銘木 スタディデスクは『ブラックチェリー巾ハギ材』

和歌山県田辺市で木の家の新築、リフォーム、リノベーションをしてます谷中幹工務店の谷中伸哉です。銘木といわれる木材を所々に配するのがお気に入りです。空間を引き締めてもらうために、しっかりとした『色み』のものをよく好んでご提案させて頂いてます。
銘木
ケヤキなどが有名。希少価値があり、木目、色、ツヤ、形などが優れていモノは木材と呼ばれず、銘木と呼ばれます。
今回もいくつかご採用頂きまして、その一つがスタディデスクの『ブラックチェリー巾ハギ材』!机となると巾が60センチぐらい必要になってきますので、一枚物だと高価になります。そこで板巾12~15㎝ぐらいのものを横方向に張り合わせて大きな一枚の板にするもの巾ハギ材をチョイス!こちらの画像は蜜蝋ワックスで仕上げた後となりますが、なんとも言えない風合です~
ちなみにブラックチェリーはその名の通りサクラ系の木材で、アメリカが産地となります!

 

DSC_0933

 

中央付近の孔の下にはコンセント。机の上にコンセントが見ないようにとの配慮。まだ生まれたばかりのお子さんがこの机に向かうのはまだ先かもしれませんが、それを夢想すると頬がゆるみます。

最後まで読んで頂いてありがとうございます。