カテゴリー別アーカイブ: 広葉樹

大工さんがつくる玄関収納 ウェンジ材

本日無事、玄関収納が入りました。
楽しみにしてました、ウェンジ材の代物です。

カウンターはテーパー(木を斜めに切る事です。)をとって、扉も取っ手を付けない様にしてみました。扉も柾目を横に使って、目を通してもらいました。共にあっさりとした印象を狙っての一手間です。

ウェンジ玄関収納の画像
大工さんの造る玄関収納ウェンジ材

まだ床に養生を敷いているので、工事現場って感じですが、なかなかイイ雰囲気だと自画自賛してます(笑)

最後まで読んで頂いてありがとうございます。

タモ カウンター材

和歌山県田辺市を中心に『木の家』の注文住宅の新築、リフォーム、リノベーションを行ってます、谷中幹工務店の谷中伸哉です。今日はこちらはとても春らしいお天気です。

さてさて、ダイニングの取り付けるタモのカウンターが届けられました。

巾57センチ長さ3m60センチ

一人では到底持て上げれない見事なタモ材です。上に乗ってるのもタモ材でこちらは巾24センチ長さ2m、キッチンの笠木に使います。木目も綺麗で、大阪の市場で色々探してくれた以前の職場の同期、塩野君には感謝、感謝です!

まだ荒木といって、製材されたままのノコ目とかが付いたままなので、(これはこれで、味があるのでどなたかノコ目仕上げのカウンターの仕事、声かけて下さい)大工さんによって製材していきます。

製材が終わるといよいよ取付です。こちらが取り付けられた画像太陽の穏やかな光を受けてイイ感じに調和がとれました。

材の厚みが7センチと厚めだったので、おおき目に面を取る事にしました。面取とは、材の角を直角にせずに斜めにしたりする仕上げ方をいいます。面の形状によって色々と呼び方がありまして、几帳面という言葉の語源もこの面取の仕上げの一つがなってるそうです。

最後まで読んで頂いてありがとうございます。

無垢けやき トイレカウンター

和歌山県田辺市を中心に『木の家』の注文住宅の新築、リフォーム、リノベーションを行ってます、谷中幹工務店の谷中伸哉です。今日はなかなかの冷え込みですね。寒くなったり、暖かくなったりして春を迎えるんでしょうが、寒いのはボチボチがいいです。

さて、今回のおトイレも親方に手洗い器を焼いてもらおうと思っております。そうなってくると、トイレカウンターも必要になってくるんですが、今回のカウンターの長さは1メートル弱ほどなので、ウチの手持ちの材料がいくつか候補があったので、プレゼントする事にしました。

タモ材とケヤキ材があったんですけどお施主さんはケヤキを選ばれました!

ケヤキの画像
ケヤキ

なかなか味のある木目ですね。この木目と堅さがケヤキの特徴です。ケヤキは乾燥の過程で他の木に比べて収縮が激しいので、特に十分乾かしてからでないと使えない木材です。今まで使う機会がなくウチの大工小屋で長く眠り続けてましたがいよいよ出番ですね!

桜無垢フローリング

和歌山県田辺市を中心に『木の家』の注文住宅の新築、リフォーム、リノベーションを行ってます、谷中幹工務店の谷中伸哉です。住宅週末にかけて寒くなるそうですね。せっかく過ごしやすかったのに。

さて、現場では天井の下地工事が続いてますが、次の工事の準備も進められています。大工さんの家の中の工事は天井をして、床をして、壁をしますので、床を張る準備になります。無垢の床板は、実際に張る少し前に現場で梱包を解いて現場の環境になじませてから施工します。

今回の床板は サクラです。ピンクがかった上品な色合いです!サクラは広葉樹になりまして、杉などの針葉樹に比べて堅いのが特徴です。ですけど、杉のあの柔らかい質感も捨てがたく、どちらがイイかは、ずばり好みが大きいです。

今回のお施主さんは、堅い木がお好きだとの事だったので、広葉樹の床板を色々と探し回りました。候補として挙がったのは

サクラ(ピンクがかったモノ)

サクラ(シロがかったモノ)

ナラ材

ホワイトオーク材

クリ材

クルミ材

といった面々です。

最終的にはサクラ(ピンク)とナラ材の一騎討ちになりまして、色合いと大人しい木目が決め手となり、サクラがご採用とあいなりました。画像は何も塗ってない状態ですので、蜜蝋ワックスを塗るとまた艶と淡いピンクが現れます。

サクラの無垢床板も現場に馴染んで頃を見計らっていよいよ施工です。これは、床板の実と言われるデコボコを合わせて入れている所です。直接床板を金づちで叩くわけにもいかないので、堅い木を添えています。

この画像を見て、サクラって白っぽいんやぁと思われたかもしれませんが、(実際シロっぽいサクラもありますが、)ご安心を(笑)蜜蝋ワックスを塗ると艶と色の深みが出てきます。もう少し工事が進んだのが下の画像です。

イイ感じです!

さて、画像左手に色合いの違う床板が混じってますね。これはサンプルに蜜蝋ワックスを塗ったものです。こんなにも色目が変わるんですね!いい色つやです。実際ワックスをかけるのは、工事の終了間際美装屋さんが入る頃になりますが、これは楽しみです。

最後まで読んで頂いてありがとうございます。

タモダイニングカウンター取付完了 ダイニングカウンターの高さ

和歌山県田辺市を中心に『木の家』の注文住宅の新築、リフォーム、リノベーションを行ってます、谷中幹工務店の谷中伸哉です。今日もお昼間の日差しは厳しいですね~

さて、3回にわたりご紹介してきましたタモ材ダイニングカウンター取付工事も今回で最終回です(って、ちょっとオーバーですね(笑)

下の画像が取付が終わったモノです。あと、壁下地に石膏ボードを張ると大工さんの仕事は完了します。

対面式のキッチンでカウンターを取り付ける場合、大きく分けて、今回のようにカウンターを少し低めに取り付けてキッチン側に笠木のある壁を造って2段にする方法と、今回の笠木の高さぐらいまでカウンターを上げて1段にする方法があります。

どちらがいいかは、生活スタイルやダイニングカウンターの使い方によって変わって来ます!

最後まで読んで頂いてありがとうございます。

タモ材ダイニングカウンター取付中!

和歌山県田辺市を中心に『木の家』の注文住宅の新築、リフォーム、リノベーションを行ってます、谷中幹工務店の谷中伸哉です。今日は,若干吹く風に秋の気配を感じていたんですが、それを忘れるくらいのお日様の日差しですね。

さて、前回ご紹介しました、タモ材が現場で取り付けられてます。今回は化粧柱に取付く様になってますので、大工さんも一手間増えます。まず、柱をあまり大きく欠かないように気を付けながら、かつ、カウンター材と柱がピチィとくっつくように化粧柱を加工します。

今回はカウンター材に建具がはしる溝をつけるので、また、一工夫な欠き方になってます。さて、この欠きにカウンター材が取付られたのが下の画像です。

見事にピチィと取り付けられましたね!全体像は明日にでもご紹介できると思いますので、また、アクセスよろしくお願いします。

最後まで読んで頂いてありがとうございます。

ダイニングカウンター タモ材入ってます!

和歌山県田辺市を中心に『木の家』の注文住宅の新築、リフォーム、リノベーションを行ってます、谷中幹工務店の谷中伸哉です。今日は台風の影響で雨が降ると思ってたんですが、全然でしたね(笑)

さて、大工小屋にダイニングカウンターに使うタモ材が入って来ました!

この状態はまだ、荒木と言われるモノなので、そのまま使う事はできません。そこで、木のクセをみながら製材(削ったりする事です。)して建築建材にしていきます。このあたりの仕事は親方の出番です。さて、下の画像が製材が終わった状態です!

 

タモ材
タモ材

きれいなタモのカウンター材が出来上がりました。今度は現場に搬入され、今度は大工さんの手によって建物の一部となっていきます!

最後まで読んで頂いてありがとうございます。

銀杏 ダイニングカウンター

和歌山県田辺市を中心に『木の家』の注文住宅の新築、リフォーム、リノベーションを行ってます、谷中幹工務店の谷中伸哉です。

以前御紹介しました いちょうのダイニングカウンターの大工さんの手によって、建材として加工されました!綺麗な木目と色つやで、現場に取り付けられるのが、楽しみですね~

銀杏 ダイニングカウンターの画像

ナラ無垢フローリング 色合わせ

和歌山県田辺市を中心に『木の家』の注文住宅の新築、リフォーム、リノベーションを行ってます、谷中幹工務店の谷中伸哉です。

以前御紹介しましたナラフローリングです。今回のお家では、リビング・ダイニング・キッチンにも施工されます。この作業は、張る前に仮並べして色目の確認をしているところです。無垢板は特に一枚一枚、木目や色合いが違うので行ってます。ちょっとしたひと手間が、最後の仕上がりの差になります!