桧 玄関框・玄関式台 入りました。

和歌山県田辺市を中心に『木の家』の注文住宅の新築、リフォーム、リノベーションを行ってます、谷中幹工務店の谷中伸哉です。今日も過ごしやすい一日でしたね。

さて、現場では玄関の框と式台が取り付けられました。今回のモノも以前にさせて頂いたお家負けずとも劣らぬ見事な桧です!

前は耳付きと言って、木材の端に木の丸みをあらわす仕上げ方で使いましたが、今回はお家の雰囲気に合わせて、耳付きにはしませんでした。

今回のお家は基礎の立ち上がりが一般的な建物より20センチ高くしてますので、その分敷地の地面からお家の床までの高さをどう解消するかもポイントでした。ポーチを一段増やす事も考えたのですが、外観や玄関ホールのイメージから式台を付ける事にしました。式台の下に付いている金物は鋼製束です。大引きという、1階の床を支える部材の下にも使ってまして、後からでも高さが調整出来る様な仕組みになってます。もし、後で木がやせても(収縮しても)床下にもぐって調整する事が出来るんです。

普段から乾燥した木材を使用してますが、木は自然素材ですので、さらにやせるかもしれません。それを考えて、備える事が木の家づくりのポイントの一つだと思ってます!

最後まで読んで頂いてありがとうございます。