ハイサイドライト 窓の役割 光 風 景色

ハイサイドライト カッコつけてみましたが、高窓の事です(笑) 今回のお家は商店街の一角にありまして、結構な建物密集地です。そこで視線をきりながら光を取り入れる為に高窓をもうけてます。光もそうですが、この部分にヌケ(遠くまで障害物がなく視線が抜けるポイント。ここを手掛かりに窓の位置を検討していきます!)があるので切り取られた空を見上げる事が出来る僕の密かなお気に入りでもあります。この画像ではハレーションを起こしてしまってそれが拝めないのが残念ですww

DSC_2065窓を設ける時にその窓はなんの為に設けるかと言う事をよく考えます。取り込みたいのは光なのか風なのか、それとも景色なのか。明るくする為にとにかくたくさんの窓をつける!なんて事はしません(笑)窓が多くなるとその分カベが減ってしまって家具が置けなかったり、なんだか落ち着かなかったりと居心地が悪い家となってしまいます。よくよく吟味して窓の必要なほんとに必要な場所を決めています。

まだ石膏ボードの現場ですが、内装工事が終わると壁も明るくなり、絞った窓から美しい光が落ちてきてくれるでしょう。今からそれが密かな楽しみでもあります。

最後まで読んで頂いてありがとうございます。

谷中幹工務店 谷中 伸哉

 

「ハイサイドライト 窓の役割 光 風 景色」への1件のフィードバック

コメントは停止中です。