ユニットバス

今回は気分を変えて文字を大きくしてみました。

さて、今日は現場にユニットバスがやってきました。
ユニットバスは、色々なパーツに分かれて納入され、現場で専門の設備屋さんによって組み立てられて行きますビックリマーク

下の画像は壁のパネルです。

これは、浴槽ですね。


ちょうど下から見た画像になります。今回はTOTOのスプリノっていうシリーズです。白く見えるのが、断熱材です。さらに浴槽を支えるパンにも断熱材がぐるりとついておりまして、メーカーさん曰く6時間たっても、湯温の低下は約2℃ 名付けて魔法びん浴槽、とのことですニコニコ

さて、上の画像では、床と浴槽が組み上がってます。ユニットバスのちょっとしたすき間から、湿気が壁に入っていかない様に、気密テープを張っている所になります。

このような一手間が、建物の性能を左右していくのですビックリマークこんな感じで次に壁、天井と進んでいき、だいたい一日で設備屋さんはユニットバスを組んでいき、また別の現場へと去っていきますパー