杉白小巾板 天井仕上げ 

和歌山県田辺市を中心に『木の家』の注文住宅の新築、リフォーム、リノベーションを行ってます、谷中幹工務店の谷中伸哉です。今日はあいにくの曇り空、来週には台風がやってくるみたいですし、これからしばらくは台風情報とにらめっこです(汗)

さてお家づくりの現場では只今1階ダイニングの天井の真っ最中です。今回は杉白、小幅板を使ってます。杉は同じ機種でも芯の方の赤身(アカミ)と端の方の白太(シラタ)では風合が随分違ってきます。その最たるが色といえるでしょう。どちらが良いかと言いますか、適材適所で頑張ってもらってます。

余談ですが、赤身と白太が混じったものを『源平』と呼びます。これは源平合戦の源氏の旗印が白色、平家が赤色だった事からきています。運動会の紅白合戦なんかも由来は同じく源平合戦だそうで、この辺り歴史が感じられて僕好みです(笑)

杉白小幅板天井仕上げの画像
杉白小幅板天井仕上げ

現場に納品された木の中からさらに節のない白いものを選抜して張っていきます。いうなれば一軍さん達です!綺麗ですぇ~
最後まで読んで頂いてありがとうございます!