暖かいお家 新住協と高断熱高気密

今日はメンテナンスでOBの住まい手さんのもとへ、浴室乾燥機の不具合だったのですが、メーカーさんがきっちり対応してくれました。一安心です!

お子さんと遊んだり奥さんと雑談したりしてたのですが、お家がほんとに暖かくて有難いとのお言葉。この住まいは新住協に入って初めて本格的に高断熱高気密に取り組んだ建物でした。新住協で学んで考えて質問して、大工さんと一緒になって住まい手に暖かいお家をと言って作ってきた建物でした。あ~僕はこれを聞きたいためにやってきたんだ!と改めて目的を噛みしめる事が出来ました。光熱費も以前の賃貸に比べて抑えらてるようでこちらも目的達成です!

心地よい住まい、そして暮らし。そのためにはしっかりとした温熱環境は必須だと考えてます。特に今の季節、寒い時期は住まい手はそれを実感する事が出来るので、住まわれて1年以上がたちますが、あらためてそれを評価して頂けます。今の僕の住まいは寒々しい賃貸。住まい手がこの季節は特にうらやましくなります(笑)

新住協

開かれた技術開発集団です。入っているだけではダメですが、本気で学ぼうとする時、得るものは大きいです。こちらでは高断熱高気密を全て必要な基本性能ととらえて省エネで快適な住まいづくりを学んできました。温熱計算設計はもちろん燃費計算、そしてそれらを発揮するための確かな施工方法、考え方からつくり方まで先人達が蓄えて頂いた知恵や工夫をあますことなく伝えて頂いてます。(北海道で始まった団体ですので、考え方はもちろん造り方まで様々なノウハウを蓄積してます。)温暖と言われる当地方ならではの、当地方にあった住まいを住まい手に体感して頂けきたいと思い参加してます。さらなる高みQ1.0住宅はこれからのテーマです!

DSC_1993
新住協の目指す家について書かれた本です。代表理事の鎌田先生の監修です。ご希望の方がいらっしゃったらプレゼントします!お問い合わせまでご連絡下さい(田辺市近辺の方で同業者の方は除く(笑))
最後まで読んで頂いてありがとうございます。