注文住宅なら体と財布にやさしい『これからの家』新住協のQ1住宅

和歌山県田辺市を中心に『木の家』の注文住宅の新築、リフォーム、リノベーションを行ってます、谷中幹工務店の谷中伸哉です。早いもので8月も下旬、子供達の夏休みもそろそろ終わりを迎えようとしてます(笑)宿題はちゃんとやってるみたいで、僕と違って優秀ですww

住宅の省エネついて悩んでいたころの3年前の8月、ふとしたご縁でお会いした新住協関西支部の支部長ダイシンビルドの清水さんがきっかけで新住協に加入しました。月日が経つのは早いものです。

『新住協』

高断熱高気密を全て必要な住宅の基本性能ととらえて省エネで快適な住まいづくりを目指すものです。温熱計算設計はもちろん燃費計算、そしてそれらを発揮するための確かな施工方法、考え方からつくり方まで先人達が蓄えて頂いた知恵や工夫をあますことなく伝えて頂ける開かれた技術開発集団です。入っているだけではダメですが、本気で学ぼうとする時、得るものは大きいです。モットーは『良質な住宅が誰にでも求められるように、ともに進化する』フランチャイズのクローズな工法でも高価なモノを使うでもなく、一般的に流通しているものを確かな知識と施工を行う事で高断熱高気密な注文住宅を考えつくっています。

加入してから樹脂サッシの普及など時代の後押しもありましたが、当工務店の省エネ住宅は一段も二段も階段を上がりました。住まい手のご感想も良好で、定期訪問で伺うと口々に住み心地の良さをお話して下さいます。それまでの苦労が吹き飛ぶ瞬間です(笑)

そしてこの度、新住協関西支部の仲間でサイトを立ち上げました。それぞれの地域で頑張る地域工務店が集まって、さらにともに進化できればと思ってます。ぜひ一度のぞいてみて下さい。最後まで読んで頂いてありがとうございます。

 

Q1住宅の画像