庇って必要だろうか? 庇と日射遮蔽

和歌山県田辺市を中心に『木の家』の注文住宅の新築、リフォーム、リノベーションを行ってます、谷中幹工務店の谷中伸哉です夏至も過ぎて太陽高度が少しづつ下がって言ってますが、気温の上昇はこれからが本番です。さて、先日昨年お引き渡ししたお家に伺ってきました。時間はお昼前、手前のアオダモに目を奪われてしまいますが(笑)その奥で庇が日射を遮っているのが分かります。庇が効いている なんて表現もありますが、まさしくそれです!

庇とアオダモ

庇は先人の知恵とも言える昔からあるもので、雨から外壁を保護したりこのように日射を遮るのに有効です。特に最近の住宅は高気密高断熱化が進んでますので庇による日射遮蔽はより必要となってきます。

窓は暖房器具なんて言葉を聞いた事がありますか?冬場の日射は住宅を暖めるくれるのに一役買ってくれます。特に高気密高断熱の住宅は外気温の影響を少なく出来るのでより有効です。太陽光を上手に取り込む事で暖房器具の活躍する期間を短くする事ができ、光熱費の削減に一役買ってくれます。ダイレクトゲインっていわれるものですね!

しかし、同じ様に夏場も日射を取り込んでしますと逆に暑くなりすぎてしまいます(涙)高気密高断熱の住宅はオーバーヒートする!?なんて言われるのはこう言った理由からです。そこで冬場は日射を取り入れて、夏場は日射を遮るものがあれば・・・そこで登場するのが庇、冬場と夏場の太陽高度の違いを利用してそれを可能にしてくれるのです。

夏至 冬至など季節ごとの太陽高度の推移

新住協関西支部H・Pより

庇や軒の出のない建物が見かけたりしますが、これから住宅を建てられる方は夏場の日射遮蔽などの対策をきちと検討したうえで、そういったデザインを採用される事をお勧めします!

最後まで読んで頂いてありがとうございます。