乾燥材 結合水と自由水

和歌山県田辺市の工務店、谷中幹工務店です

本日のテーマは乾燥材!

木材の乾燥ぐあいは専用の機械で含水率というモノを測っていきます。含水率とは、木材の含む水分量を、その木材そのものの重さをもとにした比を百分率で表した数値で、私たちが使用する木材の場合は20%以下のものを、乾燥材としてます。

なぜ、乾燥材を使用するのかと言いますと、木は乾燥する過程で収縮したり、曲がったりします。こういう状態を木が狂うといいます。ですが、一旦木は乾燥すると、そういった事が出にくくなります。乾燥材は木が狂いにくいのです。
また、木材は含水率が低くなるほど、強度が増していきます。つまり、乾燥材は強いとも言えます。

あとよくお施主さんが心配される事で雨で木が濡れても大丈夫なの?というのがあります
木材に含まれている水分には 結合水と自由水の二つがあります。特に重要なのが結合水で、これは木の細胞の中の水分になります。そこから、細胞水と言ったりもします。木材が乾燥していって最後に抜ける水分がこれになりまして、一旦これが、抜けますと再び細胞の中まで、水が入り込む事はないのです。つまり、濡れるのは表面のみで、中まで濡れないのです。と言ったことから、木材は乾燥した状態を保ち易いといえます。もちろんそれだけには頼らない様にキチンと雨養生は行います!

私たちが使用している木材は、乾燥材の中でもJAS工場で乾燥されたJAS製品の木材なので、含水率も20%以下のものばかりです。自然素材でありながらこう言った木材を供給して頂けるのは有難い事です!

木材の一本一本に数値が表記されてます。SD20というのが含水率が20%以下である事をさし、E-70と言うのがこの木材の強さを示しています!

最後まで読んで頂いてありがとうございます!

DSC_3126
DSC_3126