コルクタイル

和歌山県田辺市を中心に『木の家』の注文住宅の新築、リフォーム、リノベーションを行ってます、谷中幹工務店の谷中伸哉です。さて突然ですが、キッチンやサニタリーの床の仕上げを何にするかというのは、常々悩んでいる事なんです。ほんと突然ですが(笑)

キッチン、サニタリーの床仕上げ材について

無垢の床材の場合は他の部屋と統一感がとれますし、歩行感も気持ちいいのですが、住まい方によっては必要以上に濡れてしまってメンテナンスに工夫が必要だったりします。

CF クッションフロア

またクッションフロアの場合はコストを抑えられますし、少々濡れても気にならないのでメンテナンスは楽なのですが歩行感や仕上がりの質感に。。と、ちょっとと欲が出てしまいますし、住まい手の方自身が使う事に抵抗がある場合もありました。

コルクタイル

そこで登場するのがコルクタイル。コルクタイルは断熱性がよく、弾力性も良いので素足で歩いても気持ちいいですし、滑りにくいのでサニタリーで使っても安全ですし、耐水性があるので安心して使えます。ネックはコストがかかることなんですが、そもそもサニタリーは面積が小さいので、一般的なサイズで4万円ぐらいのコストアップで張る事が出来ます。以前サニタリーで使って頂いた住まい手からもご好評頂いてこれから建てる方にもぜひ薦めてとのお言葉を頂きました代物です。

コルクの仕上げ方

コルクタイルにした場合でもその表面の仕上げについても悩む所です。無塗装品で後からワックスを掛けるか?塗装品にするか?この辺りは仕上りの質感と使用方法などを踏まえてそのお家に合う仕上げを選択していきます。つまりケースバイケース、これからも悩みは尽きなさそうです(笑)こちらは無塗装に無垢の床材と同じ蜜蠟ワックスで仕上げたもの。マットで、しっとりとした質感です。

キッチンのコルクタイル。蜜蠟ワックスでます。
キッチンのコルクタイル。蜜蠟ワックスでます。

炭化コルクってものあります

また、炭化コルクっていう手もあります。炭化コルクはコルクを炭化させることによって、コルクの持つ断熱性をさらにアップさせた代物。なにより炭化コルクの風合いが空間を引き締めてくれて良い感じです。黒いので髪の毛などの汚れが目立たないところもサニタリー向きといえるでしょう

サニタリー床。炭化コルク
サニタリー床。炭化コルク

最後まで読んだ頂いてありがとうございます。