無垢フローリング 黒く変色 重曹と酢

和歌山県田辺市で木の家の新築、リフォーム、リノベーションをしてます谷中幹工務店の谷中伸哉です。今回のテーマは『無垢フローリングの変色とメンテナンス』についてです。

無垢床板が黒く変色した!?

先日OBのお客さんからご連絡がありました。
『無垢の床板を綺麗にしようと思って重曹を使ったらエライ事になった!何か黒くなった!』
これは大変という事で早速伺ってみると、画像のまん中の上辺りの部分ですが、黒く変色しています。何と言う事でしょう(涙)愛しの桜 無垢床板ちゃんが・・・

黒く変色した無垢フローリング
黒く変色した無垢フローリング
重曹はアルカリ性

重曹は掃除、洗濯、洗浄に力を発揮するもので、使ってらっしゃるご家庭も多いと思います。今回はどうやらその重曹が原因のようです。重曹は炭酸水素ナトリウムの事をさしてましてアルカリ性を持っています。このアルカリ性が無垢床板との相性が悪く黒く変色させてしまうのです。

アップで撮ったこちらの画像ではキズも目立ってます。お子さんが鉄的なモノでガンガンされたとの事。卒倒もんです。

重曹と酢 昔の知恵

不幸中の幸い、床下収納庫の蓋の部分でしたので持ち帰って直す事としましたが、さてどうしたらイイものやら。とそこで親方が一言。
『昔、左官屋さんが現場で木を黒くしてしまった時に酢を使ってたぞ』
ん、なんですって、『すみません今の話もう少し詳しく聞かせて頂けませんですか』 っと2時間ドラマの刑事ばりに食いついてみると
どうやらその時左官屋さんが壁を仕上げるのに使っていた漆喰もアルカリ性を持っていてそれが木について黒くしてしまい、それを直すのに酸性の酢を使って中和させていたとの事。なにやら理科の実験的な感じになってきました。

実験実施

まず目立たない所で試してみますとどうやら上手くいきそうです。何回かに分けて酢で拭き続けると・・・・まぁ何と言う事でしょう~こちら↓が酢を塗り、ペーパーを掛け、蜜蝋ワックスと塗り生まれ変わった桜 無垢床板さんです(もう少しアップの画像もとっておけば良かった)黒い変色はもちろん、傷もほとんど分からなくなりました。OBさんもこれを見て一安心。喜んで頂いて何よりでした。

美しく蘇った無垢フローリング
美しく蘇った無垢フローリング
まとめ

お掃除に便利な『重曹』しかし、使い方を注意しないと思わぬトラブルになる事も。無垢フローリングを使ってらっしゃる住まい手はご注意ください!

最後まで読んで頂いてありがとうございます。