勾配天井 丸太梁があらわし

和歌山県田辺市を中心に『木の家』の注文住宅の新築、リフォーム、リノベーションを行ってます、谷中幹工務店の谷中伸哉です。丸太梁の見える勾配天井の大工造作が完了しました。作業用に蛍光灯をぶら下げているので、美観が損なわれてますが、なかなかイイ感じに仕上がって来てます。

前とは違うアングルからパチリとご紹介です。

画像右手には天井までの建具で仕切られたお部屋がありまして、そちらの天井高は2,400ミリにしてあります。片方の部屋をそれぐらいの天井高にする事でより勾配天井のある部屋の解放感が高めれればというのが、狙いです。

天井も終わりましたし、次は床板の出番です!