杉床板張ってます!一等材と上小節材

和歌山県田辺市を中心に『木の家』の注文住宅の新築、リフォーム、リノベーションを行ってます、谷中幹工務店の谷中伸哉です。なんだか一気に過ごしやすくなってきて現場の大工さんも大喜びです!今はせっせと床板を張っていってくれてます。

床板は今回は杉材です。当工務店では良く採用される床材になります。紀伊半島の山では戦後の植林の関係で杉や桧を良く見かけます。その辺りは先日訪れた広葉樹が良くみられる信州と大違いです。実は杉は日本の固有種でもあります!そんな杉のフローリング(床板)はその暖かさと、心地よい歩行感(柔らかさ)が特徴で私の好きな素材の一つです。

木材はその節の大きさなどで等級が定められていたます。節のある一等から小節、上小節、ムジの順番に節が少なくなっていき、最後のムジは節が見当たらないものです。

節は木の生長の過程で枝が包み込まれたものです。節を少なくしようとすると、こまめに枝を落したりして手間を掛けた管理が必要となってきます。その分、一等材に比べて上小材やムジのものは費用が掛ります。

一等材が良いか上小材やムジ材が良いかは、素材としては変わりがないので、はっきり言って好みの世界です(笑)コストなども合わせて検討して頂けたらと考えてます。床材はお家の中で一番触れ合う大切な素材で、張り替えるのは大変なのでじっくりとお気に入りのものを見つけて下さい。

今の現場は一等材と上小・ムジ材を使い分けてます。一等材でもよく見える所は選別してきれいに見えるものを張っています。こちらはゴクゴク普通の一等材。

杉一等材床板の画像
杉材節のある一等材の床板

こちらは上小・ムジ材。少し節が入っているもので完全なるムジ材に比べてコスト的に抑えられます。選別をしてよく見える部分はほぼほぼムジ材の装いです!完成前には蜜蝋ワックスを掛けてしっとりとした感じに一等材、上小・ムジ材とも仕上がってくれます。

杉床材 上小・ムジ材の画像
床材 杉材の上小材とムジ材が混在したもの

最後まで読んで頂いてありがとうございます。

「杉床板張ってます!一等材と上小節材」への1件のフィードバック

  1. ピンバック: 杉床板

コメントは停止中です。