庭と住まい 花に紅葉に

和歌山県田辺市で木の家の新築、リフォーム、リノベーションをしてます谷中幹工務店の谷中伸哉です。今日はOBの住まい手のお家にお邪魔してきました。伺うにあたっての楽しみの一つが庭の木々です。すっかり秋めいてきた近頃、それに合わせて木々達も色んな表情を見せてくれます。

最初に伺ったお家では花が咲き、次に伺ったお家では紅葉が始まろうとしていました。何だか不思議でしょう(笑)最近、急に暑くなったりして調子が狂ってしまったわけではなく、10月に咲く十月桜。きちんと季節を木々は感じてます。そんな木々の変化をみて私たちは四季を感じます。いってしまえば、木々に移り変わりを伝えてもらっているわけです。それらを眺めながら、四季を木々で感じるのは心地良いなとしみじみ、暮らしを豊かにしてくれる大切な要因の一つだと再確認しました。少しでも多くの方に生活に寄り添う木々の心地よさを体感してもらいたいって言うのが今の僕の切な願いです!

家づくりをしているのに庭!?って思われるかもしれませんが、僕たちは家づくりを通じて住まい手の豊かな日々の暮らしを実現するお手伝いを出来ればと思ってます。家づくりはその為の方法の一つ、庭もその為の方法の一つ と言うわけなんです。さらに言うなれば庭にはその家をさらに高めてくれる不思議な魅力があるのです。

これからまた季節が変わりまた違う眺めを僕に見せてくれるのを楽しみにしながら住まい手のお家をあとにしました。

dsc_1402

可愛い花の十月桜。赤松の緑も見事です。

dsc_1407-2

少しづつ紅く染まってゆく葉。コケに落ちる葉も風靡で僕好みです(笑)

最後まで読んで頂いてありがとうございます。