住まいは器 心地良い暮らしぶり

和歌山県田辺市を中心に『木の家』の注文住宅の新築、リフォーム、リノベーションを行ってます、谷中幹工務店の谷中伸哉です。先日アフターメンテナンスで住まい手のお家に伺ってきました。お引き渡しをして丸4年。初めてお会いして丸5年。当時の昔話なんかも交えながら、ご夫婦とゆっくりお話させて頂きました。

新しくダイニングテーブルが一員に加わったとお聞きしてたのでカメラを持参して写真も撮らせて頂きます。家具なんかも吟味されたのが置かれていたり、緑が増えていたりと心地良い暮らしぶりを醸し出してます。次はお子さん用のダイニングチェアを買い替えた時に写真を撮りに伺う予定です(笑)

内部につかわれた木なども良い感じに経年美化を重ねてました。つくり手としては暮らしの一部となったお家を拝見するのは嬉しい限りです。私の手を離れたっぷりと可愛がってもらっているお家を感じられるのは住宅に携わっている者にとって醍醐味です!

家はあくまでも器。しかし、されど器。しっかりとご家族の豊かな暮らしを受け取る器でありたいと考えてます。先日はそれを垣間見れた気がしました。ご家族とともに歩むお家をこれからもしっかりと考えつくっていきたいなと、しみじみとお家を後にしました。

最後まで読んで頂いてありがとうございます。

こちらのお家をご紹介した完成時の施工写真はこちら↓

小下がりリビングのあるお家