行動をおこす

九州ではまだまだ余震が続き、不安な気持ちで生活をされている事だと思います。地震により被災された方々にはお心よりお見舞い申し上げます。また亡くなられた方やその周りの方々にはお悔やみを申し上げます。私も阪神・淡路大震災の時に神戸で学生をしておりまして、あの時の様子が蘇ってしまいました。

本当に日本はどこで地震が起こっても不思議ではないと改めて痛感いたしました。特に今回、地震が襲った地域は比較的起こる可能性の低いとされていた地域でした。可能性が高いと言われる当地方、建物に携わるプロとして、地元の消防団員として、そしてなりより家族の長として気を引き締めなければなりません。

自分に出来る事、祈るだけではなく行動を起こし少しでも被災地の為になればと思います。実際に現地にいけなくても、募金などでも貢献出来るはずです。

被災地の方々に早くかつての日常が取り戻されますように。