いている方です!

田中さんを初めて知ったのは実は今をさかのぼる事9年前の2008年。当時の僕の仕事の情報源は先ほどの『建築知識』でした。木造住宅を取り上げた号は自分達の建物がよりよくなるようにと何度も読み返したものです。その中での田中さんの執筆は迷える子羊を導く光の様でした。ご苦労して考え抜かれて造ってこられたディーテ―ルやアイディアを媒体と通して共有して頂けるお気持ちが有難かったです。

その中でムカデ収納と言われる小上りのタタミコーナーの段差を活かした収納があります。『建築知識』を片手に図面を起こし住まい手にご提案して採用して頂いたのですが、竣工後の住まい手に大変喜んで頂いてこれも田中さんのお陰です。

小上りタタミコーナーの画像
リビングから一段上がったタタミコーナー
小上りタタミコーナー収納の画像
タタミコーナーの高さを活かしたムカデ収納

その当時のブログが こちら

この記事では関東の工務店さんと書かして頂いてますが、当時の僕にとって(今でもですが)雲の上の存在である田中工務店さんの名を上げさせて頂くのも、はばかられたものでした。そして今回お邪魔させて頂く事になって当時の僕が知ったらさぞかし驚く事でしょう(笑)

住まい手がお住まいのお家や建築中の木造3階建ての現場などを拝見し、事務所に戻ってからはパワーポイントをつかったセミナーと至せり尽くせりでした。丁寧な仕事内容やそのバックグランドにある確かな知識をお聞き出来たり、住まい手との良好な関係性を垣間見たりと工務店としての地力の強さを感じました。少しでも今回の訪問で得たものを自分にフィードバックしていかなければ!田中さんありがとうございました!!

最後まで読んで頂いてありがとうございます。

そとん壁 W‐129色とW-121色

和歌山県田辺市を中心に『木の家』の注文住宅の新築、リフォーム、リノベーションを行ってます、谷中幹工務店の谷中伸哉です。なにやら台風が大きく進路を変えて和歌山県に向かっているようです。8月の台風といい困ったもんですww先週からそとん壁の上塗り工程が始まってますが、台風の影響で残りの工程は連休明けとなりそうです。完成を楽しみにしているのでお預けをくらった気分ですww

そとん壁について詳しく書いた記事はこちら↓

そとん壁 風合と質感のある手作りの素材を職人の手仕事で仕上げる

そとん壁の色は上塗りによるもので、上塗りは天然の岩を砕いたものを顔料として色を出しています。退色が起こり難いのが特徴ですが、天然の岩を用いるので濃い色やビビットな色はラインナップにありません。しかし、その落ち着いた色合いはスタンダードで飽きがこないものだと感じてます。ちなみに現在、色は9色あります。当工務店では一番白く感じるW-121色とそとん壁の開発に携わった建築家『伊礼智』さんがよく用いられることから別名伊礼色とも呼ばれるW-129をよく使っています。

W-121色とW-129色。どちらが良いかは実はこれまた好みで、木部の木の色をどうするか?など、全体的な雰囲気から住まい手と相談しながら決めています。その時に過去の施工例やパースなどもご覧になって頂いてイメージの共有を心掛けています。

そとん壁W-129色の画像
施工中のそとん壁w-129色

こちらはそとん壁W‐129色の上塗りを施工中の画像です。まだまだ乾いてないので濃い色となっています。乾くにしたがって色は下の画像の様に落ち着いてきます。

そとん壁w-129色の完成画像の画像
そとん壁w-129色の完成画像

w-121色だとこの様な感じに。今回の画像はすべて仕上げ方はかき落とし仕上げですが、スチロゴテ仕上げもよく採用されてます。

そとん壁W-121色の画像
そとん壁W-121色の完成画像

外観の印象を決定づける要素の一つである外壁の色。つくり手と住まい手のコミュニケーションを密にして楽しい家づくりをして頂きたいです。それからつくり手は自分の良いと思うものを勇気を持って住まい手にご提案する事も大切です。そこから話は深まり、良いものへとなっていくのでしょうから!

最後まで読んで頂いてありがとうございます。

杉床板張ってます!一等材と上小節材

和歌山県田辺市を中心に『木の家』の注文住宅の新築、リフォーム、リノベーションを行ってます、谷中幹工務店の谷中伸哉です。なんだか一気に過ごしやすくなってきて現場の大工さんも大喜びです!今はせっせと床板を張っていってくれてます。

床板は今回は杉材です。当工務店では良く採用される床材になります。紀伊半島の山では戦後の植林の関係で杉や桧を良く見かけます。その辺りは先日訪れた広葉樹が良くみられる信州と大違いです。実は杉は日本の固有種でもあります!そんな杉のフローリング(床板)はその暖かさと、心地よい歩行感(柔らかさ)が特徴で私の好きな素材の一つです。

木材はその節の大きさなどで等級が定められていたます。節のある一等から小節、上小節、ムジの順番に節が少なくなっていき、最後のムジは節が見当たらないものです。

節は木の生長の過程で枝が包み込まれたものです。節を少なくしようとすると、こまめに枝を落したりして手間を掛けた管理が必要となってきます。その分、一等材に比べて上小材やムジのものは費用が掛ります。

一等材が良いか上小材やムジ材が良いかは、素材としては変わりがないので、はっきり言って好みの世界です(笑)コストなども合わせて検討して頂けたらと考えてます。床材はお家の中で一番触れ合う大切な素材で、張り替えるのは大変なのでじっくりとお気に入りのものを見つけて下さい。

今の現場は一等材と上小・ムジ材を使い分けてます。一等材でもよく見える所は選別してきれいに見えるものを張っています。こちらはゴクゴク普通の一等材。

杉一等材床板の画像
杉材節のある一等材の床板

こちらは上小・ムジ材。少し節が入っているもので完全なるムジ材に比べてコスト的に抑えられます。選別をしてよく見える部分はほぼほぼムジ材の装いです!完成前には蜜蝋ワックスを掛けてしっとりとした感じに一等材、上小・ムジ材とも仕上がってくれます。

杉床材 上小・ムジ材の画像
床材 杉材の上小材とムジ材が混在したもの

最後まで読んで頂いてありがとうございます。

槍ヶ岳 アーベンロート

和歌山県田辺市を中心に『木の家』の注文住宅の新築、リフォーム、リノベーションを行ってます、谷中幹工務店の谷中伸哉です。なんだか今日は暑さも和らぎ爽やかな天候です。日付は9月、秋が少しづつ近づいているのでしょうか?そうだったら嬉しい(笑)子供達は長い夏休みを終えそれぞれ小学校や幼稚園に。奥さんが一番ホッとしている事でしょう笑笑

さて、密かな趣味である山登り。学生時代の先輩でもある友だちと年に1度ですが北アルプスの山に登ってます。最初は日本男児たるもの日本一の頂きに一度は立たなければ!なんて言いあっての富士山へ。そこで登山へ目覚め少しづつ登る事となりまして、今年は槍ヶ岳に登ってきました。登山を始めたら誰もが憧れるといわれる日本のマッターホルン、標高は日本第5位の3,180mです。その名の通り槍のような出で立ちは痺れます。山は僕たちにはツンデレで天候が良くても眺望が良いのは一瞬みたいな感じで弄ばれてますが、今回は御機嫌が麗しかったようで見事な姿を見せてくれました。

『アーベンロート』これは登山用語で夕焼けに染まる山の事をさします。ちなみに朝焼けに染まるのは『モルゲンロート』ともに語源はドイツ語との事。

初めて見たアーベンロート。オレンジから紫へと移り行く空。それと共に変わる槍ヶ岳。その見事さにただただ息を飲むばかりでした。こんなのが見れたのはホントに幸運です。当座の運を使いきった気分ですが惜しくありません(笑)友人と二人ホクホクで下山してきました。年に一度の日程も決めての登山ですので、来年はどうなる事やらですが、また訪れたいです!

空がオレンジから紫に

それに合わせて変わる槍ヶ岳

槍ヶ岳 アーベンロートの画像
夕焼けにそまる槍ヶ岳

最後まで読んで頂いてありがとうございます。