そとん壁W129の画像

そとん壁 W‐129色とW-121色

和歌山県田辺市を中心に『木の家』の注文住宅の新築、リフォーム、リノベーションを行ってます、谷中幹工務店の谷中伸哉です。なにやら台風が大きく進路を変えて和歌山県に向かっているようです。8月の台風といい困ったもんですww先週からそとん壁の上塗り工程が始まってますが、台風の影響で残りの工程は連休明けとなりそうです。完成を楽しみにしているのでお預けをくらった気分ですww

そとん壁について詳しく書いた記事はこちら↓

そとん壁 風合と質感のある手作りの素材を職人の手仕事で仕上げる

そとん壁の色は上塗りによるもので、上塗りは天然の岩を砕いたものを顔料として色を出しています。退色が起こり難いのが特徴ですが、天然の岩を用いるので濃い色やビビットな色はラインナップにありません。しかし、その落ち着いた色合いはスタンダードで飽きがこないものだと感じてます。ちなみに現在、色は9色あります。当工務店では一番白く感じるW-121色とそとん壁の開発に携わった建築家『伊礼智』さんがよく用いられることから別名伊礼色とも呼ばれるW-129をよく使っています。

W-121色とW-129色。どちらが良いかは実はこれまた好みで、木部の木の色をどうするか?など、全体的な雰囲気から住まい手と相談しながら決めています。その時に過去の施工例やパースなどもご覧になって頂いてイメージの共有を心掛けています。

そとん壁W-129色の画像
施工中のそとん壁w-129色

こちらはそとん壁W‐129色の上塗りを施工中の画像です。まだまだ乾いてないので濃い色となっています。乾くにしたがって色は下の画像の様に落ち着いてきます。

そとん壁w-129色の完成画像の画像
そとん壁w-129色の完成画像

w-121色だとこの様な感じに。今回の画像はすべて仕上げ方はかき落とし仕上げですが、スチロゴテ仕上げもよく採用されてます。

そとん壁W-121色の画像
そとん壁W-121色の完成画像

外観の印象を決定づける要素の一つである外壁の色。つくり手と住まい手のコミュニケーションを密にして楽しい家づくりをして頂きたいです。それからつくり手は自分の良いと思うものを勇気を持って住まい手にご提案する事も大切です。そこから話は深まり、良いものへとなっていくのでしょうから!

最後まで読んで頂いてありがとうございます。