ひいじいちゃんから大工の家系

ここのところ大量に撮りためた画像を整理しています。なかなか骨が折れ、そして誘惑の多い作業でもあります(笑)
そんな中、一枚の画像が、早いもので10年前の住宅のリノベーション工事の解体中に撮ったものです。
左には新築時のお施主様のお名前、分かり難いですが右手には
大工 谷中 力蔵。大工の力蔵からダイリキと呼ばれた私の曽祖父の名前がしるされてました!

大力2

こちらのお家はひいじちゃんとおじいちゃんが新築し、住まい手の代が変わられて父がリフォームし、そしてまた代が変わられて私がリノベーションするという具合に、住まい手が受け継がれるたびにお声掛けいただいているという有難いお家です。

工事に入る前からそのコトを聞いてましたが、実際にこういったものをみるとグッと来るものがありました。お互い会った事も話した事もないのにひとつの家を通じて繋がりを感じられる。あいにく私は大工ではなく、今は弟が大工となりましたが(笑)

誠実。 父がたびたび口にする言葉の重みを知った出来事です。