杉床板との久々の再開 養生とれました! 

和歌山県田辺市を中心に『木の家』の注文住宅の新築、リフォーム、リノベーションを行ってます、谷中幹工務店の谷中伸哉です。工事は順調に進んでおりまして建具工事も完了し、只今美装工事の真っ最中です。ここまでくるとお家はほぼ完成。来週には住まい手による蜜蝋ワックス掛けが行われる予定です。そうなるとまたぐっと落ち着いた感じとなってくれるでしょう~杉床材は源平といって赤い部分と白い部分が交じっているものです。今ははっきりと違いが分かりますが、時間が経つにつれて馴染んでいきます。

空間も今はガラ~ンとしています。この段階では物足りないぐらいが丁度よくて、ここに家具が入ってくると色もアイテムも増えて行き、お家は住まいとなっていきます。

杉床板上小・ムジ材の画像
杉床板上小・ムジ材

養生が外されて杉床板とも久々の再会です。前にお会いしたのは確か9月だったような気がします(笑)1・2階とも杉床板ですが、1階は上小・ムジ材といって節があっても小さいモノ、2階は1等材といって節があるものです。その中でもよく見えるところには選別をして節が目立たないものを張ったりするのは造り手の心遣いです(笑)

杉床板について書いた記事は こちら

杉の床板はそのやわらかな歩行感が心地よいです。この辺りは実際に歩いてみないと分からないのでぜひ体感して頂きたいです!

最後まで読んで頂いてありがとうございます。